ものづくり・科学技術の力で、未来を切り開こう!

共創チャレンジ

2022.04.28

個人

チーム名TEAM Professional Engineer KINKI
共創メンバー廣瀬(リーダー),杉山,綾,望月
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 科学技術、バイオテクノロジー / 地域活性化 / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

近畿地方を中心に一般の人々にものづくり・科学技術にに興味を持ってもらうため、世間一般の人々を対象として日本技術士会の近畿本部のメンバー開催する講習会や理科教室などのイベント紹介とその成果を分かりやすく解説・配信します.
①活動のねらい,解決する社会課題
イベントへの参加によって少年少女には,将来,環境の保全と持続可能な社会を構築するために貢献できる科学技術者の卵になってもらいたい.イベントへの参加者を増やすために,少年少女から老人までが楽しめるようなイベントの紹介記事,参加した感想などをレポートした記事を万博HPにUPします.
日本は,理系の技術者を目指す人が減ってきています.しかし,持続可能で豊かな(幸福な)人生を送るためには,人と人が有機的につながった,自律した比較的小規模地域のコミュニティーを形成し,そのような複数の小規模なコミュニティーが協力し合って,環境の保全や豊かな生活の実現に取り組むことが大切です.自律した小規模地域の良好なコミュニティーの形成には,地域に多様な科学技術者が一定数必要です.そのため,幅広い世代,ジェンダー,多様性に対して,科学技術がどのように社会に関わっているか,科学技術がいかに多様で面白いものであるかを知ってもらうことが大切です.
そこで,私たちの共創チャレンジは,科学技術者の卵を育成すること,世間一般の人たちにさまざまな科学技術について正しい知識と興味を持ってもらうことで,将来,理系の技術者を増やすことを目的としています.
②目的のための具体的実施事項
イベントは技術士会の近畿本部が行っているものです.本共創チャレンジメンバーが所属しているのも日本技術士会の近畿本部です.紹介する全てのイベントは一般の人が参加可能な物であり,例えば,森を守る活動であったり,子供たちに科学技術がSDGsの活動に貢献している実例などを授業形式で紹介したり,科学技術が実現する豊かな生活の可能性について説明したりするものです.
この共創チャレンジでは,このようなイベントを,日本技術士会のHPを見るだけでは分かりにくい専門的な表現を排して,子供達でもわかる平易な表現,あるいはイラスト等を利用して紹介します.この共創チャレンジのメンバーが参加したイベントは,状況写真やイベントに使用したイラスト等を用いて解りやすく解説した記事を投稿します.

未来への宣言

日本技術士会に所属する技術士がものづくりの素晴らしさ、科学技術が示す持続可能な未来への展望、平和利用・安全面での注意事項などを、分かりやすい解説で世間一般の人々に説明して、皆さんと一緒に次に示すような未来社会を切り開いて行きたいと思います。
●目指すべき未来社会
人と人が有機的につながった,自律した比較的小規模地域のコミュニティーを形成し,そのような複数の小規模なコミュニティーが協力し合って,環境の保全や豊かな生活の実現に取り組むことができる未来の創造です.自律した小規模地域が良好なコミュニティーには多様な科学技術者が存在しており,適切に環境を保護し,生活のクオリティーを制御します.一つのコミュニティーでは対応が難しい問題には,必要に応じて複数のコミュニティーが協力して,科学技術者が定量的に問題の把握,分析を行い,対応し,適切に評価します.このような技術者を幅広い世代,ジェンダー,多様性において育成し,継続的に技術伝承を行う社会,未来をつくることを目的にしています.

きっかけ

技術士は,人々の生活を守り,幸福な生き方に貢献し,環境の保全を目指すもので,国家資格として専門技術と高い技術者倫理を持つことが保証されています.しかしながら,技術士会としての活動は,一般の人が参加することができるものがあるにも関わらず,広く知られていませんでした.技術士会の活動は,SDGsによく対応したものであり,一般の人が多く参加していただき,技術士会の活動を活発にすることは,地域の活性化や環境の保全,持続可能な未来の実現に役立つ活動の駆動力になるものであります.そこで,技術士のことや日本技術士会の活動内容を広く知っていただくことは,技術士会の発展とSDGsの活動に寄与するものであるという考えのもと,本共創チャレンジを行うこととなりました.

取組の展開

今後展開したい地域・方法まずは,日本技術士会近畿本部の活動を通じて,大阪,兵庫,和歌山,奈良,京都,滋賀において,活動を活発にしていきます.この共創チャレンジで近畿での活動が活発になれば,隣接する中国や四国,中部などの支部活動との協働を模索していきます.その際には,別の共創チャレンジグループを立ち上げて,技術士会で複数の共創チャレンジが生まれることを望んでいます.
 また,本共創チャレンジで取り上げたイベントを通じて,イベント主催者と新たな共創チャレンジを始めることや,この活動を通じてつながった人たちと新たな共創パートナーグループを立ち上げることができればよいな,と考えています
共創を希望する方々企業、NPO法人、大学、官公庁等、賛同してくれる多くの組織と共創していきたい。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

ものづくり・科学技術に関する教育の提供により発展ある社会を実現します。

SDGsとの関わり

技術士は,高度な専門技術を持つ技術者のことで,公益の確保や環境の保全などを行うことが重要な使命です.そして,その使命を全うする手段として,科学技術の持つ可能性や留意点を分かりやすく世間一般の人に知ってもらうイベント(活動)を行っています.この活動はSDGsの掲げる「完全に平等」で「持続可能な社会」をつくることに貢献するものです.このイベントは,一般の人に科学技術について「知る」機会を与える「質の高い教育とみんなに」行っていくものです.この活動を通じて,「平和と公正をすべての人に」もたらすことに寄与できると考えます.

【お問合せ先】

活動に協力いただける方、関心のある方は、下記まで連絡ください。

メール:hirose9414@gmail.com

電話:090-5150-7074

担当者名:廣瀬 剛

イベント

  • 日本技術士会近畿本部建設部会 2022年度 第2回 講演会

    日時2022.06.22 18:00〜 19:00
    場所ZOOM配信
    共創チャレンジものづくり・科学技術の力で、未来を切り開こう!

    続きをみる

  • インフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラム2022に日本技術士会近畿本部が出展します

    日時2022.05.19 10:00〜2022.05.20 15:30
    場所大阪市中央公会堂・中之島公園 
    共創チャレンジものづくり・科学技術の力で、未来を切り開こう!

    続きをみる

このチャレンジの投稿

  • 日本技術士会近畿本部・建設部会主催の2022年度第2回講演会に参加しました。

    6月22日、日本技術士会近畿本部・建設部会主催の2022年度第2回講演会(テーマ:30分で組み立てられる仮橋)が開催されたので参加しました。   講師は、太陽工業株式会社 国土事業本部 国土技術部長の石田正利様です。   毎年、6~7月ごろは全国的に豪雨災害が懸念される季節です。今回の講演会では、災害等の緊急時に簡易に組み立てられる仮橋について紹介されました。 ジオシンセティックス(Geosynthetics)、すなわち土木用の高分子材料を用いた製品の総称で、今回の製品はゴムによる防災・減災対策品です。   本製品はまだ実用化されていませんが、すでに警察や消防と合同実験を行っています。   開発のきっかけは2019年の熊本豪雨で、昨年メンバー5名により、災害時における仮設橋の開発をスタートさせたとのことです。   開発におけるキーワードは次の6つでした。 ①気づき(「?」から「!」に) ②ドンピシャ(迅速かつ簡単) ③スピード(重機不要) ④フレキシブル(安全に渡れる) ⑤感動品質(1人5分で救出) ⑥世代を超えた記憶   現地にゴム製の高分子材料でできた製品をトラック等で持ち込み、現地で空気を入れ製品の最終形状を作ります。最終形状は中空円筒形のドーナツ状のもので中空の直径は約1m、長さは約10mの大きさです。 それを、幅10m程度の河川に渡し、対岸から人を中空部分を通して救助できるという製品です。15分~20分で本形状に展開でき、中空部分に大人3人入っても問題はありません。1人を約30秒で搬送することができるようです。   講演後、次のような活発な議論がなされました。 ・実用化に向けて、本製品の設計基準は「橋梁」あるいは「避難装置」のどちらを適用すべきか、また製品名称も同様「橋梁」か「避難脱出装置」か、を検討してはどうでしょうか。 ・安全面について流木や風に対する耐性も考慮した方がいいのではないでしょうか。 ・ユーザとしては、消防団・水防団・自衛隊等が考えられるでしょう。   今後は、実用化に向けて、適用される法律(一時的な建築物か救助用設備か等)、さらなる性能確認、現地での据え付け方法等の項目について、検討が進められるようです。   本製品に興味を持たれた方は、以下にお問い合わせください。 日本技術士会近畿本部万博参画準備委員会 hirose9414@gmail.com

    続きをみる

  • インフラメンテナンス国民会議 近畿本部フォーラム2022に出展・参加しました。

      インフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラムが2022年5月19日(木)及び20日(金)に開催されました。このフォーラムは、普段の生活に欠かすことのできない水道やガス、道路などのインフラを安全に使用するために、インフラの現状や安全に関する課題を広く周知することや多様な技術を持つ企業・団体が協働してインフラの維持管理に取り組むことを目的とて行われたイベントでした。  日本技術士会近畿本部は、21部門の多様な技術分野の高度な専門技術を有する技術者で構成される団体として、このフォーラムに参加しました。開会式では、日本技術士会近畿本部の河野千代副本部長がテープカットに参加しました。           このフォーラムでは、屋内に62ブース、屋外に14ブースが設けられ、建設業を中心に多様な分野の技術に関する展示や照会が行われました。日本技術士会近畿本部もブース出展も行い、193名の方にご来場頂きました。  ブースでは、日本技術士会近畿本部の機械システム・上下水道・応用理学・情報工学・経営工学・繊維・化学・農業水産部会の活動内容紹介や、修習技術士委員会の活動内容の紹介を行いました。    また、ブース内には、肌に無害のUVライトによるウィルス抑制・除菌脱臭技術による英セ環境の改善や耐衝撃性と高い防水・防食性をもっているボリウレア塗装技術によるインフラの整備及び延命化、地下トンネルの効率的な工事技術による生産性の向上に関する紹介も行いました。        今回の活動は、日本技術士会近畿本部地域連携強化委員会が主体となって進めたものです。   日本技術士会近畿本部に興味を持たれた方は、以下にお問い合わせください。   日本技術士会近畿本部万博参画準備委員会 hirose9414@gmail.com

    続きをみる