社員証等で使用されているICカードを捨てずに再利用しよう

共創チャレンジ

2023.04.25

法人

チーム名株式会社アイアンドディ ICカード再利用プロジェクト
現在の活動地域 国/地域日本
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

現在日本では、社員証、学生証、ポイントカード、交通系カードなど、あらゆる場面でICカードが使用さており、社員証で使用している大企業においては、社員が異動、退職が発生するためにICカードを廃棄し、新たに再発行をしています。企業によっては、年間数千枚~数万枚のICカードを廃棄しているのが現状です。
ICカードは、ICチップが搭載されており、重要な資源であるレアメタルが使用されているため再利用は必要です。また、基材にはPVC素材も使用されており、廃棄における環境への影響もあります。
私たちは、ICカードを再利用できるシートの開発を行い、1枚でも多くのICカードを再利用する社会を目指し、資源の再利用、環境問題への取り組みと有効的なICカードの利用に貢献できるようチャレンジしていきます。

■展開したい地域

社員証等でICカードを使う全国の法人、官公庁。

■共創を希望する方々

再利用意識が高く、社員証等をICカード利用している大企業、官公庁。

■大阪・関西万博テーマとの関わり

ICカードを継続的にリユースして使用することは、
大阪万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」です。