見るだけじゃない、
あなたが主人公になる万博がはじまります。

「TEAM EXPO 2025」は多様な人たちがチームを組み、多彩な活動で大阪・関西万博とその先の未来に挑む、みんながつくる参加型プログラムです。

新着情報

  • 2024.03.
    04
    みんなの投稿

    \新聞形式プリント教育法「新プリ」キャラのマンガ/No.51

  • 2024.03.
    04
    共創チャレンジ

    学生が音楽を通じた新しい国際交流~e-Symphony~に挑戦

  • 2024.03.
    04
    共創チャレンジ

    段ボール廃材を工作キットにSustainable Toy 「SDKids(えすでぃーきっず)」

  • 2024.03.
    04
    みんなの投稿

    【市外イベント】大阪府健活10ワクワクEXPOに参加(令和6年3月2日)

共創チャレンジ

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • 段ボール廃材を工作キットにSustainable Toy 「SDKids(えすでぃーきっず)」

    次世代へつながるよりよい環境つくりの目標と、子どもたちの創造性を養う目標を、「段ボールの廃材」で「捨てる前に役立てる」ことを通して実現する取り組みです。弊社でも段ボールケースを製造する際、多くの端材が廃材として発生しますが、それらはすべて回収しリサイクルして再度段ボールになります。リサイクルに回すことも大切ですが、端材の形は様々で丸や三角など成形したかのようなものもあります。その端材を集めて工作キットとし、子ども向けのワークショップを開催し、決められた材料で決められたものを組み立てるのではなく、自分で工夫して何かを作りあげることで創造性を実践します。段ボールは95%以上回収されリサイクルの仕組みが確立し、段ボールの材料は90%以上が古紙でリサイクルの優等生と呼ばれています。確立されたリサイクルシステムの一端を担うことで、循環型環境の重要性を学んでほしいと考えます。この取り組みを、持続可能なTOYで子どもたちがSDG’sを体感できるようにと、「段ボール廃材の工作キットSustainable Toy SDKids(えすでぃーきっず)プロジェクト」と名付けました。全国の同業他社の段ボールケースメーカーに声をかけ参加をつのり広げていきたいと思います。

    続きをみる

    チーム名パックインタカギ&高木包装
    共創メンバー高木美香 杉本智史 日高慎二(X+) 九州ダンボール㈱ 西垣靴下㈱ 吉岡印刷㈱ ㈱シンエイ企画 F&A㈱ ㈱wyze iD factory ㈱奥村組 ㈱印房広田 ナカジマデザイン ㈱いち屋 田谷商店 HONESTIES㈱  NSW㈱ 北村和郎(ダイヤモンド経営者倶楽部) 旬の魚と野菜、月山 三宝化成㈱ 仲商店㈱ ㈱奈良クラブ ㈱喜望大地 ㈱ホットスタッフ奈良南 エネックス㈱ 学校法人太陽学院 TCY Machinery 梅乃宿酒造㈱ ㈱ベレイマージ ㈱SONAS 旭紙業㈱ ヘキサ・ジャパン㈱ ヌーベル化学工業 一般社団法人 日本食品包装協会 関西連絡事務所 神田産業㈱ ㈱タクサン colodesign ㈱鍜治田工務店 平和工業㈱ ㈱スイデン 有功社シトー貿易㈱ コバシ㈱ 梅花女子大学 ㈱和気 旭マシナリー㈱ ㈱ムラタ漢方 鶴田美香子 洛西紙工㈱ けんたろう しょう 成和化学工業㈱ ㈱宝屋本店 ㈱アウル ㈱幸 ㈱スナグル ㈱M&K ㈱Soseiパートナーズ ㈱サテリト ㈱エトワール ㈱クールデリュミエール 医療法人生樹会渡辺病院 合同会社A&A ㈱eo fix 合同会社Y east グランテージ聖 ㈱ルートスロープ ㈱メイク 天馬㈱滋賀工場 石田インキ工業㈱ ㈱高浄 ㈱深山 大阪支店 森ノ宮医療大学 近藤印刷工業㈱ 認定こども園七松幼稚園 ㈱メイワ 高津紙器㈱ ㈱イトーキ 佐藤薬品工業㈱ 福田工業㈱ サナダ精工㈱ ㈱シモジマ 総務省地域力創造アドバイザー ㈱まほろばホールディングス ㈱バンビシャス奈良 愛媛製紙㈱ 葛城市立忍海小学校 ㈱オリジナル 天馬精密工業(中山)有限公司 ㈱ベルーナ ㈱ナースステージ ㈱ROUTE88 フロンティア産業㈱  奈良県介護実習・普及センター ㈱モリサキ ハニーシート㈱ ㈱日慶商会 荒めぐみ ㈱ダイコー 九州包装機材工業㈱
    主な活動地域日本 和歌山
  • 学生が音楽を通じた新しい国際交流~e-Symphony~に挑戦

    私たちは2025年大阪・関西万博での世界100ヵ国の学生とのオンラインオーケストラ「e-Symphony」開催を目指しています。

    続きをみる

    チーム名a-tune
    共創メンバー吉川馨、竹花実彩、渡邊葵生、長谷川実紀、波左間鯨太、辻永詩歩、小林泰之、山佐百合香、奥村浩樹、張心藝、松岡美響、川嵜玲、森聖梨奈、坂下空蒼、武田莉奈、戸野本彩、中島正裕、いき、中野笑里、吉田花梨、渡邊雄之介、上川内杏海、比嘉笑花、真鍋秀隆、高本咲貴、野々山愛梨、大西二千夏、河合求真、佐藤颯太、ZHAI YUJIA、荒木志織、小田明香、大池希乃、福山恵、伊藤瑞樹、鮫島慈敬、谷夏帆、PARK JINWOO、高橋紘喜、松井琴映、木村優介、Lorenzo Querol、髙木海那、加藤礼、服部磨奈
    主な活動地域日本
  • 1杯のコーヒーからエシカルな選択をはじめよう!

    ①SDGsに取り組むカフェにおいて、具体的な実施内容を取材します。 取材のテーマ例:フェアトレード・紙ストロー・マイボトル・フードロス削減など ②様々な人に届くように、3パターンの投稿を作成します。 ※1 写真と文字ベースの投稿 ※2 動画と音声ベースの投稿 ※3 動画と文字ベースの投稿 ③SNSにて発信します。(Instagram:Ethical_Good_Coffee)

    続きをみる

    チーム名Ethical Good Coffee
    共創メンバーなし
    主な活動地域日本 神奈川
  • 食品ロスや使い終わった油を大切な資源に。リサイクルで循環型社会の実現を。

    「食品ロスや使い終わった廃食油も大切な資源でリサイクルできる」ことを認知してもらえる取り組みにしたいと考えます。 例えば、子ども食堂・フードドライブに廃食油回収スポットを設置することで、食品ロス削減や食育とともに、環境学習の場も提供できるのではないでしょうか。また、廃食油回収スポットだけでなく、廃食油で作るキャンドル体験なども実施し、リサイクルを実感できる場の提供いたします。 この万博を通じ、私たちの取り組みを知ってもらい、共に取り組んでもらい循環型社会の実現を目指します。

    続きをみる

    チーム名浜田化学株式会社 広報チーム
    共創メンバー浜田化学㈱
    主な活動地域日本 奈良
  • ダンスのまちいずみおおつプロジェクト

    ダンスの魅力ってなんだろう。音楽が鳴ると自然にからだが動き出す。笑顔になり、元気になれる。そんなパワーがあります。ダンスをとおして年齢や国籍など問わずにつながれる。 わがまち泉大津市にはそんな出会いの場がたくさんあります。さまざまなイベントをとおして青少年の育成活動や認知症の予防などダンスでまちを盛り上げ、地元いずみおおおつから大阪・関西万博の魅力とともに世界へ発信します!

    続きをみる

    チーム名ダンスのまちいずみおおつ実行委員会
    共創メンバーダンススタジオきらり⭐️ 泉大津市総合型地域スポーツクラブ(OZUスポ)
    主な活動地域日本 兵庫
  • ~おかやまSDGsチャレンジ ~ 森林資源を活用したカーボンニュートラルの取り組み

     日本の森林資源は本格的な利用期を迎えており、“伐って、使って、植えて、育てる” という森林の健全なライフサイクルを実現する必要があります。ここ岡山での地域活性化実現のためにも適切な森林の管理と利用が求められていますが、森林所有者の森林経営意欲の問題や森林の管理・整備コストの問題で、利用されないままの森林が増加しています。  そこで、NTT西日本岡山支店・地域創生Coデザイン研究所は、真庭市と木材生産を継続しつつICTの力を活用しながらエネルギー利⽤やカーボンクレジットの創出などによる森林資源の価値向上をめざし、森林デジタル化とCO2吸収量「視える化」の共同実証を行いました。この実証では、真庭市内の森林を対象に、ドローン空撮による樹種・材積量をデジタルデータ化、画像データのAI解析、およびレーザ測量を行い、従来の人手による森林調査に比べ大幅な省力化を実現しました。調査データをもとに、森林の収支シミュレーションやCO2 吸収量算定を実証しました。

    続きをみる

    チーム名NTT西日本 岡山支店
    共創メンバーNTT西日本 岡山支店 地域創生Coデザイン研究所
    主な活動地域日本 広島
  • 世界と大阪を繋ぎます!

    大阪で増加するインバウンド需要に対応できるよう、言語教育だけでなく、異文化理解を深める様々なワークショップやイベントを開催することで、地域の飲食店や販売店を言語・文化の面でサポートします。また、海外で活躍したい人達を、言語・文化の面で育成します。

    続きをみる

    チーム名Team Naniwa
    共創メンバー(株)アップルケイ・ランゲージ
    主な活動地域日本 兵庫

レポート

(公社)2025年日本国際博覧会協会からの「TEAM EXPO 2025」プログラムの活動状況報告です。

  • 協会

    「Co-Design Challengeプログラム」の特設ページについて

    Co-Design Challengeプログラムの特設ページを開設しました!                        「Co-Design Challengeプログラム」及び、各選定事業の進捗状況や開発過程を幅広い層の方に知っていただくため、「Co-Design Challengeプログラム」の特設ページを開設しました! 「Co-Design Challengeプログラム」特設ページには、随時、情報をアップしていきますので、是非ご覧ください! https://www.expo2025.or.jp/co-creation-index/co-design-challenge/ そもそも「Co-Design Challengeプログラム」とは                              <Co-Design Challengeプログラムとは> 「Co-Design Challengeプログラム」は、大阪・関西万博を契機に、様々な「これからの日本のくらし(まち)」 を改めて考え、多彩なプレイヤーとの共創により新たなモノを万博で実現するプロジェクトです。 (詳しくは、「Co-Design Challengeプログラム」特設ページまで!) <Co-Design Challenge 2023とは・・・> 運営参加特別プログラム「Co-Design Challenge」(「Co-Design Challenge 2023」という)は、「大阪・関西万博を契機に、“これからの日本のくらし(まち)をつくる”」ことをコンセプトに、「①万博を機会として、新しい「何か」をつくること」「②共創の取組であること」「③デザイン視点で取り組むこと」「④大資本でなくても取り組めること」の4つの特徴を持つプログラムです。 「Co-Design Challenge 2023」には、12事業が選定され、アドバイザーや関係団体等と共創しながら、開発を進め、大阪・関西万博での実装を目指しています。 随時、「Co-Design Challengeプログラム」特設ページにて開発プロセスを発信してまいりますので、是非ご覧ください。 ~新着情報~                                                ■インタビュー記事 【コクヨ株式会社】  2024.2.27更新 Vol.1 「万博で『木育』の輪を広げる」 老舗文具メーカー 変革の試金石に           Vol.2 「万博で『木育』の輪を広げる」 老舗文具メーカー 変革の試金石に 【丸紅株式会社】  2024.2.29 更新 Vol.1 「何度でも生まれ変わる循環型食器」 一人の社員のひらめきが開発につながる                   Vol.2 「何度でも生まれ変わる循環型食器」 一人の社員のひらめきが開発につながる 関連リンク                                                 ◆Co-Design Challengeプログラム特設ページhttps://www.expo2025.or.jp/co-creation-index/co-design-challenge/  ◆Co-Design Challengeプロモーションムービー(大阪・関西万博なんかはじまってんで物語(フルVer))https://www.youtube.com/watch?v=phAfiV5MoTY ◆運営参加特別プログラム「Co-Design Challenge」開始 https://www.expo2025.or.jp/news/news-20230307-01/ ◆Co-Design Challenge 2023選定事業者発表会のレポート https://team.expo2025.or.jp/ja/report/932 ◆Co-Design Challenge 2023選定事業のTEAM EXPO 2025」/共創チャレンジ① 想うベンチ - いのちの循環 -(エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社)② これからの「未利用間伐材を活用したベンチ」(エースジャパン株式会社) ③ - 廃棄繊維を色で分けてアップサイクル - サーキュラーエコノミーに繋がるこれからの“ベンチ”をデザインする(株式会社colourloop)④ ごみから作るサステナブルなヘルメット(甲子化学工業株式会社)⑤ 国産材、地域材活用のための木製ベンチ(コクヨ株式会社)⑥ これからのマイボトルの使い方をデザインする マイボトルで飲料提供するための洗浄機の提案(象印マホービン株式会社)⑦ サーキュラーバイオトイレで世界中の新しい水をデザインする(株式会社W TOKYO)⑧ これからのごみ箱(資源回収箱)をデザインする(テラサイクルジャパン合同会社)⑨ サスティナブルストックプラン(持続可能な防災備蓄計画と多様な連携による防災備蓄食の廃棄ゼロへ)(公益社団法人日本非常食推進機構)⑩ 資源循環に貢献したくなるスマート回収箱とスマートフォンアプリ(日立造船株式会社)⑪ 循環型食器「edish」(丸紅株式会社)⑫ 持続可能である木の暮らし、その循環の中に存在する、吉野材のベンチ(一般社団法人吉野と暮らす会)

    続きをみる

  • 協会

    自然・環境セッション~アジア太平洋トレードセンター株式会社~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~第3回 自然・環境セッション 1月24日に開催され、多くの方が集まりました~~共創パートナーのアジア太平洋トレードセンター株式会社が実施した「TEAM EXPO 2025」テーマセッション についてご紹介いたします。 ≫≫≫アジア太平洋トレードセンター株式会社|TEAM EXPO 2025 | PARTNER   2024年1月18日に開催された自然・環境セッションは、アジア太平洋トレードセンター株式会社のおおさかATCグリーンエコプラザにて、自然・環境をテーマに、共創チャレンジ・共創パートナーの方々が集まりました。今回は、共創パートナー 日本ファシリテーション協会とのコラボレーションで「本実験場が『熱い』場に加速する!」と題して、ファシリテーション協会のオリジナルプログラムによる共創を目的とした交流会を実施しました。≫≫≫特定非営利活動法人日本ファシリテーション協会|TEAM EXPO 2025 | PARTNER ~~ファシリテーション協会による独自プログラム~~ アジア太平洋トレードセンター株式会社&日本ファシリテーション協会がコラボレーションをして実施した今回のテーマセッションは、『より深く交流できる』ことをテーマに、独自のプログラムで実施され、参加者同士が深く交流することで、共創を加速化させました。Contents.1 名刺交換だけじゃない!―つなげる、つながる大交流会―Contents.2 イノベーションを誘発する!―エキスポット・エコプラザの見学会―Contents.3 つながるだけじゃない! ―みんなでつくる「共創実験場」―の3のコンテンツで共創が加速化されました。~~名刺交換だけじゃない!―つなげる、つながる大交流会―~~  日本ファシリテーション協会とともに、より広く深い『つながり』を生みだします。自分を知ってもらうのに加え、参加者1人1人をつなげる役割も担っていただきます。「共創へ後一歩を踏み出せるキッカケ・自身の活動を深めるキッカケ」となる交流会。参加者同士がオリジナルの名札を作成し、交流を行うことで、お互いの活動のことはもちろん。その人自身をしるとともに、その人を表すオリジナルの名札で話のきっかけにもなりました。~~イノベーションを誘発する!―エキスポット・エコプラザの見学会―~~  以前のイベントでも好評であった(写真は前回イベント)建設中の万博会場が見ることが出来る『エキスポット』をご案内。環境をテーマとした日本最大級の常設展示場、おおさかATCグリーンエコプラザの見学会では、環境に取り組む企業の事例を通しイノベーティブなアイデアを産むキッカケにしました。~~つながるだけじゃない! ―みんなでつくる「共創実験場」―~~ここは、新しい共創を生み出す未来社会の実験場。ひとりひとりが主体的に考え、意見を発する場です。参加者の力で、この実験をわくわくした時間へ変貌させます。4、5人が集まったワークショップで、共創チャレンジを深める、また新しい共創を作るキッカケとします。まずはグループ作り、先ほど交流、名札と実現したいことを書いた紙をもとに仲間探し開始。グループで、それぞれの活動を「共創」させることで、2030年に何を実現できているのかを話し合います。参加者同士が、自分の活動とほかの方々との活動がどう結びつくのかを、一緒に話し合いました。グループで話し合った2030年の共創によって実現したことを、記者会見に見立てた発表で、発表しました。絵などを使ったバリエーション豊かな記者会見が行われました。記者会見後の休憩では自然とグループで集まって、話が続きます。最後は円陣で振り返りで一言ずつ発表しました。交流を目的としたテーマセッションで、より深くお互いをしる機会を作ることができ、大きく盛り上がりました。今後も色々なテーマでテーマセッションが開催されます。ぜひご参照ください。 【次回開催予告】 アジア太平洋トレードセンター株式会社の自然・環境をテーマにしたテーマセッションは、第3回を2024年4月12日(金)に予定しています。  テーマセッションのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/report/1794  

    続きをみる

  • 協会

    事業構想アカデミー~学校法人先端教育機構事業構想大学院大学~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~事業構想アカデミー 1月25日に開催されました~~共創パートナーの学校法人先端教育機構事業構想大学院大学が実施した「TEAM EXPO 2025」テーマアカデミー についてご紹介いたします。 ≫≫学校法人先端教育機構事業構想大学院大学|TEAM EXPO 2025 | PARTNER 2024年1月25日に開催された事業構想アカデミーは、学校法人先端教育機構事業構想大学院大学にて、共創チャレンジ・共創パートナーの方々が集まりました。事業構想大学院大学として、「TEAM EXPO 2025」プログラム内での共創促進のために、大学の講義を提供されるとともに、参加者同士の交流を図りました。 ~~「未来を創る、事業構想とマーケティング」~~共創チャレンジの活動も社会に求められるものでなければ、活動が広がっていきません。どう求められる活動にしていくのかを考える根底にマーケティングの思考があります。未来社会を予想し、その実現のために、どういった活動を構想していくのかについて、大きな学びになりました。活動をどうわかりやすく伝えるのかについても、マーケティングの観点から話があり、「TEAM EXPOパビリオン」での発表や今後の活動発信にも活きる話でした。会場にはオンラインとつながるカメラとモニターがあり、オンライン参加も受付、関東や九州など大阪校にお越しになれない方も参加されました。~~Q&Aセッション~~参加者と博覧会協会の「TEAM EXPO 2025」担当者も含めてQ&Aセッションも行われ、共創チャレンジの参加者や共創チャレンジに登録したいと考える参加者から、質問があがりました。~~次回以降の開催について~~  参加者には次回開催についてのご案内も行われました。参加者同士の交流会も行われ、積極的に名刺交換や意見交換が行われました。次回開催については共創イベントのページをご確認ください。 【今後開催の共創イベント テーマセッション・テーマアカデミー】 共創イベントのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/report/1794  

    続きをみる

  • 協会

    観光・食セッション~学校法人 村川学園~「TEAM EXPO 2025」プログラム

    ~~観光・食セッション 1月18日に開催され、泉州地域の自治体や観光・食に関連する活動をする企業団体が集まりました~~学校法人 村川学園が実施した「TEAM EXPO 2025」テーマセッション について紹介いたします。 ≫≫≫泉州美食EXPO|TEAM EXPO 2025 | CHALLENGE 2024年1月18日に開催された観光・食セッションは、大阪調理製菓専門学校(和泉校本校)で実施され、共創チャレンジ・共創パートナーの方々が集まりました。本テーマセッションは、世界に誇れる独自の食文化の領域において、様々なプレイヤーが参加し、泉州地域を中心に、大阪・関西万博のメリットを、参加したプレイヤー同士が最大限享受できるよう、共創・連携する場です。 ~~村川学園 村川 理事長のご挨拶~~テーマセッションで結びつき、「TEAM EXPO 2025」を中心にそれぞれが、それぞれの立場で、繋がり続け、泉州地域をより良く、より魅力的になる活動を共創し、その活動を大阪・関西万博/「TEAM EXPO 2025」で宣言・広く発信することで、大きな変革のきっかけとすることを話されました。~~基調講演~~  泉州美食EXPOアンバサダー/KIX泉州ツーリズムビューロー理事長岸和田市長永野 耕平 様KIX泉州ツーリズムビューローの取り組みについて話されました。公益財団法人大阪観光局 理事長 溝畑 宏 様大阪観光局での取り組みや2025年の大阪・関西万博に向けた取り組みの方向性について話されました。~~パネルディスカッション~~  【パネリスト】●関西エアポート株式会社 常務執行役員 最高渉外責任者  三浦 覚 様●株式会社MATCHA 代表取締役社長 CEO 青木 優 様●学校法人 野田鎌田学園 経営企画部長 堀 糧成 様●南海電気鉄道株式会社 常務執行役員 まちづくりグループ長 二栢 義典 様                      ●株式会社JTB ツーリズム事業本部 大阪第三事業部長 平田 圭一 様【ファシリテーター】泉州美食EXPOエグゼクティブフェロー大阪公立大学観光産業戦略研究所  橋爪 紳也 様各登壇者で取り組まれている活動や現在の状況。特に観光関連に関する情報提供もあり、インバウンドの方々の動きや、どういったことに興味を持たれているのか、また観光・食の観点から今後の取り組みについても話し、それぞれの立場で見た観光・食に対しての提言を行いました。 イベントの最後に行われた交流会でも、多くの方が共創のために交流をしました。今後も色々なテーマでテーマセッションが開催されます。ぜひご確認ください。 ~~次回開催予告~~  今後も様々な共創イベントを開催予定です。共創イベントのご紹介|TEAM EXPO 2025 | REPORThttps://team.expo2025.or.jp/ja/report/1794  

    続きをみる

  • 協会

    スタートアップ ブースト プロジェクトVIガイドラインについて

    <スタートアップ ブースト プロジェクト VIの表示> ・サムネイル画像には、以下のスタートアップ ブースト プロジェクトVIを表示してください。 ・なお、TE公式サイト上に別途、貴団体のアイコンを表示したい場合は「自由記載欄」に投稿することができます。 <スタートアップ ブースト プロジェクトVIを使用することができる用途について> ・VIは共創パートナーとしての貴団体の取組みを紹介するHP・SNSや、名刺等の団体内部で使用する表示にご活用いただけます。 ・ただし、自社のサービス案内や頒布品等に使用することはできません。   (参考)スタートアップ ブースト プロジェクトについて   同VIの使用に当たっては、以下のガイドラインを必ずご確認ください。【以下よりダウンロード可能】 スタートアップ ブースト プロジェクトVIガイドライン

    続きをみる

  • 協会

    スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創パートナー用)

    「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創パートナーにご登録済みの団体で、スタートアップブーストPJにご参加いただける場合は、以下に掲載のマニュアルをご覧の上、お手続きをお願いいたします。   <共創パートナーに期待される役割> 共創パートナーとしてスタートアップ ブースト プロジェクトにご参加の皆様には、その趣旨に賛同する共創チャレンジに対して、以下のような支援に積極的にお取り組みいただくことにより、更なる共創の創出に積極的にご参画いただくことが期待されております。 (活動例) ・自らが支援するスタートアップを中心とした取り組みの共創チャレンジへの登録支援や新規案件の創出 ・TEAM EXPO 2025 MEETING等の協会主催イベントでの積極的な発信の支援や、自団体等が主催する交流イベント等への参加機会の提供 ・共創チャレンジの大阪・関西万博会期中の出展支援 ・スタートアップ ブースト プロジェクトの取り組みに関連した実証実験の場の提供やマッチング ・自団体等が有する情報発信媒体による共創チャレンジの取り組みの発信 ・補助金制度の情報提供・申請支援  等   (参考)スタートアップブーストPJについて     【資料掲載】【以下よりダウンロード可能】 スタートアップ ブースト プロジェクトに参加される方へ(共創パートナー用)      

    続きをみる

イベント

2025年日本国際博覧会協会からのお知らせ

  • 受付終了
    協会

    「TEAM EXPO BIG BANG!」#2@TOKYO ‐共創パートナー決起集会

    日時2024.02.19 15:00〜 17:30
    場所TokyoYard Building

    続きをみる

  • 協会

    SBPオンラインピッチ #2【アーカイブ掲載】

    日時2023.12.06 17:00〜 18:00
    場所オンライン Teams

    続きをみる

  • 協会

    SBPオンラインピッチ #1 【アーカイブ掲載】

    日時2023.11.22 17:00〜 18:00
    場所オンライン Teams

    続きをみる

共創チャレンジ / 共創パートナーからのお知らせ

  • MOAキッズ光輪花クラブ(尼崎)

    日時2024.03.16 09:00〜 12:00
    場所尼崎市立立花南生涯学習プラザ
    共創チャレンジアートコミュニティプロジェクト

    続きをみる

  • 第3回 咲洲 World Healthy Festa!

    日時2024.04.13 11:00〜2024.04.14 16:00
    場所大阪南港ATC ウミエール広場・海辺のステージ
    共創チャレンジラジオ体操100万人プロジェクト!

    続きをみる

  • 15周年記念 清掃

    日時2024.04.06 06:30〜 08:00
    場所なんば 戎橋の袂(交番前)
    共創チャレンジ道頓堀を楽しく掃除する会

    続きをみる

みんなの投稿

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • \新聞形式プリント教育法「新プリ」キャラのマンガ/No.51

    ◆「新プリ」のキャラクター「エヌプリー」の絵描き歌はこちら◆ ■登場人物■ 名前:エヌプリー誕生日:2023/4/18(発明の日)性格:普段はおっとりしているが、えんぴつを手にすると情熱的になる特技:事実を分かりやすく、価値を明確に表現すること趣味:新聞紙を紙飛行機にし、魔法のじゅうたんのように行きたいところに行くこと好きなもの:情熱苦手なもの:何が言いたいのか分からない発言くせ:気持ちが高まってくると語尾が「N(ニュー)」(ギリシャ語アルファベット読み)になる夢:新聞記者 名前:ウィズ誕生日:7月16日(世界ヘビの日)性格:冷静沈着特技:的確な(時には毒がある)ツッコミ(実は「知恵の神」の力を持っている)、異世界でなじむ(実は「先生」の世界から「犬」の世界にやってきた)趣味:一皮むけること好きなもの:リンゴ苦手なもの:蚊取り線香くせ:つえがあると巻きつきたくなる夢:「的確なツッコミ」を通して「夢」の実現をサポートする +☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆◆お問い合わせは、プラススターHRホームページの問い合わせフォームからお願いいたします。

    続きをみる

  • 【市外イベント】大阪府健活10ワクワクEXPOに参加(令和6年3月2日)

    令和6年3月2日(日)、ららぽーとEXPO CITY 光の広場にて開催された 「大阪府健活10ワクワクEXPO」へ出展しました。 多くの方々に楽しんでいただきながら、 「WEBカメラ式体力・認知力測定システム」を体験していただきました。   【この記事に関するお問合せ】 阪南市役所未来創生部 政策共創室 電話:072-489-4507(直通) E-mail:seisaku@city.hannan.lg.jp

    続きをみる

  • 播磨町主催「大中遺跡まつり」で健康ブースを出展しました!

    「第一生命明石支社 全世代イキイキ応援プロジェクト」の五百蔵です!   第一生命明石支社と播磨町は、2022年10月27日、健康増進に関することをはじめ10分野にわたる包括連携協定を締結し、町民サービスの向上及び地域の一層の活性化を目指しています。今回、その一環として、2023年11月4日に大中遺跡公園で開催された播磨町主催「大中遺跡まつり」で健康ブースを出展しました。   当日は、加古川・加古川みらい営業オフィスの社員が参加し、「シセイカルテ」、「ストレスチェック測定」、「乳がん触診体験」や「握力測定」など多数の体験型コンテンツに加え「お菓子つかみ取り」コーナーを設置。ブースへは400名を超える幅広い年齢層の地域の皆さまに来場いただきました。なかでも「シセイカルテ」は複数のポーズを写真撮影するだけで姿勢の歪みを数値化し、歩き方や「未来姿勢」まで測定できるとあって好評でした。   第一生命明石支社はこれからも地域の皆さまの健康維持・増進を支え、地域の活性化に貢献できるよう取り組んでまいります。     【問い合わせ先】第一生命保険株式会社 明石支社担当:五百蔵メールアドレス:Ioroi253@daiichilife.com

    続きをみる

  • 2/18開催しました!「阪南の海苔って知ってる?海苔のおいしい研究所」

    五感を使いながら阪南市産の海苔をゆっくり味わい、食べて感じたことを自由に描き、 「おいしさのヒミツはなんだろう?」をアート形式で表現することで、ゆっくりと味わって食べることの楽しさ、 そして多様な価値観を理解する力や自分の考えを表現する力を育むワークショップを開催しました。 市内外から親子の皆様にご参加いただき、阪南市の海苔について味わいながら楽しんでいただけました!   イベント名:「阪南の海苔って知ってる?海苔のおいしい研究所」 日時:令和6年2月18日(日)11時00分〜12時30分 場所:阪南市立東鳥取公民館 共催:阪南市立東鳥取公民館・株式会社omochi / 共創パートナー:阪南市   【この記事に関するお問合せ】 阪南市役所 未来創生部 政策共創室 電話:072-489-4507(直通) E-mail:seisaku@city.hannan.lgjp

    続きをみる

  • 香港チームが来日しました!

      啓林館大阪本社にて、ダイバース・ユニバースプロジェクトにご協力いただいている香港チームのメンバーを交えた全体ミーティングを開催しました。Ho Koon Nature Education cum Astronomical CentreからKenneith Huiさま、Bartholomew Tsangさま、Ching Tin Chuさまのお三方を招聘。   来日中は当プロジェクトにご尽力いただいているAstro Ninja Projects代表の山内銘宮子さまにガイド役をお願いし、日本の天文学に関する各地の名所をご案内いただきました。MTG時、香港チームからは日本各地の視察を通じ、中国の文化や歴史と多くの共通点を発見されたという貴重な知見をシェアしていただき、チーム一同たいへん興味深く盛り上がりました。       開発中のVRやARコンテンツも実際に体験していただき、忌憚のないご意見を多数いただきました。万博本番へむけて、ますます完成品への期待が高まります。     MTG当日はダイバース・ユニバースの総監修であるJAXAの矢野創先生にもお越しいただきました。香港チームのメンバーも矢野先生にお会いできるのを心待ちにしていたとのことで、会場では始終星空談義に花が咲きました。     中国の星空に関する珍しい資料をたくさん持ってきていただき、中国の歴史や文化における天体のエピソードを丁寧に解説してくださいました。「星空を通じて多様性を学ぶ」というダイバース・ユニバースプロジェクトのテーマがどんどん広がるようなヒントやアイディアが次々と飛び交い、まさに「星空を通じた」活きた情報交換ができたと実感しています。     巨大なスーツケースいっぱいに入った、日本ではなかなかお目にかかれない珍しい中国の天体グッズもたくさんお土産としていただきました。今後のプロダクトやコンテンツ開発に活用させていただきます。 香港チームの皆さま、この度は貴重な国際交流の機会をありがとうございました。    

    続きをみる

  • 姫路市安富町「あじさいの里」に卒業記念の植樹をしました。

    2024年3月1日に姫路市安富町の安志加茂神社内にある「あじさいの里」に、生徒が1年かけて育てたあじさいの苗の植栽を行いました。 前日には地域のあじさいクラブさんが約20名で植栽準備をしてくださいました。 当日は地域・企業・行政・PTA等からも参加していただき、3年生の生徒を合わせて総勢100名以上で、約100株のあじさいの苗を植栽しました。今年の6月には花を咲かせてくれるのではないかと思います。 また多くのマスコミ関係の方の取材もありました。 午後からは参加企業等と学校・地域との情報交換会を持ちました。 現在困っていることや今後の活動の見通しなどを話しました。 また安富中生徒有志の安富地域貢献チームよる取組状況などの発表を行いました。 さっそく共創パートナーになっていただいた企業さんもあり、EXPO2025に向け引き続き取り組んでいきたいと思います。

    続きをみる

共創パートナー

複数の共創チャレンジを生み出し・支援をする法人・団体

  • 株式会社テイラーワークス

  • タカラベルモント株式会社

  • とっとりSDGsネットワーク

  • 彩り

  • 京丹後市観光公社

  • 一般社団法人サステナブルトランジション

  • 株式会社テー・オー・ダブリュー

  • 大同生命保険株式会社

  • 山陰放送

  • 日本製紙クレシア株式会社

  • 大阪弁護士会

  • 株式会社D.Realize