LEDの蛍光灯や電球から安心安全な未来をつくる~防災マジック~

共創チャレンジ

2022.04.13

法人

チーム名チーム防災マジック
現在の活動地域 国/地域日本 京都
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

企業・団体に対して、工場や大規模施設で万が一停電となった際に、3時間点灯するLED蛍光灯や同LED電球の設置を提案する活動を通じて、近年益々増加するスーパー台風や将来予想される南海トラフ等の大規模災害に備える企業のBCP(事業継続計画)推進に貢献します。

■展開したい地域

今後展開したい地域: 関西、関東
方法:企業・団体に対し、停電感知機能付きLED蛍光灯「マジックチューブ」、同じくLED電球「マジックバルブ」の設置の提案を通じて下記「防災に対する3つの重要性」の普及・促進をしていきたい。
 ①事前の防災投資の重要性
   防災投資は余裕資金で行なうのではなく、本業で得た利益の一定割合を毎年投資していく
 ②複数、多元的な防災対策の重要性
   大規模災害発生によるバックアップ電源の破損時にも照明の確保が可能とする
 ③工場・施設の様々なステークホルダーを守る重要性
   工場・施設で働く従業員だけでなく、その場所で働く全ての関係者やそこに居合わせたお客様の安全を
   確保する

■共創を希望する方々

企業・団体の防災担当者や工場設備又は生産管理の担当者、防災意識向上の活動に関わる方々

■大阪・関西万博テーマとの関わり

「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現する為には、企業・団体は最低限、BCP(事業継続計画)に取組み推進をしていく必要あり、その為に弊チームが掲げる「防災の3つの重要性」は必要不可欠な事項となる