アートコミュニティプロジェクト

共創チャレンジ

2023.11.02

法人

チーム名МOA美術館関西友の会ネットワーク
共創メンバーМOA美術館美術文化インストラクター(関西)
МOA美術館友の会(関西)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 文化・芸術(アート) / 地域活性化 / コミュニティ・まちづくり、住まい / 海外支援・協力、国際交流 /

私たちの共創チャレンジ

 アートには、人を癒し、情操を高め、人と人をつなぐ力があります。МOA美術館美術文化インストラクターは、多様な個人団体と協働して、花体験、光輪花クラブ、茶の湯、美術鑑賞に加え、児童作品展等、アートの力で、情操を養い、大自然を大切にする心、いきがい、心身の健康を育み、世代間交流、日本文化体験から国際交流を進めます。そして、これらの事業を通して、あたたかいコミュニティの創出に貢献します。

未来への宣言

一人ひとりが、日常生活で美を楽しみ、心身の健康と幸福を大切にして、あたたかいコミュニティづくりから、国際交流へと広げ、以下の目標に貢献します。
① 未来を担う子どもたちがアートを通して情操を養い、平和な社会づくりに貢献する
② 絵画やいけばなを通して、未来社会の大自然を大切にする心を養う。
③ インバウンドの訪日客に茶の湯やいけばななどの日本文化を体感してもらう

きっかけ

大阪・関西万博を契機として、МOA美術館美術文化インストラクターが、МOA美術館児童作品展実行委員会をはじめ、多くの方々と協働し、アートによるコミュニティづくりを進めていく。

取組の展開

今後展開したい地域・方法関西全域
①  МOA美術館児童作品展による世代間交流、国際交流
②  情操教育としての花・茶の湯・美術鑑賞体験の推進
③  アートヘルスケアとしてのお花・茶の湯・美術鑑賞体験の日常生活への定着とひろがり
共創を希望する方々アートによる情操教育、ヘルスケアやコミュニティづくりに関心のある、行政、教育、医療、福祉関係者

大阪・関西万博のテーマとの関わり

アートによる感動は、「Empowering Lives(いのちに力を与える)」。そして、アートによって人種や国境をこえて人と人、人と他文化、過去と現在をつなぐことは、「Connecting Lives(いのちをつなぐ)」ことであり、豊かなコミュニティの創出、「いのち輝く未来社会」につながる。

SDGsとの関わり

 ③ 保健 アートによって心身の健康づくりを進める
 ④ 教育 美による情操教育を進める
 ⑯ 平和 美によって、心の安寧をはかり、情操を高め、価値観の異なる人との相互理解、国際交流を深める

アートコミュニティプロジェクト事務局

moaacp1@gmail.com

このチャレンジの投稿

  • お花のいけこみ(羽曳野市役所来客応接室)

    羽曳野市役所の来客応接室へお花をいけこみさせていただきました。表敬訪問など大事なお客様をお迎えするにあたり、見る人へ季節を感じていただけるようにと願いを込めていけました。 今回は「レンギョウ・アルストロメリア・フリージア」です。春を告げるように咲き始めたレンギョウ、その枝の間から顔をのぞかせている黄色いお花は卒業・入学シーズンを彩るお花として有名なフリージアです。 花言葉は「感謝」です。 

    続きをみる