日本の能楽文化を世界に~能装束のデザインを活かした新たな商品開発

共創チャレンジ

2021.11.04

法人

チーム名夙川能舞台 瓦照苑
現在の活動地域 国/地域日本 兵庫
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

日本の伝統文化である能楽。新型コロナウイルス感染拡大の影響により舞台・稽古が行えず、活動自粛を余儀なくされている今、大阪・関西万博に向け、新たな活動をスタート。ものづくりメーカーやWEB制作・広告代理店と協業しながら、能装束のデザインを活かした商品開発や他企業とのコラボレーションを計画中。2025年に向け、関西・日本国内ならず海外にも能楽の魅力を伝え、楽しむ場を提供することができないという課題に、舞台だけではなく、デザインを通じて貢献していきます。
また、能楽ファンのために能楽を楽しむ機会を提供し、国内外問わず広く幅広い世代への認知度の維持・向上を目指します。

■展開したい地域

関西を中心に日本全国、そして親交が深い台湾・ロシアを中心に、国内外問わず世界へ能楽の魅力や芸術性を広げていきます。

■共創を希望する方々

商品展開を希望しているため、能装束のデザインを活かした商品開発が可能なメーカーや団体、プロダクションやクリエイターなどと共創していきたいと考えています。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

万博のテーマでもある「いのち輝く未来社会のデザイン」の根底にあるものは他者の考えを自分なりに理解し、そのうえで自らの意見を正しく主張することができる「相互理解」が必要だと考えます。

世界には様々な国があり、民族がいて、宗教があります。そしてその、個別的に多様な形をとっているが故に起こる対立を回避するためには「自らの心のよりどころ」や「芯」があったうえで相手を認められる人間性、社会性を養うことが必要となってきます。

650年の長き伝統を持つ、「能楽」は、その根幹にある「命を考える」というテーマを理解したうえで、今は亡き作者と「対話」し、先人の「想い」を尊重した上で、自らの考えや想いを表現することで「こころの成長」を促す芸能です。

わが国固有の伝統芸能「能」の精神と魅力、そしてその根底にある「対話」や「想い」再発見することで、「相互理解」の架け橋となれることを目指しています。