誰もが楽しめる大阪・関西万博をめざして--「世界を見せる」から「世界観に触れる」へ

共創チャレンジ

2021.03.09

個人

チーム名視覚障害者文化を育てる会(4しょく会)
現在の活動地域 国/地域日本
■共創チャレンジの内容

これまでの万博では「見る/見せる」こと、視覚的な情報提供が中心とされてきた。インターネット、スマホ使用が日常化する現代にあって、視覚情報の伝達のみに頼っていては万博の新たな展開は期待できない。ここで注目されるのがネットでは伝えられない情報、すなわち「触文化」(さわらなければわからないこと、さわって知る事物の特徴)だろう。
視覚障害者ならではの立場を活かし、万博にリンクするイベントを立案開催し、2025大阪・関西万博を真にユニバーサル化したい。

■展開したい地域

触覚をテーマとするイベントを大阪・京都で開催し、広く一般の方の参加を呼びかける。

■共創を希望する方々

福祉機器開発に取り組む企業、広い意味で「さわる」ことに関心を持つ個人・団体との連携を希望する。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

「いのち」を考える際、「障害」の問題は避けて通れない。とくに、「見る/見せる」ことが重視されてきたこれまでの万博では、視覚障害者が主役になるケースはほとんどなかった。
「Designing Future Society for Our Lives」という時、「Our」(私たち)とは誰なのか。意識的・無意識的に「私たち」から疎外されてきた人々は多い。「見る万博から触れる万博へ」を志向する今回のチャレンジでは、あらためて「私たち」とは誰なのかを考える。そして、“触”をキーワードとして真の意味で「誰もが楽しめる」万博を実現するための方途を探る。本会の20年に及ぶ活動の蓄積は、2025大阪・関西万博をユニバーサル化する上で参考になると確信している。