国内5世界自然遺産(屋久島、白神山地、知床、小笠原、奄美沖縄)に見る自然と社会の共生と未来に残すべき人類の遺産

共創チャレンジ

2023.06.21

法人

チーム名イベント学会、世界自然遺産5地域会議
現在の活動地域 国/地域日本
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

日本の世界自然遺産5地域の関係市町村、民間企業、活動団体、関係機関等が幅広く結集し、連携、協力することを通じて、自然遺産地域の課題や注目すべき先進的事例について情報交換するとともに、日本型自然保護理念「共生」=「環境文化」理念を深め、保護と振興の両立モデルを提示することにより、5地域の持続的発展の新たな契機とします。またこれらの成果を大阪・関西万博を通じて広く国内外へ発信し、日本の世界自然遺産の在り方を世界規模で提示していくことにより、結果として地球の持続的利用の実現につなげていくことを目指します。

■展開したい地域

国内の世界自然遺産5地域の代表者が、5地域内や大都市内で定期的に会合を重ね、情報発信を行うとともに、互いに連携し、5地域のフィールドや地元の人々の知見・活動経験を活用した、全国・世界の人々を対象とする研修などの取り組みを進めていきたいと考えています。

■共創を希望する方々

当チャレンジの内容に関心を持ち、共創を希望される企業、団体、自治体、教育機関、NGO・NPO、個人など。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

世界自然遺産5地域でこれまで行われてきた自然と共生する地域づくりの多様な実践は、いわばSDGsの先行事例と見ることができ、また住民市民参加を事業推進の大きな柱としてきたものです。ベースになっている「自然と社会との共生=環境文化」という理念の先導性は、「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマに貢献し、このテーマの普及や様々な団体との連携、協働の可能性を高めることができます。