伝え方・受けとめ方で叶える!働きやすい職場づくり

共創チャレンジ

2024.05.21

法人

チーム名伝え方で叶える!職場革命プロジェクト
現在の活動地域 国/地域日本
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

人手不足が深刻化する中で、若者の早期離職やメンタルヘルスに関する課題も深刻化しています。離職の理由として、職場の人間関係やコミュニケーションが上位を占めています。

人間関係の悩みの多くは、コミュニケーションギャップにあると考えます。これは、年代の違いによるものだけでなく、性格や価値観の違いからも起こります。弊社は、16年間のべ12万人の統計データを元に、人の性格を2軸で4タイプに分けて、性格の違いで起こるコミュニケーションギャップを解決するメソッド「性格統計学」を考案しました。

相手との「性格の違い」を知ることで、伝える側は、相手に伝わりやすい言葉を選ぶことで指示が通りやすくなり、受けとめる側は「自分と違う考え方の人」とみることでストレスを最小限にとどめて関わることが可能となり、メンタルヘルス改善の効果も期待できます。

私たちは、このプロジェクトを通して、職場で起こるコミュニケーションギャップの原因と対策を体系化し、働きがいある職場づくりに貢献することを目指します。

以下の流れで検討します。

実際の職場における実情を
1,職場でおこっているコミュニケーションギャップを調査します
2,伝え方・受けとめ方による解決法を実践し、効果を検証します
3,コミュニケーション支援アプリを活用した研修の科学的効果の評価を行います

■展開したい地域

日本|オンライン・全国
1、オンライン・ワークショップの開催
2、臨床評価を活用して、科学的にこのメソッドを検証する
3、活用事例の共有
4、オンラインでの情報交換

■共創を希望する方々

■働きやすい職場で仕事をしたいすべての方々

■従業員のエンゲージメントを高めたい企業様

■大阪・関西万博テーマとの関わり

私たちの活動は大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」とも深く関連しています。

■私たちは、会社で働く人々が自分自身を理解し、自己肯定感を持ち、自分が望む生き方で働けるような環境を作り出すことを目指しています。これにより、個々の従業員が自分らしさを大切にし、自分の強みを活かして働くことが可能です。