グリーンスローモビリティで地域を元気に!

共創チャレンジ

2021.09.03

個人

チーム名チームFGEX大阪
共創メンバー矢木一光(復建調査設計㈱)
山口 満(復建調査設計㈱)
坂口 昇(復建調査設計㈱) 
豊田幸司(復建調査設計㈱)
荒木志帆(復建調査設計㈱)
太田里佳(復建調査設計㈱)
小田雄司(復建調査設計㈱)
石田圭太(復建調査設計㈱)
グェン ズィ ヅェン(復建調査設計㈱)
山本祐輔(復建調査設計㈱)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ地域活性化 / モビリティ、交通 /

私たちの共創チャレンジ

 グリーンスローモビィリティー(略称グリスロ)は、「時速20km未満で公道を走行できる4人乗り以上の電動モビィリティ」です。
 我社では現在、電動カート型のグリスロ2台(4人乗り1台、7人乗り1台)を所有しています。
 所有するグリスロを活用して、高齢化や人口減が進む地方都市(地域)の、自治体(行政)や民間交通事業者、福祉団体などを対象に、①観光支援(回遊性向上の足)、②福祉向上(交通弱者の足)、③地域経済活性(商業施設の利用者増)、④環境保全(Co2排出ゼロ)、⑤交通事故減少(高齢運転者数減)などの様々な観点から、「導入検討(事業内容の検討)、運行支援(運行内容や検証に関する助言)、実証運行(運行内容から運行支援、関係者調整など)」などの支援を展開する。
 

未来への宣言

 我々は、人の移動のラストワンマイルを支援するグリスロと、蓄積した知識、経験および人材と学識者などとのネットワークを最大限活用して、高齢化や人口減少などの地域課題を抱える地方都市(地域)に解決策を提供し、様々な世代が安心・安全で生き生きと暮らせる「住み続けたいと思えるまちづくり」の実現を目指す。

きっかけ

 我社は創立約80年の歴史を持ち、戦後の荒廃した国土の早期復興を目指し、主にハードを中心とした社会資本の整備を担ってきました。
 そうした中、地方都市(地域)のラストワンマイルの移動を支援する、新しい「まちなか公共交通」であるグリスロと出会い、環境省や国交省の受託事業として、福島県、三重県、岡山県、広島県、熊本県などに位置する自治体を対象に、地域の抱える地域課題を分析、評価し、解決策を提案する「グリスロ活用検討調査」の行政支援を行ってきました。
 これまでに蓄積した様々なノウハウや人材が育ってきた今、共創チャレンジを通じて、高齢化や人口減などの地域課題を解決する一つであるグリスロの活用を、広く日本全国に展開していきたいと考えています。

取組の展開

今後展開したい地域・方法 これまでの取り組みは、主に西日本地域となっていますが、今後は広く日本全国に展開していきたいと考えています。
 まずは、西日本地域で蓄積したノウハウと人材、所有するグリスロ2台(電動カート型)はもちろん、過去に行政支援した自治体関係者、指導を受けた大学などの学識経験者、事業化を実現した交通事業者などとのネットワークを活用し、近畿、東海地域の地方都市(地域)の観光支援、福祉向上、地域経済活性、環境保全、高齢者事故防止など、様々な地域課題の解決を支援していきたいと考えています。
共創を希望する方々 共創の希望先として、①地域課題の解決策として グリスロの導入を考えている自治体、②グリスロの導入を考えている交通事業者や福祉事業団体、③ゴルフ場の電動カートのような小さな電動モビリティを開発している企業、④自動運転の技術を持つ、あるいは開発している企業、などの皆様を探しています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

 これまでに交通手段として存在しなかった、新しい「まちなか公共交通」であるグリスロを展開することで、観光支援(回遊性向上の足)、福祉向上(交通弱者の足)、地域経済活性(商業施設の利用者増)、環境保全(Co2排出ゼロ)、交通事故減少(高齢者の運転削減)につなげて地方都市(地域)を元気にするとともに、高齢者などの交通弱者はもちろん、あらゆる世代が安心・安全で生き生きと輝く「まちづくり」の実現を目指しています。
 この目指す方向は、大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に密接に、強力につながるものと考えています。

SDGsとの関わり

 高齢化や人口減少などで、地域活力が減退していく地方都市(地域)の社会課題の解決策の一つであるグリスロの活用は、「まちなか公共交通(交通弱者や観光支援の足など)」としての役割を通じて、「11住み続けられるまちづくりを」の実現に貢献できるものと考えています。
 あわせてグリスロは、Co2を排出せず「脱炭素社会の実現」にも貢献でき、環境保全の点でも「11住み続けられるまちづくりを」を推進できるものと考えています。

会社名  復建調査設計株式会社

担当部署 大阪支社 営業課

担当者名 坂口 昇

アドレス sakaguchi@fukken.co.jp

電話番号 050-9002-1768(代表)