身近な大阪湾の実現

共創チャレンジ

2022.04.28

法人

チーム名魚庭(なにわ)の海PT
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

森里川海とそのつながりが織りなす、人と自然の共生による生態系サービスの大切さを知り、心も体も豊かにすごせる地域を実現していくために、海と陸の水や栄養循環、大阪湾の豊かさを体感してもらうイベントを実施します。
① 山から川を通じて里に届けられた水や栄養を得て育つ「お米」、さらに里から川を通じて海に届けられた栄養を得て育つ「海苔」を自らが育て、収穫し、食べる事で、海と陸との栄養の循環とその環境があることの大切さ体感するイベント「海と陸とのつながりを味わおう」を実施します。
② 海藻が持つCO2や栄養の吸収による海の環境保全効果を知り、大阪湾の豊かさがもたらす温暖化対策を体感してもらうために、ワカメの種付け、収穫およびワカメの料理教室を行うイベント「みんなでワカメを育てよう」を実施します。
③ 大阪湾の豊かさを体感し、身近な魚を食べる事による環境保全について理解するために、江戸時代の伝統漁法を楽しむ「すだて漁体験」を実施します。
④ 生き物の成育場であるアマモ場を含めた「浅場」の機能や大切さを知り、持続可能な浅場環境の保全ために一人一人が出来ることを考える機会を持ってもらうために、アマモ場とカキ養殖筏周辺でシュノーケリングによる生き物観察「シュノーケリング教室」を実施します。さらに、自身で水中写真撮影を行い、その思い出を記録として持って帰ってもらう事で、海への関心を高めてもらいます。

■展開したい地域

大阪湾沿岸域で同様な活動を考えている自治体や団体、共感いただける企業と連携し、本チャレンジに参加していただく事で、より多くの方々に人と自然の共生による生態系サービスの大切さを知り、実感してらうとともに、共感いただけた方々が主役となり、他地域への展開を図っていただきたいと考えています。

■共創を希望する方々

大阪湾沿岸域で同様な活動を考えている自治体や団体、共感いただける企業

■大阪・関西万博テーマとの関わり

人々が持つ大阪湾の負のイメージを体験や食を通じて払拭し、人々が集い、遊び、学ぶ事で、遠ざかってしまっていた大阪湾への“愛着”が持てる「身近な大阪湾」の実現は、持続可能な環境保全や心の豊かさを醸成していく事は、海を感じられる大阪・関西万博の会場においての“いのちをつむぐ”、“いのちを高める”のテーマにつながると考えています。