共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • バーチャル街づくり連合

    複数の "参加型のコミュニティ"(DIY/クリエイティブ)が集まる「コミュニティ連合」として、ニューテクノロジー(メタバース・ノーコード・AI・Web3.0など)を活用してリアルとバーチャルを多層的に結びつけていく実験『バーチャル街づくり連合』を行なっていきます。 参考:https://speakerdeck.com/showyingart/batiyarujie-dukurilian-he-gou-xiang-v1-sui-shi-xiu-zheng <活動> ・毎週火曜日21時〜、様々なコミュニティが横断的に集まる「バーチャル街づくり連合もくもく会」を行っております。 ※zoomのブレイクアウトルームに集い、それぞれのコミュニティを行き来する事で関係構築等を図っています。 <実績> ※既に2021年までにそれぞれのコミュニティで、メタバースを活用したアーティストとの連携(メタバース美術館)、企業との連携(14社のメタバース広告)、AIの活用(AIキャラクターを介したコミュニティ活性化)、Miro革命(仮想上に個人個人が本屋を持ち交流等)、NFT実験(アート作品等)、リアル街づくり(熊本や東京)などを実施済み。(各々実績) →それらのコミュニティが連合となることで、以下の未来を作っていきます。 【どんな未来をつくるのか?】 「リアルに加えて、バーチャルも活かした、多層的な参加型クリエイティブ社会」 アウトプットとしては、これまでに、メタバース文化祭( https://www.youtube.com/watch?v=UFYhAougLBg )など、リアル(現実)だけでは作り出せなかった世界観をバーチャルにも作り出し、そのクリエイトプロセスを通じて、リアルにもインタラクションを起こしていくようなことをしてきました。 例えば、メタバース文化祭に至るまでの過程で「令和市」などの仮想のバーチャル都市を100名+で作り、仮想都市の歴史を紡いできました。現実とは異なる世界線なのですが、ここでの出来事を通して住民の関係性が作られ、それが現実に影響(メタバース文化祭などのアウトプットに繋がる)してきました。 参考: http://futurist.cross-community.net/2022/03/12/multiverse-lifestyle/

    続きをみる

  • 大野川緑陰道路みらいへつなげるみちプロジェクト

    西淀川区のシンボル・宝である大野川緑陰道路を多くの人が集い、生活に潤いをもたらし、未来に希望をもたらす場とすることで、「活気があり、笑顔にあふれ、常に進化するまち」の実現をめざし、西淀川区内にある社会に貢献する建設技術者を育成している修成建設専門学校と大阪市西淀川区役所の共創で大野川緑陰道路内に憩いの空間を整備します。 整備にあたっては、修成建設専門学校の長年の経験により蓄積された専門的スキル・ノウハウにより修成建設専門学校ガーデンデザイン学科の学生たちが熱意ある斬新な発想力によりデザイン及び設計から施工まで行います。

    続きをみる

  • Stand by フェスティバル

    「Stand by フェスティバル」と題し、「障害の有無、プロアマ、ジャンルの垣根を取り払った音楽ライブ」、「誰もが楽しむことができるバリアフリー映画の上映」、「誰もが楽しむことができるダンス公演、演劇公演」を実施します。 加えて、日本を含めたアジアの国々において、障害者や生活困窮者など社会的マイノリティの人たちと文化芸術を通したプロジェクトを展開する団体等の交流を推進します。

    続きをみる

  • 内装業界にイノベーションを。

    私たちが取り組む内装ユニット化は、内装業界の革新的な取組みです。内装ユニット化とは、従来の内装で使用する資材を、取り外し・再利用可能なユニット資材に変えて内装を行う工法です。これにより、従来工法に比べ67%工期を短縮し、38%費用の低減だけでなく、事業者の新規出店のリスクを軽減できるので、経済活動の活発化にも貢献できます。 また退店時に内装の買取を行い、買取した内装は再販売を行うことで、従来は廃棄の選択肢しかなかった資材等の再利用ができ、環境問題への貢献ができます。

    続きをみる

  • 地域高齢者のための音楽活動 「音楽で楽しく健康のつどい」

    地域の独居高齢者を対象とした「音楽で楽しく健康のつどい」を平成20年度より開始し、音楽活動による健康推進、生きがいの高揚、学生と高齢者の世代間交流の場を確立することを目指して活動してきた。今後は、「共創」先を増やすなどして、活動地域の拡大についても少しずつ進めていきたい。

    続きをみる

  • Pay Later Liberally〜新たな資本主義への挑戦〜

    私たちはPay Later Liberally (PLL)方式を提唱・実行します。世の中のサービス・ソリューションには既に値段が決まっているものがほとんどです。日本や世界が成長していく為に数多のサービスやソリューションが生まれ、世の中は便利に効率的に成長してきました。一方で、心の循環がいつの間にか失われてしまっているところが多いのではないでしょうか。最初は社会の役に立つ、人を助ける為という「心」から始まったエネルギーが、いつの間にか「どうすれば稼げるか」に重きを置くようになってしまったのではないでしょうか。本来であれば日本で生活する1億2,000万人全員が生まれながらに持っている才能(天才)を活かして、人や社会の役に立つことで、与える「心」、受け取る「心」の循環ができるはずなのです。だからこそ、受け取ったサービス・技術を通じて感じた「心」の分だけ後で払う方式、Pay Later Liberally(後払い心づけ)方式を今こそ世の中に提唱したいのです。これこそが人々が与え合いの循環支払いシステムによる新しい資本主義への挑戦です。

    続きをみる

  • 「紙」ではできなかった事を「紙」で達成し,プラスチックゴミを減らそう

    「海洋のプラスチックゴミをなくす(SDG’s の No.17,14.1 )」に関連し, 微生物が産生するセルロース(森林の木材を使用しない)を用いて,プラスチックに代わる新素材(化石資源を使用しない)を創ることにより,持続可能な社会に貢献します。

    続きをみる

  • ヨシから始まるSDGs ~ユニフォームから変える「環境・社会・経済」~

    たまゆらの『ヨシから始まるSDGs』とは、企業単位の参加型のアクションで成果物を以ってSDGsを実践する取り組みです。 この取り組みは多くの企業様を募り、年一回の滋賀県・大阪府のヨシ群落をヨシ刈りというアクションにより周辺環境を綺麗にします。また収穫物となるヨシは繊維を取り出し、ユニフォームへ再利用することで成果物として参加者へ提供を行います。ユニフォームは繰り返し注文があるため、毎年時期が来れば同様に繰り替えしヨシ刈りの活動を行います。 結果として企業連合体によりヨシ群落を保全する持続可能社会の形成が本活動の目的となります。 ヨシ(葦)とは、川辺、湖畔、湿地などに群生するイネ科の植物となり、緑色の茎は直立して高さは1m〜5mになる多年生植物です。 繫殖力が強く、景観を悪くする厄介者として扱われるようになったのは、管理されていないヨシ群落が増えたことが原因になります。 ヨシには4つの役割があります。 ①多くの動植物の生育・生息地になる。 ②人の生活に役立つ資源を供給する。 ③景観の形成、湖岸の消波・侵食の防止。 ④琵琶湖・淀川の水質保全に寄与する。 とくに④の琵琶湖・淀川の水質保全は関西圏に住む我々の生活に直結しています。 ヨシ群落を保全と意識せずともかつては建築資材や和楽器など利用用途が多くありました。しかし、時代の流れにより現在ではヨシは日常生活から姿を消しました。ヨシを利用することがなくなり管理されていないヨシ群落となり、景観悪化や水質悪化の原因となっています。 綺麗なヨシ群落を維持するにはヨシ刈りとヨシ焼きを毎年行うことが必要となります。 刈り取ったとき出るヨシの多くは使われることなく費用を払い廃棄されてきました。資源を余すことなく使うためにも刈り取った後のヨシを廃棄せず、これからはユニフォームとして利用することで新たな産業的価値を生み出します。 本活動を以て環境保全だけでなく、年間ヨシにより回収されるCO2が定量的に出ているため、カーボンオフセットにも貢献することができます。 SDGs9番【産業と技術革新の基盤をつくろう】12番【つくる責任 つかう責任】15番【陸の豊かさも守ろう】に貢献することは勿論、 滋賀県独自の持続可能社会へ向けたマザーレイクゴールズ(MLGs)への寄与も行うことで社会への貢献ができます。

    続きをみる

  • 「ここち良いオーガニック社会」の実現に向けた座談会の開催

    「ここち良いオーガニック社会」の実現に向け、それぞれの立場からできることを話し合い、実践につなげ、互いの気づきによる実現を目指します。SDGsで掲げる17の目標をストレスなく長期的に取り組むには心地よさがなくてはなりません。オーガニックは元々ギリシャ語が語源でオリジンに由来します。オリジンとは、生命の、本来の、根本的な、という意味です。「異なるモノ同士が共に機能しあう」それぞれの調和、共存を表す意味合いが強くあります。有機的(オーガニック)とは、「生物同士が結びついて、お互いに作用している様子」を意味します。簡単にいうと「生物の共存」です。生物が共存し、環境にも衣・食・住や身の周りのモノにも負荷をかけず様々なものと調和する豊かな生活。このような共生・共創する社会の実現に向けて、意見を集め、学びや気づきの機会を提供していきます。

    続きをみる

  • 花と緑あふれる美しいまちOSAKAプロジェクト

    一社)ハンギングバスケット協会のマスターである私たちの技術は、今や世界一との評価を受けています。その細やかな植栽技術を活かし、私たちの活動に共感していただける府民の皆様と一緒に、2025年大阪・関西万博に向けて、地域の人が目にする小さなスポットから、多くの人の目に触れるようなスポットまで花と緑で美しく飾りつけます。そして世界中から訪れる方々を四季折々の花でおもてなしするとともに、花と緑にあふれる美しいまちOSAKAを体感し、癒されていただけるような空間をつくります。 ハンギングバスケットとは、カゴ状の容器に植物を植えて、吊るしたり壁面に掛けたり空間演出の方法の1つです。

    続きをみる

  • 「みんな違ってみんなイイ!」多様性を認める世界へのチャレンジ

    「自分を知って他人を知り、そのお互いの違いを明らかに認めること」が出来る『コミュニケーション能力向上ワーク』を通して、「みんな違って、みんなイイ!」を体感することで、多様性を認める世界を創造すること。

    続きをみる

  • 廃棄野菜のアップサイクルチャレンジ!

    いま、脱・石油化を目指し、植物由来の原材料を用いたライフスタイル(衣食住)を推進する「プラントベースワールド」の構築が注目されています。 そのような中、野菜の分野では豊かで安心・安全な食生活に向け、高い製品基準が求められる一方で、見た目で選別・調整され、行き場の無くなる資源として「残渣」がたくさん排出されます。 これは、伝統野菜である九条ねぎも同じ。野菜には植物が本来持ち合わせる、自然由来の繊維がたっぷり含まれています。 この繊維を、自然の力として無駄なく有効活用するため、抄紙原料として用いてシート化を試み、包装材料、文具素材、紙原料やプラスチックの代替利用として、「環境に優しいモノづくり」を目指し、チャレンジしています。

    続きをみる