Wanpaku 【Japan Paralym Beauty Assosiation】

共創チャレンジ

2022.05.09

法人

チーム名Wanpaku
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

義眼のChallenged Vtuber、瞳美コッコだよー。

Wanpaku(ワンパク)プロジェクトは、2025年の大阪・関西万博に向けてキッズも一緒に楽しめるワクワクのコンテンツだよ。
障がい難病当事者でもある、わんぱくなキッズも一緒に大阪・関西万博に向けて動き出そう!

まず、チャレンジド(challenged)っていう言葉を紹介するね。
アメリカでは 障がい・難病の人たちのことをチャレンジド(challenged)っていう
とっても前向きな呼び方をしているので、私たちもそうしています。

今回提案するチャレンジ内容は【チャレンジドキッズ&ママ】にフィーチャーしたよ。
チャレンジしていきたい内容は以下の通りでーす。

①チャレンジド キッズ&ママによるハイクオリティな「ハンドメイドによる装飾アクセサリー制作」
➡ご自身で在宅でも作業が出来るよう全面的にサポートしていきます

②チャレンジド ファミリーへのワークショップ開催
 ➡制作だけに留まらず、仕入れや梱包など具体的なシステムを構築し指導いたします

➂東京の「ヘルプマーク」のアンサーマーク、「コマタスマーク」を提案
 ➡ヘルプマークとは反対に❝お助けしてあげたい方❞がつけるマークです
  困っている人を助ける、『コマタスマーク』がデザインされたハンドメイド制作を進め
  大阪・関西万博でたくさんの方に身に着けて頂くことが目標です

コッコは義眼のVtuberなので、片方の目には義眼が入っているの。
2025年の大阪・関西万博公認キャラクターにはたくさんの❝目❞があるよね。
❝こころの目❞をたくさん持つように、そんなことを言われているような気がするんだ。
だからこのWanpakuプロジェクトを通して、
チャレンジド(Challenged)ファミリーみんなの❝こころの目❞が豊かになったらいいなぁって思っているよ。
そのためにはハンドメイドという概念を超えた、ハイクオリティな物をお届けできるよう構想中!

ね、とってもワクワクなプロジェクトでしょ?

■展開したい地域

下肢障がい、上肢下肢欠損義手義足、脳性麻痺、車いす、知的障害。
この方たちと、そのご家族へのワークショップからはじめ、大阪と東京に拠点としたオンラインレッスンを開始します。
その内容は、ファミリーでつくる❝在宅ハンドメイド製作❞です。
また、ハンドメイド作品制作のストーンデコの技術より、同様の技術を使うネイリスト育成も行います。
今後は海外のチャレンジドの方々へも繋げていき、皆が幸せに、笑顔になれる世界を創ります。

■共創を希望する方々

チャレンジハンドメイド作品にご興味のある方
・障がい難病当事者の方
・障がい難病当事者に関わる全ての企業団体

企業のノベルティグッズ製作
・SDGsに取り組む全ての企業団体

■大阪・関西万博テーマとの関わり

大阪・関西万博が世界に発信する役割としてテクノロジーも大事だと思いますが、
やはり「いのち輝く未来社会のデザイン」の通り、「いのち」が「輝く」ためにはご家族含めて生きていくことが根本です。
8050問題も含め、日本の高齢化と障がい者の増加は将来の国家をも揺るがすことになりかねません。
「いのち」を大事にしてもらうためには、就労と収入がないと生活できません。
そのために、人の尊厳をまずは見つめなおす機会にしていきたいです。