日本の将来を担う若者に、科学に!社会に!人生に!興味を持たせる教育支援活動!!  【理科支援、ものづくり、ロボットプログラミング、野外活動、長期講座、キャリア教育、DX推進】

共創チャレンジ

2021.11.04

法人

チーム名スーパー・シニアのコアネットわかもの塾
共創メンバー鈴木弘成(コアネット)、松村隆廣(コアネット)、良永順(コアネット)
主な活動地域日本
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 地域活性化 / ものづくり、サービス /

私たちの共創チャレンジ

実社会を体験してきた企業OBである“スーパー・シニアたちが、生き方、夢や目標への挑戦などを、ものづくり教室などを通して次世代を担う若者に夢、やりがい、情熱、努力など基本的な人間形成の要素、実社会への繋がりなど自己の経験などを通して伝えたい。また中・高校生については社会科の時間が少なく現実の経済社会について学ぶ機会が少ないので企業OBとして日本企業の力、日本経済の力についても万博のサブテーマにある(いのちをつなぐ)の精神のもと、教育支援活動を取り組む。 

未来への宣言

私達コアネットが目指すのは、若い人が夢を実現させることができる社会、頑張れば報われる働きがいのある社会へのアプローチを示す活動です。
 具体的にお話しすると、私たちは大学で(一部は中学・高校もありますが)就活で初めて将来の仕事(職業)について考えるのは遅いと思っています。私たちは、生徒が学校で将来の職業を念頭に置いた教育を受ける機会が少ないことから、早い機会に職業感を養うことが重要であると考えています。
そのためには、企業人生、社会生活を送ってきた企業OBである私たちがその経験、反省を踏まえ、若い人に夢や目標について語り、彼らの将来の人生、職業を選択するヒント、きっかけを提示していきます。

きっかけ

平成12年(2000年)に生まれたNPO法人です。平成26年(2014年)東京都より認定NPO法人として認定を受けました。東西に事務所を設置し、企業OBの経験と知識を生かし、四つの分野を中心に、東西両本部で支援活動を実施しております。
(1) 小学校から大学院の各種学校に対するキャリア教育支援事業
(2) 小学校から大学院の各種学校に対する教科教育支援事業
(3) 地域の活性化やまちづくり支援事業
(4) 中小企業、ベンチャー企業に対する指導と助言、経営支援事業
 今回共創チャレンジとして関係する教育支援は(1)から(3)までです。
具体的には次のプロジェクト・グループを作って活動しています。
 ①理科支援P-理科のなぜ?不思議?を体験します。 
 ②長期講座P-大学で長期にわたり製造業、日本経済について講義、高校で起業体験講座を実施
 ③ものづくりP-ロボット工作キットスクローラ―の組み立て
 ④野外活動P―山野の自然体験
 ⑤ロボットプログラミングP-ロボットを動かすプログラム作成
 ⑥キャリア教育P-職業について考える出前授業
 ⑦DX推進P-DXを教育の場に広げる活動
●2020年度は新型コロナの影響で多くの授業が中止になったにもかかわらず、教育支援活動では延4,050人 の 児童~学生 を対象に授業を行うことができました(参考;2019年度は延5,921人)。

取組の展開

今後展開したい地域・方法私達の活動は関西地区では現在まだ一部にとどまっています。共創チャレンジに登録して思いを同じくする団体とコラボして大阪府、兵庫県、京都府等の近畿一円の小中高大学に活動を広げたく考えています。
更に、日本の将来を考えたときに、学校教育におけるプログラミング教育支援と中小企業を対象としたICTの活用支援やDX推進支援の肝要となってくるとの思いからコアネットは昨年新しくDX推進Pを立ち上げました。まだ模索段階ですが学校教育ではカバーできないICT・プログラミング教育支援にも注力し、活動分野の拡大を目指していきたいと考えています。
また、会員の出身企業を含め、企業の社会貢献室、SDGs担当部署と共創して若い人に生の社会を知ってもらう機会(社会人出前授業など)を作ることなど検討し、次世代の若者の未来へのチャレンジ・パスポート(職業をはじめとした人生を考える機会)を提示したいと考えています。
共創を希望する方々小中高校、大学生を対象とした人材教育の共創チャレンジとの連携
人材教育に関心のある共創パートナーとの連携
探求活動などで外部社会人授業に興味ある小・中・高等学校
企業を定年退職して社会貢献活動を検討している個人

大阪・関西万博のテーマとの関わり

夢を実現させる次世代の若者に、社会を見る目を育て、将来の自分の職業をどう考えるか、を考えてもらうのは「やってみなはれ」の精神が根付く大阪・関西が適地であること。
また会員の多くが関西企業の出身であることから大阪・関西万博は私達、企業OB(平均年齢70歳)の元気な姿を披露する格好の場所と考える。

SDGsとの関わり

「4. 質の高い教育をみんなに」を選んだ理由
 働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させることが謳ってあり、コアネットの活動と合致すること。
「8.働きがいも経済成長も」を選んだ理由
人はそれぞれ夢を持ち、それに地道に努力することが肝心です。企業OBの私たちは若い人たちが、単に夢を思うだけでなく、それに向かってしっかりと努力することが大切であることの重要さを彼らに伝え、未来に向かって力強く生きて欲しいと願っているからです。若い人たちが情熱をもって行動し、努力することは彼らの働きがいに通じ、日本経済の発展にもつながると考えているからです。

全般的お問い合わせ先:NPO法人コアネット副代表理事(関西本部代表)木坂一彦

mailto:japanidkazuhikokisaka@yahoo.co.jp

個々のプロジェクトのお問い合わせ:担当の鈴木弘成

mailto:hnsuzu@hcc1.bai.ne.jp

活動につきましてはぜひ次々項の2020年度コアネット関西本部教育支援実績概要PDFをご覧ください。