蓄光印刷技術を用いた明るい世界作り

共創チャレンジ

2021.08.03

個人

チーム名OPPC&FCE&隆華
現在の活動地域 国/地域日本
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

明るい所で光を蓄え、暗い所で発光する蓄光顔料を印刷したフィルム・材料を用いて、停電時にも真っ暗にならない壁紙、パッケージ等の偽造防止、レインコート・ショッピングバックへの活用による暗い中での安全性向上など、美粧性+機能性を活用した事故防止策を推進し、安心安全な「明るい世界作り」に挑戦します。

■展開したい地域

現時点で商品化できるのは、食品等のパッケージ、ショッピングバック、封筒だけですが、それ以外の分野にも広げていきたいです。グラビア印刷は、建材、雨具、缶・容器等、メーカー様との連携により様々な製品を生産可能なので、食品メーカーに限らず、あらゆる分野に展開したいと考えています。共創いただける方々と活動エリアを世界中に広げていきたいと考えております。

■共創を希望する方々

壁紙や建材の加工、パッケージや容器、缶、傘、うちわ等の加工が可能なメーカー、加工した部材の許認可をお手伝いしてくださる方、蓄光印刷を施した製品を市場に流通していただける方を探しています。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

明るい所から暗い所に持って行く、ライト等で照らした部分だけ光るので、デザインや演出要素も広がる。また機能性を付与でき、例えば蓄光壁紙を貼った無窓の施設は、停電時にも壁が光るのでパニックも起きないし人が衝突する事故も防げる。暗い所で光るショッピングバックや封筒は、暗い路地に入っても光っているので交通事故防止に役立つ。レインコートはテーマパーク内で着ると行列でも傘を差さずに済むので他の方に傘がぶつかる心配がないし行列も短くなる。お土産等のパッケージの偽造防止は、ブランド価値や製造者を守る手段として社会的に役立つ。安心安全の付与は、いのち輝くという万博のテーマに沿っていると思います。