デザインで魅力的な地域に!中国地域ブランディングプロジェクト

共創チャレンジ

2022.07.08

法人

チーム名中国地域エリアデザインチーム
共創メンバー中国経済産業局 流通・サービス産業課
主な活動地域日本
活動テーマ観光、インバウンド / 地域活性化 / ものづくり、サービス / コミュニティ・まちづくり、住まい /

私たちの共創チャレンジ

 人口減少や少子高齢化という課題の中で地域の持続可能性を高めるためには、地域に関わる全ての人が当事者となり、地域らしさを考えて実現していくことが必要だと考えています。
 そのため、今までプロダクト中心だったデザインを「点から線」、「線から平面・立体」に拡大していきます。それにより、商店街のような小規模エリアから商業圏や街道といったやや大きなエリアを対象にデザイン視点での計画づくりや対外的な情報発信の取組を推進していきます。

未来への宣言

 エリアブランディングに取り組むことにより、2025年の大阪・関西万博開催に向けて、地域に関わる多様な人間が価値観を共有し、ゆるやかにつながるコミュニティがあり、チャレンジできるという魅力的な地域づくりとともに、そのエリアで次々と行動変容が起きていくことを目指します。

きっかけ

 中国経済産業局では、デザインを活用した経営手法「デザイン経営」の普及を通じて、地域の中小企業の競争力強化を支援してきました。
 しかし、新型コロナイルス感染症の影響による事業環境の急激な変化や多様な価値観による社会の複雑化、商品・サービスのライフサイクル短期化により、新商品・新サービス開発の方向性が見えにくくなっている現状があります。
 また、海外に比べてデザインに対する理解が産業界のみにとどまっており、デザインが文化として根付いておらず、適切な価値の評価に結びついていないケースも見られます。
 加えて、地方では経済的価値だけでは計れない体験価値もたくさんありますが、一律に経済的価値の指標で判断されているものもあります。
 このような背景から、昨年度以降、個々の企業等を超えてデザインを地域文化として根付かせる取組を開始し、昨年度は地域全体で共通認識を持つためのデザインビジョンをとりまとめました。
 中国経済産業局では、これまでもSDGsの達成等に向けた地域の取組の支援を行ってきました。我々の取組は「いのち輝く未来社会のデザイン」という大阪・関西万博のテーマとも重なっており、多様な参加主体による未来社会の共創に向け、TEAM EXPO 2025の活動を通じてこれらの取組を促進させていきます。

取組の展開

今後展開したい地域・方法 中国地域を中心に取組を進めていきます。また、将来的には展開する地域を拡大することも検討しています。
共創を希望する方々 主に中国地域で活動する自治体、民間事業者等を想定しておりますが、他の地域も含めて共感していただける方々と共創していければと考えています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

 大阪・関西万博の「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマに基づいて、一人一人が輝く理想の地域、100年、200年後も持続可能な地域づくりを推進します。

SDGsとの関わり

 デザイン視点で魅力的な地域づくりを促進することにより、そのエリアに関わる民間事業者等のブランド構築やイノベーションが促進される環境づくりを進めます。それにより、経済面・環境面のどちらからも持続可能な地域づくりを目指します。

<お問合せ先>
中国経済産業局 産業部 流通・サービス産業課
電話:082-224-5655
メール:cgk-sa-bisu@meti.go.jp