共創チャレンジ

フリーワード

主な活動地域

活動テーマ

SDGsの取組内容

共創チャレンジ一覧

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • ファッションのSDGsを実現する「Earth Wear」プロジェクト

    「共に創り、共に拡げていく」というチャレンジ精神を「EARTH WEAR」というビジョンワードに宿らせ、繊維産業は元より、協働を意にする他業界や生活者を巻き込み、ファッションの抱える課題解決に向け社会・経済の両軸で回していく活動を推進します。 伊藤忠グループによる、繊維から繊維へのリサイクルを行う「RENUプロジェクト」、海洋マイクロプラスチック問題の解決方法を探る「Less Micro Plasticプロジェクト」等と連動しながら、産業基盤の継続的改善と未来価値視点のエコシステムの構築を目指し、社会実装に向け大きな“ウネリ”を創り出していきます。

    続きをみる

  • 私の食器から、みんなの食器へ〜食器シェアリングで暮らしを楽しみながらサステナブルなスタイルへ〜

    一般のご家庭向けにうつわ一式を1ヶ月単位でレンタルする月額制のシェアリングサービスを行っています。レンタルで気軽に新しい食器に出会うことで、食卓に新しい楽しみが広がります。返却できるので置き場所にも困りません。さらに、モノを所有せず分かち合うことは単に消費するだけではないサステナブルなライフスタイルへ繋がります。

    続きをみる

  • ゆる楽器で大阪・関西万博の応援ソングを作ろう!

    世界ゆるミュージック協会では"世界の音楽弱者をなくす"をテーマに、誰でもすぐに弾ける「ゆる楽器」を使って、誰もがすぐに合奏に参加できる体験を創出しています。 この「ゆる楽器」を使った大阪・関西万博の応援ソングを、一般のみなさんと一緒に共創するプロジェクトにチャレンジします。 ※7/2追記 歌詞の共創チャレンジがスタートしました。作曲はいきものがかりの山下穂尊。みなさまからの応募お待ちしております。 https://yurumusicband.com/?page_id=147

    続きをみる

  • イベントの力でSDGsに貢献!

    イベントを通じて、大阪・関西エリアを中心に、SDGsに取り組む自治体・企業・団体との協働によりサステナビリティを推進し、SDGsパーソンを全国に広げ、SDGs達成に向けた活動量を増やしていきます。例えば、イベント制作時にはSDGsを意識し、クリーンエネルギーやエコ素材による環境配慮や、誰もが安心して参加できるユニバーサルイベント化を進めます。また、パラスポーツ体験会などを通じて障がい者理解を促しインクルーシブな社会づくりに取り組んだり、イベント主催者のISO20121認証取得支援を行う事で、主催者ならびに関係者のSDGs達成に繋げます。

    続きをみる

  • 観光体験プロデュース

    『訪日向けの観光体験プロデュース』で地域と観光事業者のエンパワーメントを実施。 日本全国の観光事業者と組み、まだ知られていない遊び(アクティビティ)を発掘・商品化する体験プロデュース業を行う。Fun独自のオペレーションを導入することで、遊びの原石をより高度な体験品質へと引き上げていきます。 こうした取組みによって、一人ひとりが「自分らしい充足感」を感じられるよりよい人生を送ること、自然や環境の保護の実現をめざします。

    続きをみる

  • 赤いベンチプロジェクト

    超高齢化社会を迎え、高齢者の休むためのインフラが全くない現状を鑑み、また寝たきり防止の予防支援の観点から、関目地域活動協議会を中心に、高齢者の買い物途中に手作りベンチを設置する活動、赤いベンチプロジェクトを実施しています。みんな元気になり、そしてベンチが人と人を繋げ活気のある町づくりを目指しています。

    続きをみる

  • Connect with the world

    ソーシャルディスタンスを保てるオンラインでの人とのつながりを創出します。現在は2020年7月からつながりを創出するオンラインサロンを継続して行っています。 「つながり」がもたらす効果としては、”人を健康する””人を成長させる””レジリエンスが向上する””世界を平和にする”等があります。 上記以外にもたくさんの「つながり」効果はありますが、お互いに外国語である英語をつかって、お互いの言語や文化、生活習慣などを”対話”を通じて紹介することで「つながり」が生まれ、さらに自ずと英語運用力の向上も目指すことができます。 オンラインサロンを通じて繋がった日本全国及び世界中の人たち(1,000人:2020年~2024年想定)とその周りの人達と、2025年の万博期間中に実際対面で出会い、様々な関西の体験・サービスを提供することで関西のファン作りに貢献します!

    続きをみる

  • 咲洲こどもEXPO ~Think SDGs 笑顔がつながる、未来をつくる~

    大阪・咲洲では、地域の企業・学校・行政が一体となり、子どものチャレンジを応援するプログラムを集めて「咲洲こどもEXPO」を開催。ロボットストリート(ロボットやプログラミングなどのテクノロジーに触れる体験やワークショップ)や、絵本展DanDan(セレクトされた絵本と遊びの世界)、日ごろの練習の成果を披露する『南港ダンスフェス』、2025 年に開催される大阪・関西万博のPR や、SDGs をテーマにした内容など、次代を担う子ども達が遊び・体験する中から想像力を育み学ぶ。そんなプログラムが多数集まります。 (2019年にはプログラム数が50を超えました)

    続きをみる

  • “誰一人取り残さない”MICEプロジェクト

    「人の想い、企業の想い、街の想い、世界の想い。皆さまの未来に応える、コミュニケーションを(=Create The Future Communication)」の理念のもと、本チャレンジでは、「会議・イベントの持続可能性(イベントサステナビリティ認証ISO20121)」、「ユニバーサルデザイン」と「国際プロトコル」を本事業のプログラム(人材派遣・教育、イベント企画・運営)に組み込み、未来の礎となるコミュニケーションのあり方をMICE※を通じて提案します。 ※MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行・インセンティブ旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議 (Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語。

    続きをみる

  • 大阪からMICEを新展開

    「大阪MICE 安全対策推進EXPO 2021」の開催を機に、安全対策/感染症対策を施した展示会・イベント等の運営手法(「新しいMICE開催モデル」)や各種ツールについて提案していきます。  また、安全対策/コロナ対策を施して開催した展示会主催者による成功事例、感染症に関する専門家やMICE業界で活躍中の講師陣による最新動向等のセミナーを開催、または開催を支援します。 さらには本事業の実績を活用し、MICE誘致・開催支援を行っていきます。

    続きをみる

  • 日本の茶文化・煎茶道から学ぶ和の精神と心豊かな生活を目指して

    日本茶文化である煎茶会の開催、日本茶ドキュメンタリー映画の上映、茶にまつわる周辺文化の展示販売などを通し、日本茶の魅力を伝えるとともに、茶葉や和菓子、茶器、道具など、すぐに生活に取り入れていただけるように展開して参ります。日本茶・煎茶道文化から和の精神の素晴らしさ、必要性を感じていただき、日本茶文化の魅力を再発見していただける機会にいたします。また日本茶に親しむ子供達の活動もご覧いただき、日本茶のある明るい未来を創りたいと考えています。 今回の大阪万博共創チャレンジに参画することで、少しでも多くの方に温故知新の精神、そして日本文化の奥深さをお伝えすることで和の精神の素晴らしさや魅力を再発見していただき、これからのお一人お一人の心の在り方から行動も変わることと信じています。いわゆる日本茶文化を世界基準の道徳文化として発信していきたいと考えております。また、茶葉や菓子、工芸品などの職人や作家と連携することにより日本茶にまつわる周辺文化の魅力も多くの方に発信していきたいと思っております。

    続きをみる

  • 誰もが楽しめる大阪・関西万博をめざして--「世界を見せる」から「世界観に触れる」へ

    これまでの万博では「見る/見せる」こと、視覚的な情報提供が中心とされてきた。インターネット、スマホ使用が日常化する現代にあって、視覚情報の伝達のみに頼っていては万博の新たな展開は期待できない。ここで注目されるのがネットでは伝えられない情報、すなわち「触文化」(さわらなければわからないこと、さわって知る事物の特徴)だろう。 視覚障害者ならではの立場を活かし、万博にリンクするイベントを立案開催し、2025大阪・関西万博を真にユニバーサル化したい。

    続きをみる