食で創る輝くいのち! 〜食は生命の源〜

共創チャレンジ

2021.06.01

法人

チーム名野菜で健康推進部会
現在の活動地域 国/地域日本 東京
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

目的は「野菜を通じて継続的な人々の健康維持・促進の達成」であり、そのために必要な活動を以下に記します。
1)継続的な質の高い野菜作りを実現するために、土壌構成成分や気候(旬)要素を加味した試験栽培を進めます。2)食材の健康に有用な成分を無駄なく、しかも美味しく摂取するための調理方法及び食べ方の提示、普及活動を進めます。3)生鮮食品の的確な機能性表示ができるよう、販売店様への勉強会及び店頭表示・評価等を進めます。4)消費者自身が的確な食材の選択ができるよう、セミナー、展示、書籍等による情報発信を進めます。5)食がもたらす健康への影響を、抗酸化力などの、成分含量以外の評価による見える化を進めます。6)食品残渣や植物由来廃棄物等を、良質な野菜つくりに再利用できる仕組みの構築を進めます。

■展開したい地域

健康に良い野菜を作って人々の健康維持に寄与する責任とともに、それら野菜(食物)をきちんと評価して流通、加工、消費を都市部を中心に全国へ波及させ、「食べて健康」(21世紀型、医食同源)を実現させたい。また、可能な限りリサイクルするシステムの構築を通じて、捨てるから使う社会への変革を支援して行きたい。

■共創を希望する方々

消費者の健康を意識しているスーパーなどの小売店、野菜の質向上に関心があり土壌、環境、食に関連する相手、あるいはクリーンなリサイクルシステムを研究、実証、実装化できる相手を希望する。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

救う:
食は生命の源で、その食の中でも我々の体に必要なミネラル、ビタミン、食物繊維の多くは野菜から摂取している。人々の命を支える「食」の質を高めるには、まずは野菜の摂取を増やし、健康寿命の延伸に繋げる。
力を与える:
情報発信・食育活動を通じ、消費者には、健康な未来に必要な行動を自ら考え直し、自信を持って選択してもらう。
つなぐ:
母親の食生活が子供の腸内細菌に影響を与えており、自身の健康が子孫の健康に繋がっていると言われている。質の良い野菜の摂取は、次世代(未来)へ健康社会を繋げるという大きな役割を果たすものと考える。