からやぶり道場「JAXAと共創して再使用型ロケットを飛ばそう!」

共創チャレンジ

2021.12.03

法人

チーム名からやぶり道場「JAXAと共創して再使用型ロケットを飛ばそう!」
現在の活動地域 国/地域日本 東京
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

「民間とJAXA宇宙科学研究所の共創による、日本発の再使用型ロケット打ち上げ成功」
JAXA宇宙科学研究所が開発主体となり、2024年打ち上げ予定の再使用型ロケット打ち上げ成功に向け、からやぶり道場は、メンバー1800人の所属企業と共創して、部品開発や、宇宙サービス開発を進めております。
2025年大阪・関西万博サイトを通じ、広く国民のみなさまとも共創したいと存じます。
また「アイデア段階」ではありますが、諸条件が整えば、2024年打ち上げたロケット実機を、2025年大阪・関西万博会場内で展示するプランも検討し、万博を盛り上げたく存じます。

※からやぶり道場…大企業の新事業部門の部長・課長をメインにした、企業所属イノベータ1,800人による事業協創プラットホーム

■展開したい地域

1.2024年打ち上げ予定のJAXA再使用型ロケット開発の共創パートナー探索
2.JAXA能代ロケット実験場をフィールドとする「水素エコシステム社会実装」の共創パートナー探索

■共創を希望する方々

1.2024年打ち上げ予定のJAXA再使用型ロケット開発の共創パートナー探索
①再使用型ロケット向けに部品を供給したいサプライヤー
➁再使用型ロケットを使って新サービスを興したい事業パートナー
③再使用型ロケットを使って展示イベントを開催したいイベント事業者

2.JAXA能代ロケット実験場をフィールドとする「水素エコシステム社会実装」の共創パートナー探索①JAXA能代ロケット実験場向けに部品を供給したいサプライヤー
➁水素を使って新サービスを興したい事業パートナー
③水素を使って社会実証、社会実装を進めたい地方自治体

■大阪・関西万博テーマとの関わり

主として、Connecting Lives(つなぐ)の点で大きな役割を担うものと考えております。
具体的には、多様なステークホルダー、日本全国の同様の課題に取り組む地域同士がつながり、共創することにより新たな価値やリソースを生み出し、それらが「2030年SDGsの達成」へと大きく社会全体を前進させる事が出来れば、と考えております。