地熱蒸気を活かした珈琲焙煎と交流拠点づくり

共創チャレンジ

2024.03.27

法人

チーム名地熱珈琲
現在の活動地域 国/地域日本 熊本
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

SDGs未来都市に認定された熊本県阿蘇郡小国町にあるわいた温泉郷は、豊富な温泉蒸気を活かした地域づくりに取り組んでいます。温泉旅館運営は元より、地元住民で地熱発電会社を運営したり、木材や食品の乾燥に地熱蒸気を活用するなどして、産品の更なる価値化に努めています。
地熱珈琲は、地熱蒸気を使った生豆の50℃洗いと、地熱蒸気で蒸してから焙煎するちょっと変わった珈琲焙煎所です。このように、地熱蒸気の新たな活用法を見出すことと、少子高齢化・過疎化が進む当町で、関係人口・交流人口を増やすため、様々な人たちが集う交流拠点づくりを通して、地域経済活性化へ寄与したいと考えています。

■展開したい地域

地熱蒸気を活用した、新たな事業展開

■共創を希望する方々

①SDGs関連、自然エネルギーや再生可能エネルギーに興味のある企業・組織・団体など
②地域資源を活かした町づくりに興味がある方

■大阪・関西万博テーマとの関わり

地域が地域らしく、ヒトがヒトらしく、豊かに暮らせる持続可能な町づくりの創造が、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現に繋がると考えます。