大正大学×淡路市 地域共創プロジェクト

共創チャレンジ

2022.02.10

法人

チーム名大正大学地域構想研究所淡路支局
現在の活動地域 国/地域日本 兵庫
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

大正大学と淡路市では、学生を主体に淡路島の地域資源を生かした商品開発および大正大学が運営する東京都内のアンテナショップにて商品販売を行う官民学連携プロジェクトを展開しています。具体的には、学生自身が実際に淡路島へ滞在し、現地での気づきを基に独自の目線で地域資源を発掘、淡路市や地域の方々の協力を得て、現地でのリサーチを踏まえアイデアを提案し、商品開発から販売まで一貫して行うものです。
本プロジェクトにより、販路の開拓や、地域ブランドの創出、さらには都市圏における認知度向上からファン創出を目指しています。さらに淡路市の持続可能な地域づくりや、次代の人材育成にも貢献しています。
「TEAM EXPO 2025」プログラムに賛同する方々との共創により、地域の特産品を活用したあらたな地域ブランドの開発や、フードロス問題の解決に向けてのチャレンジを展開していきたいと考えています。

■展開したい地域

淡路市を中心に多様な淡路島の事業者との協働を通じで、市場視点×地域視点を持って地域資源を活用した新たな商品開発および東京巣鴨での販売を行い、淡路島の未来づくりへと繋げていきたいです。

■共創を希望する方々

都市(東京)と地方(淡路市)との共生になるモデル創りと、その取り組みの中での人材育成に興味がある方々

■大阪・関西万博テーマとの関わり

大阪・関西万博のサブテーマである Saving Lives(いのちを救う)がまさに大正大学の建学の理念である「智慧と慈悲の実践」における、慈悲の心とも合致しています。また、本学が存在する東京(都市)と地方との共生になる商品開発を通した活動が、都市も地方も生きとし生けるものを輝かせ、テーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に繋がる活動になると思っています。