日本の将来を担う若者に、科学に!社会に!人生に!興味を持たせる教育支援活動!!  【理科支援、ものづくり、ロボットプログラミング、長期講座、キャリア教育、DX推進】

共創チャレンジ

2022.08.01

法人

チーム名スーパー・シニアのコアネットわかもの塾
共創メンバー鈴木弘成(コアネット)、松村隆廣(コアネット)、良永順(コアネット)、影井信吾(コアネット)
主な活動地域日本
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 地域活性化 / ものづくり、サービス /

私たちの共創チャレンジ

実社会を体験してきた企業OBである“スーパー・シニアたちが、生き方、夢や目標への挑戦などを、ものづくり教室などを通して次世代を担う若者に夢、やりがい、情熱、努力など基本的な人間形成の要素、実社会への繋がりなど自己の経験などを通して伝えたい。また中・高校生については社会科の時間が少なく現実の経済社会について学ぶ機会が少ないので企業OBとして日本企業の力、日本経済の力についても万博のサブテーマにある(いのちをつなぐ)の精神のもと、教育支援活動を取り組む。 

未来への宣言

私達コアネットが目指すのは、若い人が夢を実現させることができる社会、頑張れば報われる働きがいのある社会へのアプローチを示す活動です。
 具体的にお話しすると、私たちは大学で(一部は中学・高校もありますが)就活で初めて将来の仕事(職業)について考えるのは遅いと思っています。私たちは、生徒が学校で将来の職業を念頭に置いた教育を受ける機会が少ないことから、早い機会に職業感を養うことが重要であると考えています。
そのためには、企業人生、社会生活を送ってきた企業OBである私たちがその経験、反省を踏まえ、若い人に夢や目標について語り、彼らの将来の人生、職業を選択するヒント、きっかけを提示していきます。

きっかけ

平成12年(2000年)に生まれたNPO法人です。平成26年(2014年)東京都より認定NPO法人として認定を受けました。東西に事務所を設置し、企業OBの経験と知識を生かし、四つの分野を中心に、東西両本部で支援活動を実施しております。
(1) 小学校から大学院の各種学校に対するキャリア教育支援事業
(2) 小学校から大学院の各種学校に対する教科教育支援事業
(3) 地域の活性化やまちづくり支援事業
(4) 中小企業、ベンチャー企業に対する指導と助言、経営支援事業
 今回共創チャレンジとして関係する教育支援は(1)から(3)までです。
具体的には次のプロジェクト・グループを作って活動しています。
 ①理科支援P-理科のなぜ?不思議?を体験します。 
 ②長期講座P-大学で長期にわたり製造業、日本経済について講義、高校で起業体験講座を実施
 ③ものづくりP-ロボット工作キットスクローラ―の組み立て
 ④ロボットプログラミングP-ロボットを動かすプログラム作成
 ⑤キャリア教育P-職業について考える出前授業
 ⑥DX推進P-DXを教育の場に広げる活動
●2020年度は新型コロナの影響で多くの授業が中止になったにもかかわらず、教育支援活動では延4,050人 の 児童~学生 を対象に授業を行うことができました(参考;2019年度は延5,921人)。

取組の展開

今後展開したい地域・方法私達の活動は関西地区では現在まだ一部にとどまっています。共創チャレンジに登録して思いを同じくする団体とコラボして大阪府、兵庫県、京都府等の近畿一円の小中高大学に活動を広げたく考えています。
更に、日本の将来を考えたときに、学校教育におけるプログラミング教育支援と中小企業を対象としたICTの活用支援やDX推進支援の肝要となってくるとの思いからコアネットは昨年新しくDX推進Pを立ち上げました。まだ模索段階ですが学校教育ではカバーできないICT・プログラミング教育支援にも注力し、活動分野の拡大を目指していきたいと考えています。
また、会員の出身企業を含め、企業の社会貢献室、SDGs担当部署と共創して若い人に生の社会を知ってもらう機会(社会人出前授業など)を作ることなど検討し、次世代の若者の未来へのチャレンジ・パスポート(職業をはじめとした人生を考える機会)を提示したいと考えています。
共創を希望する方々小中高校、大学生を対象とした人材教育の共創チャレンジとの連携
人材教育に関心のある共創パートナーとの連携
探求活動などで外部社会人授業に興味ある小・中・高等学校
企業を定年退職して社会貢献活動を検討している個人および団体

大阪・関西万博のテーマとの関わり

夢を実現させる次世代の若者に、社会を見る目を育て、将来の自分の職業をどう考えるか、を考えてもらうのは「やってみなはれ」の精神が根付く大阪・関西が適地であること。
また会員の多くが関西企業の出身であることから大阪・関西万博は私達、企業OB(平均年齢70歳)の元気な姿を披露する格好の場所と考える。

SDGsとの関わり

「4. 質の高い教育をみんなに」を選んだ理由
 働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させることが謳ってあり、コアネットの活動と合致すること。
「8.働きがいも経済成長も」を選んだ理由
人はそれぞれ夢を持ち、それに地道に努力することが肝心です。企業OBの私たちは若い人たちが、単に夢を思うだけでなく、それに向かってしっかりと努力することが大切であることの重要さを彼らに伝え、未来に向かって力強く生きて欲しいと願っているからです。若い人たちが情熱をもって行動し、努力することは彼らの働きがいに通じ、日本経済の発展にもつながると考えているからです。

全般的お問い合わせ先:NPO法人コアネット副代表理事(関西本部代表)良永順

paravion@pop16.odn.ne.jp

個々のプロジェクトのお問い合わせ:担当の鈴木弘成

mailto:hnsuzu@hcc1.bai.ne.jp

活動につきましてはぜひ2020年度コアネット関西本部教育支援実績概要PDFをご覧ください。

このチャレンジの投稿

  • 高校生向け職業選択プログラムを実施

    2022年6月に兵庫県立川西明峰高校の探究プログラム「明峰の学び」の一環として週1回(50分)4回にわたって職業選択授業を30人の生徒(希望制)を対象に実施しました。普通の授業では得難い、まさに文部科学省のいう総合的な探究授業を目指したものです。ここでは具体的にどの職業が良いなどとは示さず、生徒が職業について考えるきっかけづくりを心掛けました。 プログラムは次の4部構成です。 1)職業図鑑を作ろう(様々な職業の存在を知る) 2)簡易マンダラートを作ってみよう(自己分析をしてみる) 3)職業選択の基準を考えてみよう(どんな切り口で職業を選んだらよいか考える) 4)選びたい職業 私の夢を考えよう(自分の将来像を描きそのために何をする) というものです。  高校生が重視する職業選択基準のベスト3をご紹介すると1位楽しい、2位安定、3位収入、4位勤務時間、5位働く場所でした。上位群で特筆すべきは、昨年は安定が4位でしたが今年は収入、勤務時間を押さえて2位に上がっています。 これはコロナ禍で安定した職業を求める必要があるとの高校生なりに社会感を反映していると思いました。  授業最後のアンケートでは「自分はやりたい職業が見つからなくて職業選択を選んだのですが、自分のやりたい職業が見つかりそうな気がします。」という回答があり、われわれの授業が少しでも生徒の職業選択のきっかけを与えることができ、先ずは良かったと思っています。  

    続きをみる

  • 大阪市立中学校でロボットプログラミング授業

    3月7日、14日の2日間にわたって大阪市立咲くやこの花中学校にて、2クラスを対象に6人の講師でロボットプログラミング授業を実施しました。同校の授業は2014年から始まり、今年で8年目となります。 初日のプログラムの演習は「①2秒前進して停止する」、「②2秒前進後ブザーを鳴らし180度旋回、元に戻る」、「③回数ループを使って①を4回繰り返して正方形を描く」でした。生徒にとっては初めてのプログラミングでありましたが、戸惑いながらもロボットが思い通りに動いた時の感動を味わってもらいました。   2日目の授業は前回の復習をしたあと、「④分岐を使う処理」を学び、今回のメインテーマ「ライントレース」の布石としました。フローチャートのヒントを与えながら、正解のプログラムをモニターに表示して進めました。生徒はキャッキャと言いながらライントレースを見事に完成させました。   学校を出ると校舎の窓から今授業をした生徒が私たち講師に向かって「プログラミング授業、楽しかったよー、また来てねー」などの声援をしてくれました。こんなことは10年近く授業をして初めてのことだったのでビックリすると共に「可愛い面白い生徒たちだったな」との想いを強くしました。 3月7日、14日の2日間にわたって大阪市立咲くやこの花中学校にて、2クラスを対象に6人の講師でロボットプログラミング授業を実施しました。同校の授業は2014年から始まり、今年で8年目となります。 初日のプログラムの演習は「①2秒前進して停止する」、「②2秒前進後ブザーを鳴らし180度旋回、元に戻る」、「③回数ループを使って①を4回繰り返して正方形を描く」でした。生徒にとっては初めてのプログラミングでありましたが、戸惑いながらもロボットが思い通りに動いた時の感動を味わってもらいました。   2日目の授業は前回の復習をしたあと、「④分岐を使う処理」を学び、今回のメインテーマ「ライントレース」の布石としました。フローチャートのヒントを与えながら、正解のプログラムをモニターに表示して進めました。生徒はキャッキャと言いながらライントレースを見事に完成させました。   学校を出ると校舎の窓から今授業をした生徒が私たち講師に向かって「プログラミング授業、楽しかったよー、また来てねー」などの声援をしてくれました。こんなことは10年近く授業をして初めてのことだったのでビックリすると共に「可愛い面白い生徒たちだったな」との想いを強くしました。 本件に関する問い合わせ先:kansai@core-net.org

    続きをみる

  • 高校生向け長期講座「起業体験プログラム」を実施

      NPO法人コアネットでは2021年6月から2022年2月まで15回にわたる高校生向け長期講座「起業体験プログラム」を実施しました。 実施校は兵庫県の雲雀丘学園高校で、同校の数ある「探求講座」の一つとして実施しました。 講師は4人、対象生徒は高1、高2の男女受講希望者28人でした。 ●起業体験プログラムの概要 (1)目的: 起業体験プログラム通して将来のキャリア形成に役立てる。併せて社会人としての基礎的な知識を学び身につける。 (2)内容:  ①会社を作り(1社7名4社)、各社それぞれ役員(社長、購買、販売、会計など)を決める。 ②モノ(商品)を企画し、製作し、商品を宣伝、販売する。 ③決算をする(利益を把握する)。※ ④講義の中で企業のルール、マナー、目標、義務、責任、チームワーク、コミュニケーション、討議など会社(企業活動)の基本を学ぶ。 ※起業の疑似体験として、会社を作り、商品を作って販売するだけではなく、販売して決算する(事業の確認)というプロセスが必須と考えています。 ●本プログラムの特長 (1)起業体験プログラムの目指すものは、楽しみながら社会を知り、将来の社会人育成に寄与するところにあります。 (2)人材育成に少しでも寄与する内容を学校の方針、ニーズに応じて提供することを心がけ、担当の先生と協働して授業を進めました(校則等への対応が必要です)。 (3)コアネットの講師は全員、企業実務経験者です。企業の実情をよく知っており現実           に裏打ちされた経験をもとに生徒に社会人としての素養を示し、人材の育成を図りま         す。 ●成果 (1)生徒は授業を通して、通常の授業では得られない企業活動の一端を学び、起業の模擬体験をすることができました。生徒は講師の想像以上に自立した活動をみせ、自主的に商品の企画、製作、宣伝、販売、決算という過程を見事にこなしました。 結果として4班(会社)共に商品を完売、黒字を出す、という大きな成果を上げることができました。 (2)生徒は各段階で研鑽し、自分の意見を述べる、コミュニケーション能力の向上、プレゼン能力の向上が大いに見られました。 (3) 最後の発表で生徒各自がこの起業体験プログラム授業と自分との関わりを述べ、かつ将来への抱負を語ってくれました。本当に素晴らしい発表でした。 サポートさせていただいた講師としても本当に良い生徒さんに巡り合えたという喜びを感じております。 (4)なお、雲雀丘学園高校は令和3年度の文科省キャリア教育文部大臣賞(全国98校)を受賞しましたが。その推薦項目の筆頭にコアネットの起業体験プログラムが挙げられたことは特筆すべき事項です。 ・写真は授業風景と生徒が企画、製作、販売した商品 本件お問い合わせ先:kansai@core-net.org      

    続きをみる