音楽を通して人と空間的なコミュニケーションが可能なヒューマノイドDJロボットの開発

共創チャレンジ

2021.11.04

法人

チーム名DJ Robotics
現在の活動地域 国/地域日本 東京
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

 私達が実現したい目的は、人とヒト型ロボットが共存する社会であり、ロボットが私たちの身近な場所で活躍できる社会です。そしてロボットと出会えるような機会や体験を提供することを目標に活動しています。
 近年、超高齢社会に伴い介護ロボットの需要が高まっています。その一方で使用者がロボットに対して「怖い」という感情を持つという現状もあります。そのため人と関わるロボットの研究では、それらの動く速度や顔の表情などの動きや見た目に着目することで、人間が抱く恐怖などの軽減を試みています。私たちはこれらの1つの要因として人間とロボットの遭遇機会が少ないためだと考えます。そこで、エンターテインメントを通して人間とロボットが出会える機会を提供することで、「怖い」などといった感情を自然と軽減できるのではないかと考えました。
 その一歩として、クラブミュージックが大好きな私はロボット1台に対し大人数での空間的なコミュニケーション(空気を読むこと)が可能なヒト型DJロボットの開発を行います。
 DJ Robotics は高専OBを中心とした機械、電気、情報、環境工学など専攻分野の異なる大学院生を中心に活動を行い、「ミスミ学生ものづくり支援」、「TSG2020 セミファイナリスト」に選出され、クラウドファンディングプロジェクトCAMPFIREにおいても140万円以上の調達に成功しました。また数々のメディアに取り上げられ、アートと科学技術の橋渡しをする試みのひとつとして注目されています。

■展開したい地域

全国から世界のライブイベントなどに参加し、パフォーマンスを行う。

■共創を希望する方々

AIやロボットの技術やノウハウを持つ企業や研究者

■大阪・関西万博テーマとの関わり

私たちは人とロボットが道端で出会うような未来を創造し、エンターテイメントロボットが活躍する世界は、まさに未来社会の実験場といえる。