読売新聞 SDGs教材共創プロジェクト

共創チャレンジ

2021.07.06

法人

チーム名読売新聞 SDGs教材共創プロジェクトチーム
現在の活動地域 国/地域日本
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

 大学生が企業や新聞社の協力のもとでSDGsの特定テーマについて取材し、中学・高校生向けのSDGs教材を制作する本プロジェクト。初回となる2020年度は「水」をテーマに、世界の水問題の現状や地元・大阪で取り組まれている道頓堀川の取り組みなどを取材し、教材にまとめて関西圏の中学・高校65校に約2万2000部を配布し、教育現場で役立ててもらいました。大学生は制作した教材を使用して、中高生に実際に授業も行い、中高生に直接教材制作を通じて学んだことやSDGsに取り組む意義を伝えました。
 今後も本プロジェクトは「学ぶ」「創る」「伝える」ことを通じて、大学生や中高生など若者がSDGsへの理解を深め、主体的に地域や社会の課題解決に取り組むことを実現する為、活動していきます。

■展開したい地域

2030年にかけて、毎年メインテーマを決めて活動を継続していきます。2020年度は「水」がメインテーマですが、今後は「環境」「女性活躍」「食糧」「教育」などSDGsに関連する様々なテーマで実施していきたいと考えています。

■共創を希望する方々

大学生の取材フィールドとして、年度ごとのメインテーマの課題解決に取り組む地域、企業・団体の協力を求めています。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」やSDGsが描く未来社会は、個人や企業単独では実現できません。大学、企業、行政、メディアが連携することで、一人ひとりが輝く社会の実現に貢献できると考えています。

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 読売新聞社