堺の魅力を発信!堺市立東百舌鳥中学校「堺巡り」の取組

共創チャレンジ

2024.03.27

法人

チーム名東百舌鳥60実行委員
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

「堺巡り」は堺市立東百舌鳥中学校の1年生が主体的に実施する校外学習で、①主体的に計画を立て、学びを深めようとする力を養う、②生まれ育った地域の文化を知り、郷土愛をはぐくみ、魅力を発信できる人になることを目的に、近年実施しているプログラムです。
2023年度からは、校内で「校外学習実行委員」を募集する際に、エントリーシートを導入し、自己申告により、生徒たちの得意分野を生かした運営ができるよう取り組んでいます。
この「堺巡り」を通じ、中学生の時代に、自分の住んでいる地域の歴史、文化、伝統を主体的に学び、より深い理解につなげたり、地域の文化や産業、経済活動を学び自分自身の進路を考え、働きがいのある暮らしについて考えるきっかけにつながることをめざしております。また、今まで行ったことない地域の博物館、飲食店、寺社などのコミュニティと交流し、自分たちの住む都市とは何か、どのような歴史があり、今後も地域の持続可能のために自分にできることは何かを考えるきっかけにもしていければと思っています。



■チャレンジのポイント <主体的な運営><ICTの活用><堺市の魅力を発信> エントリーシートで先行された22名が5つの班に分かれて校外学習「堺巡り」を運営。 生徒からの発案で、事後学習では、各班が体幹した「堺市の魅力」をPower Pages(※)のサイト上で発信することとなった。 今後は共創パートナーである堺市と連携し、堺の魅力をより効果的に発信できるよう、取組を深化させる。 (※MicrosoftのWebサイト作成プラットフォーム。Microsoftアカウント保持者かつリンクを知る者のみへの公開)

■展開したい地域

堺市

■共創を希望する方々

堺市、堺市内の企業・団体、堺市内外の児童生徒や学生

■大阪・関西万博テーマとの関わり

堺市は、万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」の具体化、「堺市基本計画2025」で掲げる都市像「未来を創るイノベーティブ都市」の実現などに向けて、万博を契機とした取組を進めます。
堺が「未来社会の実験場」のフィールドとなり、これまで実現できなかった新たな取組にチャレンジし、堺の持つ可能性を最大限に発揮することで、すべての人が未来に夢と希望が持てる都市をめざします。