あたらしい大阪みやげ「大阪ええYOKAN(ようかん)」

共創チャレンジ

2024.04.24

法人

チーム名大阪ええYOKANプロジェクト
共創メンバー
株式会社高山堂
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

「大阪みやげとなるお菓子がない!」
そう言ったお客様のお声を和菓子屋の私は数十年にわたり幾度となく聞いてきました。
はじめは自らが大阪みやげを作ろうとし、いくつものお菓子を生み出してきました。同じように、他のお菓子屋さんもあたらしいお菓子を生み出し、競い合い、淘汰され、またあたらしいお菓子が生まれ競い合う・・・そういったことを繰り返してきて気づいたことがあります。
それはみんなで手を取り合って大阪みやげの「ジャンル」を作らなければお菓子が文化として根付かない、ということです。
それぞれがバラバラのお菓子を生み出すのではなく、みんなでひとつのジャンルのお菓子を生み出し、そのジャンルの中で切磋琢磨しなければ大阪みやげのお菓子が大阪の文化にはならないのです。

「競争」するのではなく「共創」する。

京都の生八ッ橋、広島のもみじ饅頭、岡山のきびだんごのように、大阪と言えば・・・と誰もが共通言語として思い浮かぶあたらしいお土産のジャンルを作ります!
すでに大阪には「粟おこし」というお土産のジャンルが存在し、それは不動のものであり大切にすべきものではあります。ですので、粟おこし文化の復興も視野に入れつつ、1970年の大阪万博を機に各地で様々なお菓子がお土産として文化になったというレガシーに敬意を表し、私たちは2025年の大阪・関西万博に向けて「あたらしい大阪みやげ」を生み出すチャレンジに取り組みます!

■展開したい地域

大阪から全国へ

■共創を希望する方々

全国の和菓子屋さん、洋菓子屋さん、あるいは飲食店さんをも巻き込み、各地で同じムーブメントが起きることを願っています。日本のお菓子を通じて、世界へ日本のお菓子文化、おみやげ文化を発信しましょう!

■大阪・関西万博テーマとの関わり

「あたらしい大阪みやげ 大阪ええYOKAN」チャレンジは、大阪・関西万博のテーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」内のひとつのテーマである「いのちをつむぐ」と共鳴するものと考えています。
「おみやげ」という文化、「和菓子」「お菓子」の文化、「伝統」と「革新」、「個」と「社会」、様々な切り口で改めて「おみやげ」を再定義することにより大切な「食」文化を考えていきます。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 株式会社高山堂