観光地の新しい当たり前「ツーリストシップ」

共創チャレンジ

2021.05.08

法人

チーム名千恵の遺産
共創メンバー福田、原、抱、田辺、桜井
主な活動地域日本 / 京都
活動テーマ観光、インバウンド / 地域活性化 / ものづくり、サービス / コミュニティ・まちづくり、住まい /

私たちの共創チャレンジ

観光客と住民が共生できる観光地を創るために、ツーリストシップの普及・共有を行っています。
ツーリストシップとは、スポーツマンにスポーツマンシップがあるなら、ツーリストにもツーリストシップがあってもいいとの発想から生まれた造語で、それぞれがお互いに寄り添っていこうという考えを基本とします。様々な文化風習をもつ人が集まる観光地では問題が起こりやすいですが、ツーリストシップを世界中の観光地と共有した先に、みなが楽しい観光地を築けると考えています。

未来への宣言

スポーツマンシップと同じくらい「ツーリストシップ」を有名な言葉にし、
200年間放置され続けた観光地の課題に皆で終止符を打ちたいと考えています。
ぜひ、寄り添い溢れる皆が楽しい観光地を創っていきたいので、宜しくお願い致します!

きっかけ

代表が大学3回生の時に、始まった活動です。(現在は社会人として活動中)
ぜひ、一人でも多くの方に「ツーリストシップ」を知っていただき、ご賛同いただき、一緒に新しい観光地を創っていきたいと考えております。
また、万博を機に、世界中の観光地に発信していきたいとも考えております!宜しくお願い致します!

取組の展開

今後展開したい地域・方法現在は京都と奈良で展開をしており、今後日本全国の観光地に広めていきたいと考えております。方法は、対話を中心とした「誰一人残さない」ボトムアップ型を目指しています。
共創を希望する方々観光に携わる全ての方。そして、観光がお好きな方。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

いのち輝く未来社会をデザインする一つの手段として、ツーリストシップは、観光地に集う全ての人を輝かせるという点で、お役に立てるのではないかと考えています。

SDGsとの関わり

ツーリストシップの醸成は、世界の文化遺産及び自然遺産の保護・保全につながり、地方の文化振興・産品販促、責任ある消費につながると考えているためです。

私たちは、ツーリストシップを広めるために、様々なアプローチしております。

to観光客の皆様

 ●ツーリストシップの証のブレスレットの企画・販売(写真は京都版で京くみひもを使用)

  →詳しくはこちら

 ●宿泊施設での冊子配布(写真は、表紙)→詳しくはこちら

 ●修学旅行生の事前ワークショップ 

 ●メディアの作成

to住民の皆様

 ●プロジェクトの実施 →詳しくはこちら

 ●ワークショップの実施 →詳しくはこちら

 ●メディアの作成

イベント

  • インスタ映え? ーツーリストシップを考えるワークショップー

    日時2021.07.01 20:20〜 21:00
    場所ZOOM
    共創チャレンジ観光地の新しい当たり前「ツーリストシップ」

    続きをみる