第一生命大阪東支社 子どものみらい応援団プロジェクト

共創チャレンジ

2022.01.12

法人

チーム名Team 大阪東
共創メンバー大阪東支社 
京橋営業オフィス、堺筋本町営業オフィス、御堂筋営業オフィス、本町営業オフィス、寝屋川営業オフィス、
交野営業オフィス、樟葉営業オフィス、長尾営業オフィス、四条畷営業オフィス、鴻池新田営業オフィス、
大東営業オフィス、門真中央営業オフィス、守口営業オフィス、枚方中央営業オフィス、ひらかた営業オフィス
ひらかたみなみ営業オフィス、大阪東職域営業オフィス
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 金融、Fintech /

私たちの共創チャレンジ

豊かな次世代社会の創造に向けて、未来を担う子どもの教育・育成を積極的に支援していきます。ライフスタイル、暮らし方・働き方などの価値観が多様化する中、自分らしく生きていくためのリテラシーを身につける協力を継続していきます。学習としての消費者教育・資産形成教育などへの支援を通じ、それぞれの夢の実現に向けた貢献をすること、さらに生活している地域社会への様々な貢献活動にも一緒に取り組み、次世代の担い手として大きく羽ばたくためのお手伝いをします。

未来への宣言

ICT化の推進や成年年齢の引き下げなど、様々な変化の中で生活している子どもたち。
これからの未来を切り拓く力を育む教育機会や、よりよい環境を提供できるようにします。
この教育や取組みを通じて、子どもたちがイキイキと成長していける環境づくりを目指します。

きっかけ

第一生命は、創業以来、お客さま第一を経営の理念に据え、生命保険の提供を中心に地域社会への貢献に努めて参りました。そして、現在も生命保険の枠を超えて地域課題解決に向けて取り組んでいます。
これからも、お客さまとお客さまの大切な人々の「一生涯のパートナー」として、地域の皆さまに寄り添えるよう取り組んで参ります。創業120周年を迎える2022年、これまで取り組んできた事を「TEAM EXPO 2025」に参画する事でより発展させていきます。

取組の展開

今後展開したい地域・方法小・中・高校の児童・学生に向けて、すごろく形式の消費者教育教材「ライフサイクルゲームⅡ」、金融リテラシー教育教材「ライフシミュレーションゲーム」を使用した出張授業などを実施します。
※大阪東支社が担当する地域:大阪市・寝屋川市・交野市・枚方市・大東市・東大阪市・門真市・守口市
共創を希望する方々教育現場で実際に子どもたちと触れ合う機会のある方や、自治体・団体の皆さまと連携を広げていきたいと考えています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

大阪・関西万博が掲げる「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現に向けて、子どもたちの未来が輝くものとなり、誰も取り残すことがない社会にするための取組みを進めます。

SDGsとの関わり

家庭環境や病気などが原因で満足な教育が受けられない子どもたちがおり、収入によっても受けられる教育の質の差が大きな問題となっています。
子どもたちの学びの場を広げて、知識や経験を重ねていくことで子どもたちの生活の質の向上や将来の夢の実現に貢献できると考えます。

【問い合わせ先】
第一生命保険株式会社 大阪東支社
担当:北
メールアドレス:Kita790@daiichilife.com

このチャレンジの投稿

  • 枚方市の「子ども食堂」への支援活動を通じ、子どもたちの「食」「笑顔」を支えています!

    「第一生命大阪東支社 子どものみらい応援団プロジェクト」の北です! 第一生命大阪東支社では、枚方市公民連携プラットフォームを通じて同市と個別連携協定を締結し、「子ども食堂」への支援活動を実施しています。   当支社のひらかた・枚方中央・ひらかたみなみ営業オフィスでは、コロナ禍で調理や配送などに必要な人手が不足している枚方市内19団体21カ所の子ども食堂への支援として、食材などの運搬や調理補助、子どもたちへのお弁当の配布支援を行っています。    また、枚方市を中心とした地域の飲食店や商店などを応援・紹介する当社オリジナルの「ひらかたWALKER」を作成しています。 当社生涯設計デザイナーを通じて地域の皆さまへ幅広くご案内するとともに、子ども食堂を運営する団体にひらかたWALKER掲載店舗の余剰の食材をつなげるお手伝いも実施しています。 子ども食堂を運営されている各団体の方々より感謝のお声を頂くとともに、なにより子どもたちからの「美味しい!」「ありがとう!」という言葉や笑顔が大変嬉しく、日々の活動の励みとなっています。 第一生命大阪東支社は、これからも「子ども食堂」活動を一緒に支え、子どもたちの支援を行っていきます!   【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 大阪東支社 担当:北 メールアドレス:Kita790@daiichilife.com

    続きをみる

  • 大阪市内の中学校の生徒さんに向けて『ライフ×マネーラーニング』授業を実施しました!

    「第一生命大阪東支社 子どものみらい応援団プロジェクト」の青木です! 「子どものみらい応援団プロジェクト」では豊かな次世代社会の創造に向けて、みらいを担う子どもたちの教育・育成を支援しています。   今回は、大阪市立南中学校よりご依頼を受け、第一生命大阪東支社御堂筋営業オフィス営業部長の品川が講師となり、中学3年生の生徒さんに向けて『ライフ×マネーラーニング』の授業を行いました。 授業内容は、当社が開発した「ライフサイクルゲームⅡ~生涯設計のススメ~」を活用して、消費者教育・金融保険教育に関する内容で実施しました。 授業で活用した「ライフサイクルゲームⅡ」は、すごろく形式のゲームを楽しみながら結婚・住宅購入などのライフイベント、病気・ケガ等のリスク、振り込め詐欺や架空請求といった消費者被害事例等、人生を疑似体験することができる消費者教育・金融保険教育教材です。 授業を通じて、様々なライフイベントやアクシデントを疑似体験することにより、お金の大切さやリスク、将来を見通す力や備えの重要性などを参加された生徒の皆さんに体感頂きました。                         先生からは「授業でも人生にはどれだけのお金が掛かるのか、アクシデントが発生したときの対処法などを伝えていますが、ゲームを通して体感することで子どもたちもイメージがしやすく、真剣に考える機会になったと思います」とのお声を頂きました。 また、受講した生徒さんからは「授業でクーリングオフ制度や詐欺に遭った時の対処法は学んでいましたが、ゲームを通して様々なリスクがあることを知ることができ、大変勉強になりました」との声を頂きました。   第一生命大阪東支社では、今後も『ライフ×マネーラーニング授業』を通じて、学校や地域社会における消費者教育や金融教育の普及・推進に積極的に貢献していきます。   【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 大阪東支社 担当:青木 メールアドレス:Aoki072@daiichilife.com      

    続きをみる

  • 中学3年生の生徒さんに向けて『ライフ×マネーラーニング』授業を実施しました!

    「第一生命大阪東支社 子どものみらい応援団プロジェクト」の北です! 「子どものみらい応援団プロジェクト」では豊かな次世代社会の創造に向けて、みらいを担う子どもたちの教育・育成を支援しています。 今回は、寝屋川市立第四中学校よりご依頼を受け、第一生命大阪東支社樟葉営業オフィス長の蓑田が講師となり、3年生の生徒さん101名に向けて『ライフ×マネーラーニング』の授業を行いました。授業内容は、当社が開発した「ライフサイクルゲームⅡ~生涯設計のススメ~」を活用して、消費者教育・金融保険教育に関する内容で実施しました。 授業で活用した「ライフサイクルゲームⅡ~生涯設計のススメ~」は、すごろく形式のゲームを楽しみながら結婚・住宅購入などのライフイベント、病気・ケガ等のリスク、振り込め詐欺や架空請求といった消費者被害事例等、人生を疑似体験することができる消費者教育・金融保険教育教材です。1つのゲームで3~5名で楽しめ、所用時間は20~30分程度となっています。授業を通じて、様々なライフイベントやアクシデントを疑似体験することにより、お金の大切さやリスク、将来を見通す力や備えの重要性などを参加された生徒の皆さんに体感頂きました。                   受講した生徒さんからは、「説明もわかりやすく楽しく学ぶことができてよかった。」「人生には様々なリスクがあり、保険の大切さが理解できた。」など、たくさんのお声を頂いています。また、河相  利光校長からは、「コロナ禍で大半の行事が中止になっている状況だが、学校教育は節目節目に多様な体験活動があるからこそ根本の教育にも身が入り成長が期待できる。その中で、今回のライフサイクルゲームⅡを使った体験型授業は大変有難かった。」とのお声を頂きました。 寝屋川市立第四中学校の皆さん、ありがとうございました! 2022年4月には、高校での「資産形成」教育の必須化や成年年齢18歳への引下げを控え、子どもたちを取り巻く環境は大きな変化を迎えています。第一生命大阪東支社では、今後も『ライフ×マネーラーニング』授業を通じて、学校や地域社会における消費者教育や金融教育の普及・推進に積極的に貢献していきます。                                                        【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 大阪東支社担当:北メールアドレス:Kita790@daiichilife.com

    続きをみる