若者たちの活動をつなぎ、若者たちの活動をサポート、推進するプロジェクト

共創チャレンジ

2021.06.11

法人

チーム名Youth Consortium JAPAN
共創メンバーYouth Consortium Japan 実行委員会
(学生団体てらふる茨木支部 片桐、学生団体ISSEN 国分、学生団体とくとみよ 高瀬、学生団体UN!light 大窪、飯田貴将、株式会社ネオ俱楽部里村、株式会社ネオ俱楽部米元)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 安全・防犯、セキュリティ / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 地域活性化 / 生物多様性、自然環境、生物 / コミュニティ・まちづくり、住まい / ダイバーシティ、インクルーシブ / Society5.0 / 海外支援・協力、国際交流 / 人権 / 食 / 観光、インバウンド / 海洋、水 / 農業、林業、水産業 / 生活用品、ファッション / 環境、エネルギー / 循環型社会、サーキュラーエコノミー / 働き方改革、健康経営、ワークライフバランス / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

私たちは、「未来を若者たちの新しい価値観で創造し、若者たちと大人たちが共生できる、持続可能な仕組みを構築する 」をコンセプトに、全国各地で社会貢献活動を実施している若者団体、個人を「つなぐ」ということで、それぞれの課題や事例の共有、拡散を行い、活動を加速させるサポートをしています。 
具体的には、若者団体、個人がつながるプラットフォームを運用し、各団体の活動の情報発信(SNS等)や事例共有、共創を生みだすマッチング、各種イベントなどを実施し、「つなぐ」取り組みをしており、
現在では、全国で約200団体、約1,000名の若者団体、個人がつながり、共同で社会課題の解決に取り組んでいます。(※数値は2021年6月時点)
このように、若者団体、個人がつながり、共同で課題解決を目指す持続可能なシステムを
2025年度までに仕組みとして構築し、SDGsを推進していきます。

未来への宣言

世界中の若者たちをつなぐ、世界中の若者たちの活動をつなぐ、世界中の若者たちと社会をつなぐ
若者たちによる新しい価値観で、若者たちと大人たちが共生し合うことで、社会課題の解決に繋がる
持続可能な社会を構築し、子供たちや若者たちが未来に希望を抱ける社会創りを目指します。

きっかけ

若者、学生たちによる社会貢献活動が全国で活発に行われています。
そのような活動団体をつなぐ、その活動をつなぐ、というサポートをすることで、
日本全国で活動をより促進することができれば、日本社会全体での課題解決が促進していけるのではないか?
そして、若者たちの活動と社会が連携し共生することができれば、課題解決はより大きな促進に繋がっていくのではないか?引いては、それがSDGs推進活動に繋がるのではないか?

私たちは、若者たちの活動を全国で「つなぐ」こと、若者たちの活動を社会と「つなぐ」こと、
その結果、世界が抱える様々な課題を、若者たちと大人たちの共生によって課題解決していくため、本チャレンジを続けています。

2000年:旅行事業にて株式会社ネオ倶楽部創業
2019年:福岡本社、東京営業所、大阪営業所3拠点において、学生団体を中心に、全国の約2,000団体、約12万人の若者たちとの取引を達成
2020年12月~:YOUTH CONSORTIUM JAPAN(以降YCJ)設立準備室設置、日本一若者たちと会話するプロジェクト、開始
2021年5月末:YCJ連携ネットワーク170団体

◆若者の社会貢献例
SDGs啓蒙活動 / 地方創生 / 農業活性 / 性教育・ジェンダー問題啓蒙活動 / ロス食品を活用した商品開発 / 小中学生向けの教育支援、居場所支援 /高校生向け探究授業支援 / 教員支援 / ホスピタルアート啓蒙活動 / 高齢者見守り活動 / 発展途上国への教育支援 / 遊休地活用した農業支援 / フェアトレード商品販売による国際支援 / その他多数。

取組の展開

今後展開したい地域・方法2021年度中には、日本全国の学生、若者団体10,000団体との連携ネットワークを構築
2022年度中には、東アジア、東南アジアの学生との連携ネットワークを構築
2023年度以降、中央アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニア、などの連携ネットワーク構築
2025年度中までに、世界各地での若者連携ネットワークを構築
共創を希望する方々世界が抱える課題を若者たちと共に解決していく事に共感して頂き、
社会貢献活動をしている若者団体、個人への活動サポート、各種SDGs推進プロジェクトの共同開催、各種イベントの共同企画等にご協力いただける企業、自治体、団体の方々。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

若者の持つ価値観、アイデアで、社会の抱える共通課題を解決し、新しい社会の仕組みを構築することで、持続可能な未来「いのち輝く未来社会」につながると共に、大阪・関西万博のテーマを共有し拡散し共感を広げていきます。

SDGsとの関わり

世界各地でSDGs目標達成に向けて、様々な若者たち、国、行政、自治体、企業、研究機関、教育機関、団体、などがそれぞれに取り組みを推進している中、ばらばらで活動するのではなく、若者たちの活動を日本全国で繋ぐことで、若者たちから、日本全体、世界全体で協力し合って促進していくムーブメントを作り上げ、人類全てでゴール達成に繋げていく。人類全てが協力し合うことができれば、全部の目標達成促進に寄与できるから。

【お問合せ先】

Youth consortium Japan 事務局 担当:里村

satomura@youth-consortium.jp