地域産木材を活用した「山と都市を繋ぐ」木造空間共創プロジェクト

共創チャレンジ

2021.11.04

法人

チーム名ウッドファースト
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

国土の7割を占める森林資源は、その活用だけでなく適切な管理がされず、その機能低下が近年、問題となっています。他方で2050年には脱炭素社会の実現が大きな社会的課題となっています。
このような問題・課題を解決するためには、森林資源の適切な活用と木材が持つ炭素貯留能力を活かした社会システムづくりが必要だと考えます。そのため、公共建築物、住宅分野はもとより、中高層建築物、非住宅分野などにおいて木材利用を進め、木材を優先的に活用する「ウッドファースト社会」を実現するための取り組みを進めていきます。
また、この取り組みを実現するため、大阪府木材連合会を中心とする多数の会員企業・アカデミア・関係団体によるネットワークを駆使し、木材を産出する山とその使い手となる都市部を繋ぐ試み(具体的には、木材製品の需要供給の情報交換や都市部のユーザーの山元視察体験等)を進めていきます。
日本の様々な地域産木材を活用した「山と都市を繋ぐ」木造空間共創プロジェクトを共創します。また同時に、都市部における木造空間の共創だけでなく、その材料を供給する各地域の林業活性化や地域創生にも貢献することを目指します。

■展開したい地域

林業活性化、木材活用、地域創生を考えておられる西日本を中心とする林業関係団体・企業・自治体・関係団体と連携をしながら、日本の森林文化やSDGs目標の達成と親和性の高い都市木造化の具体化について、イベント、セミナー、マッチング、連携活動などを具体的に展開できればと考えております。

■共創を希望する方々

森林組合、各林業地の自治体、団体、建築・住宅・建材関係企業、木材活用への意識を持つ多様な企業、大学や研究機関などのアカデミアなどの関係者との共創を希望します。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

木材は、持続的な生産が可能な自然資源であり、社会における利活用を促進することは、持続可能な森林経営の実現に繋がるとともに、脱炭素に関連したSDGsの諸目標達成にも貢献します。また、木材を活用した空間を社会に増やすことにより、都市化の進展により世界の諸都市が抱えている環境および健康面の問題を解決すると同時に、快適な空間を提供するによる文化面への良い影響が期待できます。そのような問題意識から、この共創チャレンジでは、社会課題解決に「木材」をキーワードとして貢献をする試みを重ねていきたいと考えています。