働きがいに満ち溢れる社会へ  -若者からシニアまで-

共創チャレンジ

2021.04.23

個人

チーム名キャリア支援で未来を創るチーム
共創メンバー植村格明(うえむら まさあき)/古金堂靖(こきんどう やすし)/杉山修(すぎやま おさむ)/岩田 敏(いわた さとし)/後藤 大貴(ごとう ひろき)/小舘弥生(こたて やよい)/一言映子(ひとこと えいこ)/瀧野響子(たきの きょうこ)/野本敬子(のもと けいこ)
主な活動地域日本
活動テーマダイバーシティ、インクルーシブ / 働き方改革、健康経営、ワークライフバランス /

私たちの共創チャレンジ

・働きがいに満ち溢れる社会の実現に向けて、国家資格キャリアコンサルタントが企業における社員のキャリア支援を実行するネットワーク活動です。                                                         ・つまり、若者からシニアまで、社員一人ひとりの働きがい向上のためにキャリア自律を支援することで、個人は主体的な成長に向けて自ら能力開発を行い、組織への貢献意識とエンゲージメントが向上、その結果、多様性があり持続的な成長が可能な組織となります。                                             ・ACCNテーブル活動を通して、全国の参加キャリアコンサルタントが自社内でキャリア支援(セルフ・キャリアドック)活動を実践することで、働きがいを高めます。        
・目標は参加キャリアコンサルタント2,025名の共創チャレンジです。                     

未来への宣言

・2025年「働きがいに満ち溢れる社会」を創ります。
それは、さらなる変化の時代に、多くの人が働くことを自分事として前向きに捉え成長している そんな社会を実現できればと思います。                                                                                                                           ・特にシニア世代の働きがいは、世界に先駆けた挑戦となります。                                   
・そして、働きがいを高める役割を担う「キャリアコンサルタント」を社会に定着させます。                                               
(SDGs8 「働きがいも経済成長も」)  

きっかけ

・社会、企業、個人の各レベルで、キャリア支援の必要性が増加していますが、専門家であるキャリアコンサルタントによる企業内キャリア支援活動が残念ながら追いついておりません。それは、企業内キャリア支援に関して具体的な内容ややり方を学び、共有できる場や情報ソースが現状ではほとんど無いためであると考えます。                                                     ①働く環境の変化 人口減少、少子高齢化、人生100年時代、働き方改革、ダイバーシティ、ソサイエティ5.0、2025年問題・・・
②社会ニーズの変化 「キャリア支援が必要な企業」は9割→「でも行いたいが出来ていない」が4割→「理由はノウハウがない」が4割、「個人のキャリア自律を重視する企業」は現状は23%→だが今後は63%へ・・・
③個人の意識変化 「熱意あふれる社員は6%」132位/139か国中、「withコロナのニューノーマル」による働き方の急激な変化を通して、一人ひとりの働く意識への揺さぶりと、自律の必要性への認識が芽生えることで、ニューノーマルに対応した働き方においての、自分らしい働きがいへのマインドセットが必要                                                                       ・社員の働きがい向上に向けたキャリア自律支援のノウハウを構築し、キャリアコンサルタントとしての役割を果たせる社会を共創したいと思います。                          

取組の展開

今後展開したい地域・方法・ACCNに所属するキャリアコンサルタントの活動を中心に、「働きがいとキャリア自律支援」に関心のある企業、団体そして個人の皆さまに活動の輪を広げます。
・またこのネットワーク活動の内容を社会に情報発信することで、企業のキャリア支援活動を広く普及させます。
・特に人生100年時代における「シニアの働きがい向上」に興味をお持ちの方は、企業も個人も大歓迎です。
共創を希望する方々・企業領域で活動しているキャリアコンサルタントの皆様はACCNに加入してテーブル活動にご参加ください。
・キャリア支援体制(セルフキャリアドック)の拡大にご賛同いただける企業・団体・個人との共創を希望します。
・特にシニアの働きがい向上に関心のある企業・個人の方は大歓迎です。
・SNS等で働く個人や企業への情報発信力を持っている企業様のご協力も必要です。
・厚生労働省や経済産業省、キャリアコンサルタント養成団体などの支援も期待しています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

私たちのテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」の「Enpowering Lives」(力を与える)と「Connecting Lives」(つなぐ)につながっていると思います。
個人はキャリア自律により、自分らしい働きがいを持ちながらキャリア形成を通じて能力開発に取り組むようになり、強くエンパワーメントされます。
またこの共創活動は、全国の志を同じくする企業や社内キャリアコンサルタントとのつながりによって大きなパワーを得て、「働きがいに満ち溢れる社会」を実現したいと思います。

SDGsとの関わり

私たちのテーマは、「SDGs8働きがいも経済成長も」に直結するテーマです。個人がキャリアを自律的に形成することにより働きがいが向上し、それが企業の生産性を高め企業業績に貢献することができます。
若者からシニアまで働きがいの向上が求められる日本社会において、個人のキャリア形成支援が組織の持続的成長に貢献します。

わたしたちの活動に関心を持っていただきありがとうございます。参加申請される場合には、参加したいと思った皆様の想いおよびキャリアコンサルタント資格の有無を事務局までご連絡ください。連絡は下記のいずれかにメール宛てにお願いします。

岩田敏 career605.iwachan@gmail.com

後藤大貴 pcc.goto@gmail.com

このチャレンジの投稿

  • 次回9月8日は、慶應大学花田名誉教授のご登壇が決定!ますます盛り上がってきました!

    みなさん、こんにちは!!!   私たちの「キャリア支援で未来を創るチーム」のセルフ・キャリアドックフォーラム 第3回7月14日・第4回8月11日に開催しました!   そして、次回9月8日第5回は、 なんと、びっくり! 日本のキャリア開発研究の第一人者『花田光世 慶応大学名誉教授』 のご登壇です!   「時代が組織と個人に求めるキャリア自律、企業キャリアコンサルタントの新たな役割」と題してご講演いただきます。 どんな話をしていただけるのか?いまからワクワクです!    花田先生の話を聞いてみたい!と思うキャリアコンサルタントの方、ぜひ私たちの仲間に加わってください。 (花田教授のセミナーは9月8日に修了しましたが、引き続き参加メンバーを募集しています!)   ⇒accn.table19@gmail.com こちらにメールしていただくと、折り返しアンケートのURLが書いてあるメールが自動送信されます。 (申し訳ありませんが、参加は企業に所属するキャリアコンサルタントの方に限定させていただいていますのでご了承ください)   また企業で働くみなさん! これからは一人ひとりの『キャリア自律』が大切になってきますよ。 働く人の働きがいやモチベーションに関心のある方や企業の皆さん、私たちとコラボすると新しいワクワクが生まれるかもしれません。 「キャリア支援で未来を創るチーム」へご連絡ください!   さて、セルフ・キャリアドックフォーラム 第3回・第4回は、参加メンバーの中からお二人に自社の事例紹介をしていただきました。   セルフ・キャリアドックの導入に苦労したこと、受講した人たちにとても喜んでもらえたこと、そしてこれからの継続展開に向けた明るい未来・・・   本音トークやリアルな悩み満載のお二人のぶっちゃけトークに、参加メンバーは大いに刺激を受けました。   「キャリアコンサルティングの必要性を、経営層にしっかり理解してもらわないとね」 「でもどうしたら経営層は納得してくれるの?」 「経営目線で、会社の経営課題や悩みごとの解決する手段として提案するんだよ」 「そうか!セルフ・キャリアドックは、会社の悩みごとを解決する有効な手段なんだよね!」 などなど、参加メンバー同士の活発な意見交換から、深い気づきを得ていただけたようです。   また参加メンバーの感想からは 「一人で解決できないことも同じ思いを持った人と話すと勇気が出ます」 「意思を持った人と対話できる場所があることをとても心強く感じます」 など、貴重な意見をいただきました。   横のつながりを持つことが少ない企業内のキャリアコンサルタントにとって、とても貴重なネットワークが築かれつつあります。   「キャリア支援で未来を創るチーム」では、もっともっと多くのキャリアコンサルタントの皆さんに参加してもらって、 2025年には、働きがいに満ち溢れる社会を目指しています!   私たちと一緒に、行動を起こしましょう!   ご興味関心のある方は、こちらまでご連絡下さい →career605.iwachan@gmail.com   事務局 岩田 敏 でした

    続きをみる

  • キャリアプランの明確化って??

    キャリアコンサルタントの皆さま そして働きがいに満ち溢れる社会を実現したい!と志す全ての皆さまへ ぜひ私たちと一緒に、働きがいに満ち溢れる社会に向けて活動しませんか?? きっとそれが「働きがいも経済成長も」実現する、一つの道になると信じて。   こんにちは! 「キャリア支援で未来を創るチーム」、事務局 後藤です。 第二回目となる今回の記事では、前回に引き続き6月9日に開催されたセルフ・キャリアドックフォーラムの模様をお伝えしようと思います!   今回のテーマは、『「キャリアプランの明確化」であなたは「社員」を、どう支援しますか?』 グループをシャッフルして二回ディスカッションを行いました。 私が感じたキーワードは3つ。 「上司」「ロールモデル」そして「言語化」 参加者の皆さまそれぞれ、自社において課題を感じているようですが、それらはどうやらこの3つのキーワードに集約されそうです。   私たちキャリアコンサルタントは養成講座にて、傾聴の技法やキャリア理論を通してクライエント理解の技術を積み上げています。 また前回もお話した通り社員のキャリア自律が期待されている今、企業ではキャリコンの必要性が日に日に高まっています。 しかしここにギャップがあります。 キャリコンが活躍するには、上司やマネージャー層にまで働きかけることが不可欠です。ですが私たちはその術を習得していません。キャリコン一人ひとりの努力や試行錯誤に委ねられています。 だからこそ、この活動を通じネットワークを広げ、仲間と共に知恵を絞り高めあっていく必要があるんだと思います。   ちなみにその他のキーワード、「ロールモデル」と「言語化」について。 これはさらに規模が広がります。 社会や価値観の変化により、ほんの10年前と比べても”働き方”は変わってきています。それはつまり、これまでのような「出世したい」「専門性を高めたい」といった価値観も多様化していることを表しています。 これは特に若い世代ですが、従来のような上司やあるべき理想像といったロールモデルも変化しているようです。   さらにこのロールモデルの変化は、私たち一人ひとりがキャリア自律し、未来図を「言語化」することにも影響しています。 変化の激しい時代に、分かりやすいロールモデルもいない。では私たちは、どうやって自分の人生を言語化すればよいのでしょうか−−?     次回もお楽しみに!

    続きをみる

  • 祝!第一回フォーラム開催

    キャリアコンサルタントの皆さま そして働きがいに満ち溢れる社会を実現したい!と志す全ての皆さまへ   はじめまして! 「キャリア支援で未来を創るチーム」、事務局の後藤と申します。   先日待望!!のセルフ・キャリアドックフォーラム第一回目が開催されたので、その様子をご紹介したいと思います。 経験や知識、なにより情熱を持ったキャリアコンサルタント達が、明日より良いキャリア支援をするため、月に一回実施していきます。     3月に発表された第11次職業能力開発基本計画では、2021年から2025年の五カ年に渡り企業における社員の「キャリア自律」を推進することが大きく謳われています。   しかし肝心の「キャリア自律」とは、なんでしょう。皆さまは「キャリア自律」と聞いてどのように考えますか? キャリアコンサルタントの皆さまも、企業人事の皆さまも。そして自身の働き方を悩まれている人々も。戸惑われているところではないでしょうか。     そこで5月12日に行われた第一回セルフ・キャリアドック フォーラムでは、この肝心の「キャリア自律」に関連し以下のテーマでディスカッションをしました。   ①貴社にとって「キャリア自律している社員」とは? ②社員の「キャリアプランの明確化」、貴社ではどのように?   以上2点に関して、メンバー間で熱い議論が交わされました。 参加メンバーの業界も規模もさまざま。それぞれ自社にて、社内制度や活用しているツール、今後課題に感じていることなどを話されていました。(ここで詳細にお伝えできず、大変惜しい!)   そんな中私が感じたのは、まさしくキャリアコンサルタントが社会に必要とされているということです。 なぜか。   キャリア自律とは個人が主体的に、自分ごととして、自分の人生と向き合うことだと私は思います。 しかし主体的とは言え、個人だけで完結することではありません。   「社員のキャリア支援だけでは足りない!組織としてキャリア支援をするためにもマネージャーの理解を得ることがすごく大事で、その働きかけがとても難しい」 といったことを仰っているメンバーが数名いました。   つまり「キャリア自律」とは、個人の支援はもちろんのこと、組織としても向き合わなければならないということです。 キャリアコンサルタントは社員一人ひとりに支援をしていきながら、同時に組織全体へ、個から集団への支援も求められているのです。   私たちキャリアコンサルタントは養成講座にて、個人への支援を学んできました。 その後現場に出たキャリコン達は試行錯誤しながら、日々クライエントの支援に心血を注いてきたことと思います。   ではもっと大きな、組織への支援、ひいては社会全体への支援はどうすればよいでしょうか。どうやって働きかければいいのでしょうか。 この方法は、まだ私には分かりません。     さて、自社にキャリア支援体制を実践されている方、そしてこれから実践しようとしているキャリアコンサルタントの皆さま ぜひ私たちと一緒に、働きがいに満ち溢れる社会に向けて活動しませんか?? きっとそれが「働きがいも経済成長も」実現する、一つの道になると信じて。

    続きをみる