子どもと大人の力で未来を紡ぐ、こころ輝くワンコミュニティプロジェクト

共創チャレンジ

2022.07.27

個人

チーム名Team OneCo2025
共創メンバー小林恵理(こばやしえり)
今井カツノリ(イマカツ)
小林千里(ちさと)
赤尾正光(あかちゃん)
井上裕美(ひろまる)
井上篤(イエロー)
清水博美(コニー)
羽谷朋晃(Tomo)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 地域活性化 / 生物多様性、自然環境、生物 / ものづくり、サービス / コミュニティ・まちづくり、住まい / 環境、エネルギー / ダイバーシティ、インクルーシブ / 働き方改革、健康経営、ワークライフバランス /

私たちの共創チャレンジ

子どもと大人でSDG’s達成のビジネスモデルをつくる E's Classという岐阜の学習塾のプラットフォームを使い、子どもたちの探求学習プログラムを進める。具体的には起業家育成プログラムになり、ゴールは経営者に対して事業プレゼンを行う。プログラムは探求学習用プログラムの「bizworld」をベースとし、社会人のサポートを加える さらに、E's Classのプラットフォームに社会人向けのビジネスクラスを設置し、社会人もSDG’sをテーマとした新規事業を探求する。 この子どもたちと大人が共に学ぶ「場」も設定することで、子どもたちは起業家精神を持ち、社会的に自立することが可能になり、地域の企業もこの子どもたちと共に事業を活性化させることが可能になる。つまり、貧困、ジェンダーの不平等、虐待などの根本原因となる社会的に自立できない大人や子ども、人としての自立できない大人や子どもそして経済的に自立できない大人や子どもを無くすことができ結果として貧困、ジェンダー平等、虐待を無くすことができる。
さらには、これをきっかけにして、環境問題の解決なども進むと考えます。

未来への宣言

子どもと大人が共に未来に向かって学ぶ「場」が世界を変える

きっかけ

これまでは、E's Classが子どもたちの主体性と自立を促進させるプログラムを学校で学ぶ5教科を中心に実施してきた。同時に子どもの虐待防止や少年院を出た子どもたちの再犯防止の活動にも参加してきた。
具体的には以下になります。
1. 自立学習による個別学習塾
2. 生徒と親のメンタルサポート
3. 不登校児の学習及びメンタルサポート
4. 児童養護施設入所の子どもの学習支援
5. 勤労学生の授業料減免
6. 親の収入減による授業料減免
7. 通信制高校に通っている生徒のサポート(N校、NHK学園)
8. 中京高校通信制課程サポート校
9. おせっかい食堂という居酒屋を月に1回開催し少年院、刑務所を出た若者のメンタル、就労支援のサポートを行う
10. この 児童虐待対応相談ダイヤル周知活動を映画189上映会とその後の討論会を通して行う
しかし、これらの活動では虐待も減らず、再犯率の低下も、拡がる速度も低調と思い、根本には子どもの主体性と自立そして大人の社会課題への無関心があると思い、今回のプロジェクトを開催することを決めた。

取組の展開

今後展開したい地域・方法オンラインを通じて、子どもたちと大人が共に学ぶ場を提供する。また、岐阜、名古屋、大阪、福岡、東京には、我々の仲間が活動しているので、その仲間と繋がることが可能。そこでオフラインで子供たちの探求学習を大人たちと共に進める「場」をつくっていきたい
共創を希望する方々地元でSDG’sの取り組みや地方創生に取り組もうとしているが、方法が分からない中小企業の経営者、社員
探求学習を推進したいと思う教育関係の方
地方創生に取り組んでいる方

大阪・関西万博のテーマとの関わり

子どもたちの夢と心を育てると同時に大人たちの夢と心も育てる「場」づくりがSDG’sの目的達成の必要な「場」になると考える

SDGsとの関わり

質の高い教育とは、人を人として尊重することと、自立する力だと考える。その教育は働きがいを育み、起業家育成に繋がり経済成長につながる。さらにジェンダー平等は自然と実現できると考える

問い合わせはメールでお願いいたします

t.hatani@hricoaching.com