和妻の世界~水芸~

共創チャレンジ

2023.02.24

法人

チーム名和妻保存会
現在の活動地域 国/地域日本 東京
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

博物館、記念館、地域交流館等、地域の文化と、伝統文化をコラボレーションし、体験してもらう。

和妻(わづま)とは

江戸時代から日本独自に発展した伝統手品、マジックの事。

時代によって「外術・幻術・手品・手妻」と呼ばれていた。
明治時代には西洋手品が日本に多く入ってきた事で、
西洋からのものを「洋妻」、日本独自のものを「和妻」と使い分けた。
現在ではそれらを総称して日本の古典奇術を和妻としている。
この「和妻」は平成9年、文化庁より「記録作成などの処置を講ずべき無形文化財」に選択された。
西洋のマジックとは異なり、マジックに日本の文化が融合し、奇術的な不思議さの中に日本独自の美しさや世界感が凝縮された芸能である。

水芸とは

和妻の演目の一つで、絢爛豪華な朱の欄干に太夫が立ち、脇にあやめの花を持つ後見が立ち、扇子、羽子板、刀、湯呑み等、あらゆる箇所から水を出したり移したり不思議な水からくりを表現する。

裃衣装、日本髪、日本舞踊の振りのようなしなやかな動き、またからかい役の後見との滑稽なやりとりなど、芝居仕立てもできる、古典芸能芝居のエンターティメントショーである。

■展開したい地域

全国各地の和妻に触れたことのない地域

■共創を希望する方々

古典芸能の和妻の世界を広く世間に広める為に、演技場所を提供してくださる方、また企画として日本文化を取り入れてくださる方、興味のある方。

また各地域の町おこしに取り入れて、町全体の活性化に繋がる自治体など。

また特別なものとして体験できるユニークベニューとなる場所。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

テーマの命、水に因んで、奇術の伝承継承は人の知恵を人へと繋げ、技術の魂(命)をも繋げてきているので、今後も未来へ繋げる意味でピッタリです。
また水は血でもあり、繋がり流れている伝統の技、すなわち[水芸]はまさに水を通して先代の想いを表現し、生きているという生命力をも創造させます。
テーマに沿った表現ができる芸術は、日本を表現するのに一番ふさわしいと考えます。