見るだけじゃない、
あなたが主人公になる万博がはじまります。

「TEAM EXPO 2025」は多様な人たちがチームを組み、多彩な活動で大阪・関西万博とその先の未来に挑む、みんながつくる参加型プログラムです。

新着情報

  • 2022.11.
    30
    共創チャレンジ

    LGBTQ+専門の人材紹介を通じて、誰もが自分らしく就職・転職できる社会を実現したい

  • 2022.11.
    30
    共創チャレンジ

    水資源を守ろう!

  • 2022.11.
    30
    みんなの投稿

    2022西淀川区健康いきいき展 千船病院と他業種コラボ

  • 2022.11.
    30
    みんなの投稿

    尼崎市立小田中学校の「SDGsプログラム」に参画し、「第一生命で取り組んでいるSDGs」授業を実施しました!

共創チャレンジ

自分たちが描くワクワクする未来の実現のためのアクション

  • LGBTQ+専門の人材紹介を通じて、誰もが自分らしく就職・転職できる社会を実現したい

    日本では、LGBTQ+の割合が他国よりも高く約10%の方がLGBTQであると言われていますが、日本において半数以上のLGBTQの当事者が、周囲の理解が得られていないと感じています。  本共創チャレンジは「誰もが自分らしく働くことができる社会を実現」するため、LGBTQ+専門の人材紹介会社を立ち上げ、LGBTQ+が自分らしく働くための就業支援と啓蒙活動を通じて、日本の就職・転職における不平等をなくしていくことを目指します。

    続きをみる

    チーム名株式会社toiro
    共創メンバーhttps://www.toiro-co.jp/
    主な活動地域日本
  • 水資源を守ろう!

    大阪府で暮らす我々の飲料水は淀川から供給されています。 この水資源を守るために ①川や湖にごみを捨てない。 ②地域の水路や川・湖の清掃や草刈りなどをおこなう。 ③水源となる森林の間伐ボランティアなどに参加する。 ④里山里地緑地等で環境にやさしい農業を実践されている方への支援。 を実践していきます。

    続きをみる

    チーム名門真エコネットワーク連絡会(水辺部会)
    共創メンバー山口@淀川管内河川レンジャーアドバイザー、 門真エコネットワーク連絡会(水辺部会)、 パナソニック エコリレー ジャパン スタッフ、 びわ湖エコアイディア倶楽部
    主な活動地域日本 兵庫
  • 大阪発のPOP CULTUREイベント「BILLIKEN CREATORS OSAKA」~ビリケンさんをアートに、オーサカを元気に、をテーマに作品を発表する~

    アメリカで生まれ、大阪で育った、不思議でユニークな神様、ビリケンさん。 ビリケンさんに魅せられたクリエイターたちが集まり、 ”ビリケンさんをアートに” ”オーサカを元気に” をテーマに作品を発表する、大阪発のPOP CULTUREイベントです。

    続きをみる

    チーム名ビリケンクリエイターズオーサカ実行委員会
    共創メンバー株式会社ワークス/一般財団法人 大阪デザインセンター/田村駒株式会社/通天閣観光株式会社
    主な活動地域日本 兵庫
  • 世界のあなたと友だちーPeaceプロジェクトー

    私たちは、世界で最も話されている英語を学びながら、世界に友達をつくりたいと活動しています。世界に友達ができたら、その人の国をその国の人たちに興味を持ち仲良くしたい、より良い社会を共に考えたくなるからです。それは、ささやかなことかもしれませんが、世界の平和につながると考えています。日本の文化には「和の心」があります。 私たちは、人を理解しようと思う心と、コミュニケーションのいろんな方法(言語、表情、しぐさ、動作、絵、文字など)を駆使して、世界の人たちに気持ちから寄り添い、いさかいや問題がおきないように、誰もが笑顔になっていただきたいという思いで活動をおこなっています。また、大阪がフレンドリーなところであることを知っていただけたらと思います。そのような機会に、英会話を学ぶ子どもたちを連れて行き、我々大人が外国人に気楽に声をかける様子を見せることで、子どもたちにも自分達と少し見た目が違う外国人との壁を取り払うという活動を進めて参りました。 特に海外からのお客様には、子ども連れのグループもあり、大阪の子どもたちがフレンドリーに彼らに声をかける様子を見て、この活動を続けることこそが、世界に平和を保つためにやり続けないといけない活動であると確信しました。この活動を盛り上げることで2025年には、万博会場の中、大阪の街の中で通訳ボランティアが活躍する場を作ることで、日本人の本当の「おもてなしの心」を世界に発信したいと思います。

    続きをみる

    チーム名国際交流倶楽部 GAIA
    共創メンバー瀧北由子 中瀬香 中野依子 秀谷祐美子 (アルファベット順)井谷里紗 柿木杏名 角正由莉 工藤あさみ 枡田美紀 三島千晴 室本香 中村芳子 西ノ坊絵美 大西智子 岡本希実 小野山侑枝 佐倉唯 霜有香 瀬部美咲 副島万里子 滝田梨沙 上村祐己子 山本美砂 
    主な活動地域日本 兵庫
  • 見つけてキタ!!北区魅力絵画コンテスト

    「私が描く、北区の未来」をテーマに「見つけてキタ‼北区魅力絵画コンテスト」を開催することで、北区の魅力を改めて考えていただくとともに、制作された動画や写真を見た人が新たな北区の魅力に気付いていただくこと等を通して、地域への愛着を醸成していきます。

    続きをみる

    チーム名大阪市北区役所
    共創メンバー大阪市北区役所、地域住民、地元企業、その他
    主な活動地域日本 兵庫
  • 日本伝統飴細工の魅力で世界中の人々を笑顔に

    江戸時代より脈々と受け継がれて来た「日本伝統飴細工」。 その日本伝統飴細工の発展と文化的向上を目指し、後世に守り伝え残したいと考えています。 万博を通じて来日される世界中の方々に、目の前で作られる飴細工のパフォーマンスを体験いただくことで、 皆様に笑顔を届けられたらと思います。

    続きをみる

    チーム名日本伝統飴細工協会
    共創メンバー前川(飴細工寿庵) 北澤(きたきやキタコ)
    主な活動地域日本
  • 和紙繊維〈キュアテックス®〉がつなぐ循環型プロジェクト

    私たちが独自に開発した和紙繊維〈キュアテックス®〉は、環境負荷の少ない植物原料、化学的な加工に頼らない製法、最後は土に還る生分解性など、徹底して人と自然に配慮した安全・安心な和紙100%の素材です。キュアテックス®が生み出す製品は、植物由来の「調湿」・「抗菌」・「抗ウィルス」・「消臭」・「UVカット」の効果に優れ、使い古しても土に埋めておけば短期間で生分解し、環境を汚しません。さらに、そうした土壌では微生物の多様化・活性化の促進が実証されています。土から生まれ土に還る、まさにサスティナブルな素材を世界に発信し、廃棄物の削減と循環型の未来を目指しています。 現在、東京農業大学の協力を得てキュアテックス®による土壌改良のメカニズムを解明しています。また、様々なキュアテックス®製品と他の繊維製品を宮崎県の自社テスト農場に敷いて生分解の比較テストを行ったり、生分解後の土壌で実際に作物を育て、栄養価のデータ収集などを行っています。収穫した作物は熊本県の自社キッチンにて調理・加工しており、食の多様性に配慮した商品の開発(ハラール・ヴィーガン・ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど)にも取り組んでいます。

    続きをみる

    チーム名株式会社キュアグループ
    共創メンバー藤代政己 河野優花
    主な活動地域日本

レポート

(公社)2025年日本国際博覧会協会からの「TEAM EXPO 2025」プログラムの活動状況報告です。

  • 協会

    TEAM EXPO 交流会@明石を開催しました!

    こんにちは、TEAM EXPO 2025事務局です。   今回は、11月14日に開催しましたTEAM EXPO交流会@明石の様子をレポートします。 当日は総勢22名でワークショップ形式にて実施しました。 この交流会は、共創メンバーの川崎重工業株式会社さま(以下、川重さん)と共創パートナーの第一生命保険株式会社さま(以下、第一生命さん)のご協力のもと、「TEAM EXPO 2025」プログラムの参画者同士が直接会話する機会を通じ、お互いを知り、繋がるきっかけにしていただきたいと考え、TEAM EXPO 2025事務局が主催いたしました。   ~ 展示品見学~  今回の会場は川重さんの明石工場ということで、展示品の見学からスタート! ↑「Kawasaki」と言えば”バイク!!”で、とってもクールなバイクがお出迎え ↑日本では普段見られない迫力満点のオフロード四輪車 ↑航空用ジェットエンジンの大きさは圧巻 ↑工場で活躍するロボットも見られました   ~ 発電風車ワークショップ~ 最初のワークショップは川重さんが共創チャレンジにもご登録されている「みらいほん」の取り組みで、高校生を対象に実施されているペットボトルを利用した風車を作って発電に挑戦するというもの。 5つのチームに分かれて、発電量を競うとあって、俄然やる気が沸きます。 ↑用意されたアイテムにどきどき・ワクワク ↑川重の徳永さんが進行を務めてくださいました ↑お手本はこんな感じ、美しい! ↑お手本のデモンストレーションを食い入るように見つめます ↑各チームがこぞって、自ら作成した風車で発電量を測定 ↑見事、全チームが発電に成功!優勝は第2チーム   普段、工作離れしている協会メンバーは仕事を忘れ、風車作りのあまりの面白さに、全員そろって作成中の写真を取り忘れるくらい夢中になった60分でした。   ~ライフサイクルゲーム ~ 次は第一生命保険さんが「TEAM EXPO 2025」プログラム公式WEBサイトの”みんなの投稿”で多数アップいただいている消費者・金融保険知識をすごろく形式のゲームで学ぶことができる「ライフサイクルゲーム」を5チームに分かれて行いました。 ↑ライフサイクルゲームはこんな感じです ↑第一生命の春奈さまが進行を務めてくださいました ↑真剣にコマを進めます ↑Winnerには第一生命さんから記念品が贈られました   人生の節目節目で、マネーにまつわるイベントがなんと多いことでしょう。もっと若かりし頃にこのゲームに出会っていたら、私のライフプランは変わっていたかも!?と思わされる濃いゲームでした。   ~ 集合写真~ 2時間という長丁場でしたが、あっという間に終わり、最後は皆さんとご一緒に記念撮影。 グループワークとあって、参加者同士の距離も近くなり、熱気ある雰囲気の中で閉会となりました。   今回は、川重さんからの「交流の機会について、よろしければ我々にて企画することも考えておりますが、可能でしょうか」という嬉しい1通のメールがきっかけとなり実現しました。 会を企画するに当たっては、徳永さんの「体験に勝る学びはない」という言葉への共感があり、「ライフサイクルゲームをやってみたい!」というフォローに「もし何か対応が必要でしたら仰ってください」とレスポンス下さった第一生命さんの協力がありました。   1通のメールから繋がった共創による本交流会にご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!   12月はTEAM EXPO 交流会をお休みし、12月15日(木)の「TEAM EXPO 2025 Meeting」@クイントブリッジ となります。 https://team.expo2025.or.jp/ja/event/243 たくさんのご参加をお待ちしております!     関連リンク ◆共創メンバー 「川崎重工業株式会社」さまの共創チャレンジ → https://team.expo2025.or.jp/ja/challenge/347 ◆共創パートナー 「第一生命保険株式会社」さまの取組内容 → https://team.expo2025.or.jp/ja/partner/135

    続きをみる

  • 協会

    TEAM EXPO 交流会~大阪・関西万博開幕2年前!TEAM EXPOでどう盛り上がろ?~を開催しました!

    こんにちは、TEAM EXPO 2025事務局です。 今回は、2022年10月31日に開催しましたTEAM EXPO交流会~大阪・関西万博開幕2年前!TEAM EXPOでどう盛り上がろ?~の様子をレポートします。 当日は「TEAM EXPO 2025」プログラムの参画者30名にご参加いただきました。 この交流会は、「TEAM EXPO 2025」プログラムの参画者同士が直接会話する機会を通じ、お互いを知り、繋がるきっかけにしていただきたいと考え、TEAM EXPO 2025事務局が主催いたしました。   ~ 名刺交換 ~ 参加者全員が名刺交換できるように、新たな試みとして、2列に分かれていただき、30秒ごとに移動する形で名刺交換をしました。 話が盛り上がることが多く、時間が30秒では足りず、移動がうまくいかないことも・・・     ~ 自己紹介 ~ 続いては、参加者による自己紹介。 お一人ずつ、ご自身のことと「TEAM EXPO 2025」プログラムにご登録いただいている活動内容を紹介していただきました。 皆さん、ご自身の活動や抱負を熱心に話されていました。   ~ テーマディスカッション ~ 6つのテーブルに分かれて、本日のテーマ「大阪・関西万博開幕2年前!TEAM EXPOでどう盛り上がろ?」について、ディスカッションを行いました。 40分という長い時間でしたが、どの班も積極的に意見を出し合い、ときには雑談も交えながら、終始盛り上がった様子で、気づけばあっという間に終わりの時間となりました。   ~ 意見共有 ~ テーマディスカッションの内容を各班の代表者から発表していただきました。 例えば、SDGsの番号毎に集まりイベントや交流会を行い、参加者による相互投票で優秀なものを表彰する、ミャクミャクを様々な方法(体操をつくりSNSで拡散、アート作品化、複数の進化形を検討など)で活用する、大阪や関西以外でも盛り上がれるイベントを行うなど、皆さん、一生懸命考えていただいたことが伝わる内容ばかりでした。 また、当協会からの大阪・関西万博に関する情報開示が少ないため、大阪・関西万博に向けて、今後、自分たちの活動をどのように発展させていくのかが判断しにくいとのご意見もいただきました。   ~ 2年前イベントだと盛り上がりそう!~ 各テーブルで出されました「2年前イベント」についてのアイデアをご紹介します。 ・全国リレーイベント ・2年前に行う取り組みをまとめてチラシを作る ・バーチャル上で発表する ・1日1組限定夢洲お泊りぷらん ・大阪全体を会場にした一大イベント ・食イベント。五感に対して共鳴する。 ・ひとつの目的・同じゴールを共有する ・高校生が地域のことをSNS、情報誌で発信する ・大阪のおばちゃんに興味を持ってもらう ・2回の万博を知っている! ・マスコットキャラクター「ミャクミャク」を使って盛り上げる。「ミャクミャクをさがせ」みたいな ・2年かけて育てられるものがあれば ・空飛ぶ車などキラーコンテンツをPRする(VRの活用) ・リアルとバーチャルを掛け合わせたイベント ・万博コラボのゲーム ・ロボットイベント   ~ 集合写真~ 最後は皆さんで集合写真を撮影し、解散となりました。 ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました! 次回のTEAM EXPO 交流会は11月14日(月)@明石(兵庫県明石市、川崎重工業株式会社明石工場)にて開催します。  当日は2種類のワークショップをご用意していますので、奮ってご参加ください。     

    続きをみる

  • 協会

    大阪・関西万博ラッピング列車「EXPO TRAIN 2025 大阪モノレール号」の出発式が行われました。

    2022年11月7日より大阪モノレールを、全国で初めて大阪・関西万博のオリジナルデザインをまとったラッピング列車「EXPO TRAIN 2025 大阪モノレール号」が走ります。「EXPO TRAIN 2025 大阪モノレール号」は、大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに登録されている活動であり、当協会と大阪・関西万博を万博開催前から一緒に創り上げていく取り組みです。大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を発信するため、ラッピングには大阪・関西万博のオリジナルデザインが採用されており、大阪・関西万博が閉幕する2025年10月13日まで約3年間運行される予定です。ぜひ「EXPO TRAIN 2025 大阪モノレール号」に乗って、大阪・関西万博にむけたワクワク、ドキドキを体験してください。  

    続きをみる

  • 協会

    TEAM EXPO 交流会~仲間づくりについて語ろう!~を開催しました!

    こんにちは、TEAM EXPO 2025事務局です。   今回は、9月28日に開催しましたTEAM EXPO交流会~仲間づくりについて語ろう!~の様子をレポートします。 当日は「TEAM EXPO 2025」プログラムの参画者20名にご参加いただきました。 この交流会は、共創パートナーの一般社団法人関西イノベーションセンター(MUIC Kansai)さまのご協力のもと、「TEAM EXPO 2025」プログラムの参画者同士が直接会話する機会を通じ、お互いを知り、繋がるきっかけにしていただきたいと考え、TEAM EXPO 2025事務局が主催いたしました。   ↑今回の会場はMUIC Kansaiさんのイベントスペース ↑素敵な場に、ちょっと緊張気味の司会者   ~ 協力企業さまご紹介 ~ MUIC Kansaiさまより、会社の概要と「TEAM EXPO 2025」プログラムでの取組内容をプレゼンテーションいただきました。 ↑MUIC Kansai 林さまのプレゼンテーション   ~ テーマディスカッション ~ 4つのテーブルに分かれて、自己紹介を交えながら、「仲間づくり」とテーマにディスカッションを行いました。 ↑まずは名刺交換から ↑4テーブルでディスカッションスタート ↑身振り手振りを交えて ↑各テーブルの共創パートナーがトークをナビゲート ↑プチサイエンスショー ↑VRグラスが登場! ↑特許技術をお披露目     ~ 集合写真~ 3回の席替えもあっという間に終わり、最後は皆さんで集合写真の撮影。 この後も会場のあちらこちらで、情報交換が行われ、終始和やかなムードで閉会となりました。   ~ 仲間づくりのアイデア~ 各テーブルで出されました「仲間づくり」についてのアイデアをご紹介します。 ・企画に付録(おまけ)を付ける ・ドキドキ感・ワクワク感を醸成する ・やりたいことを勇気を出して発信する ・コネクションを使う ・紹介してもらう ・思いを語る ・ひとつの目的・同じゴールを共有する ・共通の趣味を持つ ・行動する(=興味あるところに足を運ぶ) ・面白そうなことをする ・仕事よりも何か共通体験でつながる(と仲間になる。) ・比較優位な事業をテコに、ニーズあり・自力無理な人を巻き込んでいく ・一歩踏み出す勇気 あと押し・きっかけづくり ・まずは集まること ・学生時代のクラブ活動で仲間になれた⇒勝利に向かうという共通目的が仲間になるのでは ・テーマを決めて、それをみんなで解決しようということが仲間造りにつながらないか ・盛り上がった後、次を決める方がいるとそこを中心に仲間ができるのではないか ・自分のやりたいことに突っ走る人がいるとそこにひかれて人が集まってくるのではないか ・物(ちょっとしたお土産など)を配ることから声を掛けていく ・リアルで雑談することが大事 ・子どもに発信することで親も興味を持ち知ってもらうことに繋がる   ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!   次回のTEAM EXPO 交流会は10月31日(月)@当協会 道修町オフィスにて開催します。 https://team.expo2025.or.jp/ja/event/190 テーマは「大阪・関西万博開幕2年前!TEAM EXPOでどう盛り上がろ?」。 今回の「仲間づくり」のアイデアがどう活かされていくか! ぜひ参加して、お確かめ願います^^。     関連リンク ◆共創パートナー 「MUIC Kansai」さまの取組内容 → https://team.expo2025.or.jp/ja/partner/33

    続きをみる

  • 協会

    7月27日「TEAM EXPO 交流会」を開催しました!

    2022年7月27日(水)に「TEAM EXPO 交流会」を開催し、「TEAM EXPO 2025」プログラムの参画者14名にご参加いただきました。 この交流会は、共創パートナーの株式会社オカムラ関西支社さま、共創チャレンジをエントリーいただいている川崎重工業株式会社さまのご協力のもと、「TEAM EXPO 2025」プログラムの参画者同士が直接会話する機会を通じ、お互いを知り、繋がるきっかけにしていただきたいと考え、TEAM EXPO 2025事務局が主催いたしました。   会場はオカムラさんの共創空間Open Innovation Biotope “bee”。いつもステキな場の提供をありがとうございます!   ~ 協力企業さまご紹介 ~ 株式会社オカムラ関西支社さま、川崎重工業株式会社さまより、会社の概要と「TEAM EXPO 2025」プログラムでの取組内容をプレゼンテーションいただきました。 オカムラ 岡本さまのプレゼンテーション 川重 徳永さまのプレゼンテーション   ~ 自己紹介 ~ 当日の参加者全員がご自身のことと「TEAM EXPO 2025」プログラムにご登録いただいている活動内容を紹介しました。 皆さん、お話上手!! 情熱をもって取り組む活動はいくらでも語れるのだなぁと感じます。 ご自身の作品をご披露いただく方あり 活動への愛が伝わる紹介💛あり   ~ フリートーク~ 4つのテーブルに分かれて、名刺交換&フリートークを行いました。今回は、TEAM EXPO 2025事務局メンバーも参加。 初対面でも会話が弾む 身振り手振りも交えて 席替えはちょっと忙しい!!   ~ 集合写真~ 盛り上がっているテーブルトークを、心苦しく思いながらも切り上げていただき、皆さんで集合写真の撮影。 恒例のbeeポーズ   ご参加くださった皆さまに盛り上げていただき、あっという間の1時間半でした。 アンケートでは 『EXPOをビジネスチャンスにしたいという熱意で取り組んでいる皆さんのお話をお伺いし、ヒントをいただけました。』 『色んな業種の方々との会話は楽しい』 『コーナー設けて頂きプレゼンなど出来る機会もあるといいかなあっと。』 などのコメントをいただきました。   TEAM EXPO 交流会は今後も継続して開催してまいりますので、皆さまぜひご参加ください。     関連リンク ◆共創パートナー 「株式会社オカムラ 関西支社」さまの取組内容 → https://team.expo2025.or.jp/ja/partner/78 ◆川崎重工業株式会社さまの共創チャレンジ「次の世代と未来社会を描く~川崎重工が取り組む次世代の育成~」 → https://team.expo2025.or.jp/ja/challenge/347

    続きをみる

  • 協会

    「TEAM EXPO 2025」プログラム オフィシャルPR動画を制作!ぜひご活用ください!

    こんにちは、TEAM EXPO 2025 事務局です。 2022年7月18日に2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)が開催1000日前を迎えるのに合わせ、「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前プロジェクト ~万博まであと1000日。未来を変えるをはじめよう~を8月31日までの期間限定で実施中です。この「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前プロジェクトのひとつとして、「TEAM EXPO 2025」プログラムのオフィシャル公式PR動画を制作しました。この動画は、「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジの活動の記録写真を参画者の方々からご提供いただいたものを活用し制作したものです。ご提供いただいた写真はどれも笑顔であふれているステキなものばかり!写真をご提供いただきましたチームの皆様、ご協力ありがとうございました。 また、この動画のナレーションは、共創チャレンジ『「EXPO2025」PR大実験』(https://team.expo2025.or.jp/ja/challenge/82)に取り組んでいる大阪芸術大学放送学科の学生さんが担当していただいています。 今回はその時のナレーション収録の様子を少しだけレポートします。 【6月某日・大阪市内某スタジオ】画面手前がナレーションを担当してくれた大阪芸術大学の大坪さんまずは、画面には合せずに自分のタイミングとペースでナレーション原稿を読み上げます。   今回の動画作成のプロデューサーから熱のこもった指導を受け、細かい抑揚や発声の調整を行います。   いよいよ本番!大坪さんが一人録音ブースに入り、一文づつ丁寧に確認しながら、録音作業が行われました。最初はかなり緊張していた大坪さんですが、徐々に調子がのってきて、完成版は、Take1に比べると、素人の私たちでもわかるほど、ナレーションの印象がガラリと変わり素晴らしいものに仕上がりました。動画は約1分間ですが、録音作業は約1時間。大変な作業でしたが、大坪さんにとっては良い経験になったようです。   こうして出来上がった73秒のオフィシャルPR動画は、「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前特設ページや当協会YouTube チャンネルでご視聴いただけるほか、毎日放送のちゃやまちプラザ(大阪市北区)のダックスビジョン、その他1000日前プロジェクトにご登録いただいたイベント等でご覧いただけます。 こちらの動画を活用したい!場合は、TEAM EXPO 2025事務局までお問合せください。〔お問合せ先:contact-co-creation2025@expo2025.or.jp〕また、1000日前プロジェクトに登録されたイベントも「TEAM EXPO 2025」プログラム1000日前特設ページ に多数掲載されています。みなさま、ぜひチェックしてみてくださいね。

    続きをみる

イベント

2025年日本国際博覧会協会からのお知らせ

  • 協会

    【EXPO PLL Talks】 アート&インパクト:イノベーターと共に考えるアフター万博の世界vol.03(12/22開催)

    日時2022.12.20 18:30〜 20:00
    場所art&wine

    続きをみる

  • 受付終了
    協会

    TEAM EXPO 2025 Meeting

    日時2023.09.15 10:30〜2022.12.15 17:00
    場所クイントブリッジ

    続きをみる

  • 協会

    TEAM EXPO 交流会 @東京 【11月22日開催】

    日時2022.11.22 16:30〜 18:30
    場所Open Innovation Biotope “Sea”

    続きをみる

共創チャレンジ / 共創パートナーからのお知らせ

  • つながれ!EXPO酒場

    日時2022.12.15 17:30〜 20:00
    場所QUINTBRIDGE
    共創チャレンジEXPO酒場

    続きをみる

  • こどもアート教室

    日時2022.05.07 00:00〜2023.03.11 17:00
    場所大阪友の家
    共創チャレンジ大阪友の会 SDGs私たちの実践プロジェクト ~家庭は簡素に、社会は豊富に~

    続きをみる

  • 12月18日"食文化×次世代シンポジウム"京都調理師専門学校主催:文化庁京都へ!京料理の登録無形文化財記念/大阪・関西万博機運醸成事業

    日時2022.12.18 13:00〜 14:30
    場所京都調理師専門学校(京都市右京区太秦安井西沢町4番5 )
    共創パートナー学校法人大和学園

    続きをみる

みんなの投稿

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 2022西淀川区健康いきいき展 千船病院と他業種コラボ

      10月22日(土)西淀川区役所にて健康いきいき展が開催されました。     西淀川区健康いきいき展実行員会が主催となり西淀川区医師会・歯科医師会・薬剤師会などが参加され千船病院も2つのブースで活動しました。       【認知症・もの忘れ検査・相談ブース〜東京藝術大学とのコラボ!!〜】   今回、東京藝術大学が作成した認知症課題アプリを初めて一般方々に体験していただきました。これは千船病院が横浜市立大学との共同研究をしている中で東京藝術大学と繋がりができ西淀川区を実装の場として企画しました。   認知症課題をゲーム化することで楽しく認知症に対するリテラシーをあげることを目的としています。       ゲームはまだ検証段階でありアプリの横のブースでは千船病院の理学療法士・作業療法士が実際に現場で使用する認知症テスト(HDS-R/MMSE/MoCA-J)を行い、ゲームが実際の認知症検査とどう関係があるか、検証しています。(千船病院・横浜市大・東京藝大との共同研究)    もちろん区民が主体のイベントためゲームの結果は区民に返し、不安や疑問点があれば認知症看護認定看護師や介護老人保健施設ユーアイの介護福祉士による認知症相談会も設置しました。   またからだポータルによる脳年齢測定会も行ってもらいました。     当日は14:00~16:00の開催ではありましたが60名の方がブースに来場されゲームや検査を体験されました。                【健康ウォーキング 〜グリコとイネーブリングシティウォーク コラボ!!〜】     今回健康いきいき展でグリコマニュファクチャリングジャパン株式会社のウォーキングイベントとイネーブリングシティウォーク※1のコラボを実施しました。千船病院の理学療法士がウォーキング前にウォーキングレクチャーを実施し正しい歩き方をレクチャーしました。そして西淀川区役所から江崎記念館※2まで歩き方を意識しながら大野川緑陰道路を歩きました。ウォーキング中にはまちのHappy/Healthを探すイネーブリングシティウォークWebアプリを使用しながらまちづくり調査にも協力していただきました。   ゴール地点の江崎記念館ではふだんは事前予約が必要なガイド付き見学やパネル展示、アンケート回答者へ商品試供品の配布がありました。 全3回あったウォーキングには約80名参加していただき、楽しく健康になる体験をしていただきました。       ※1 イネーブリングシティウォーク とは 大成建設らが作成したまちづくりアプリを使用したウォーキングです。まち歩きをしながらまちのハッピーHappy/ヘルシーHealthyを探しWEBアプリでマッピングしていきます。そのデータを行政や他業種と共有しながらまちの改善に生かして行こうというものです。また理学療法士、看護師が参加することでまちづくりだけでなく「歩き方講座」や「健康相談」も行えるウォーキングとして展開しています。    ※2 江崎記念館とは Glicoの資料館<企業ミュージアム>「おいしさと健康」を求めてきた江崎グリコのすべてをご紹介しています。       今後もいろんな業種の方と共創し幸福と健康が両立するまちづくりを目指していきます!    

    続きをみる

  • 尼崎市立小田中学校の「SDGsプログラム」に参画し、「第一生命で取り組んでいるSDGs」授業を実施しました!

    「第一生命大阪北支社 健康寿命延伸に向けた“大人のがん教育”プロジェクト」の後藤です!   第一生命大阪北支社では“大人のがん教育”と称し、日頃からお客さまや地域の皆さまへがんに関する情報を発信するとともに、地域の活性化を目指して地域の子どもたちの教育を支援しています。   当支社は、尼崎市内のSDGs達成に向けた取組みを支援する企業として、尼崎市が運営する「あまがさきSDGsパートナー」に登録しています。今回、同市よりご依頼を受け、2022年10月31日に尼崎市立小田中学校で実施している「SDGsプログラム」の一環として、同校2年生の約30名の生徒さんを対象に「第一生命で取り組んでいるSDGs」について授業を実施しました。   授業では、冒頭に「生命保険とは?」について説明。続いて、第一生命が実施している各種お客さま向け資料のペーパレス化(SDGs関連目標12 つくる責任つかう責任)などのSDGsに関する取組みについてお話するとともに、当支社が共創チャレンジ「健康寿命延伸に向けた“大人のがん教育”プロジェクト」として参画し、地域のがん検診受診率向上に向けた「がん検診の受診推進」・「がんの正しい知識・がんにまつわる情報提供」などに取り組んでいることについてもお話しました。   また、11月22日には当プログラムのフィールドワークとして、10月31日の授業を受けられた生徒さんの中から4名の方に当支社にお越し頂き、社内の様子を見学頂くとともに、授業でお話しした内容について、実際に地域の皆さまへ情報をお届けするためのチラシやツールなどをご覧頂きました。   第一生命大阪北支社はこれからも、地域に根差した教育支援や地域の皆さまのお役に立てる活動に取り組んでまいります! 【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 大阪北支社 担当:後藤 メールアドレス:makikok@daiichilife.com

    続きをみる

  • 姫路の大手前通りに食草スポットを設置しました!!

    JR姫路駅前にある播州信用金庫駅前支店さんと協働してジャコウアゲハの食草スポットを設置いたしました。大手前通りと国道2号線の交差するとても人目に付きやすい場所です。また姫路城が目の前に見える絶好のロケーションです。 2025年に向けて、銀行に来店され方だけでなく、市民や観光客にも楽しんでもらいたいですね!!

    続きをみる

  • 香里ヌヴェール学院小学校で「夏休みこどもミニ作文コンクール」を活用したキャリア教育に貢献!

    「第一生命大阪東支社子どものみらい応援団プロジェクト」の青木です!   第一生命大阪東支社では、豊かな次世代社会の創造に向けて、みらいを担う子どもたちの教育・育成を支援しており、地域の小学校へ当社が実施している「夏休みこどもミニ作文コンクール(※)」のご案内活動を行っています。   ※「夏休みこどもミニ作文コンクール(※)」とは 全国の小学6年生までのお子さまを対象に、100文字以内の作文を書いて頂くもの。2022年度の作文のテーマは「ぼくのゆめ、わたしのゆめ。」です。小学校の夏休みの宿題としても活用頂けます。   香里ヌヴェール学院小学校では、子どもたちのキャリア形成を目的として、どのような仕事につきたいかなど将来について考える授業が行われています。 今回、2022年度の夏休みの課題として全校児童約480名を対象に、「夏休みこどもミニ作文コンクール」に取り組んで頂きました。   作品の中から各学年の優秀賞と最優秀賞を選出し、10月17日に同学校内で表彰式を開催。表彰式の様子は全クラスにオンラインで配信され、全校児童の皆さんに参加頂きました。 表彰を受けた子どもたちは、表彰状とメダルを手にし、とても嬉しそうな笑顔を沢山見ることができました。    校長先生からは「第一生命の方に協力して頂き、子どもたちが社会の大人とふれあう良い機会を作る事ができました。」とのお声を頂きました。   第一生命大阪東支社はこれからも、地域に根差した教育支援や、地域の皆さまのお役に立てる活動に取り組んでまいります!         【問い合わせ先】 第一生命保険株式会社 大阪東支社 担当:青木 メールアドレス:Aoki072@daiichilife.com  

    続きをみる

  • 環境啓発第11回

    今回は都島区の副区長にも参加いただきました。 客引き等適正重点化地区の指定に向けてパブリックコメントも始まっています。 悪質な客引きをなくし、京橋地域をより盛り上げていきます。

    続きをみる

  • イベント【第3回】マリッジフェスタ2022秋をレポートします!

    Team Marriage Cultureの新垣 真優です。   2022年11月12日(土)第3回マリッジフェスタ2022秋『人生が100倍楽しくなる恋愛・結婚の魅力を発見しよう!!』 を開催し、414名の方にお申込み頂きました。 参加いただいた皆様の中から、感想の一部をご紹介させて頂きます。    ♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️   ◉日常で自分が結婚に対してどう思っているかなど考えたことがなかったことを知りました。 ◉自分には恋愛、結婚は関係ないと思っていたがその先の世界があったんだ! ◉今まで自分が思っていた結婚と全然違った。結婚については学んだことがなかったので早く知りたかった。  ◉両親の喧嘩を見てきたけれど幸せにしかなれない結婚が出来る方法があり私にもできるんだと感じられた。 ◉結婚は我慢・忍耐・自己犠牲というイメージしかなかったが恋愛・結婚のイメージが豊かなものに変わったイベントでした。 相手を通して自分を知る事がこんなも満たされて同時に相手も満たされる。しかもそれだけでなく創造というとてつもないエネルギーを生み出せることにワクワクしました。 ◉何も知らず男女の関係を一生懸命やってきてうまくいかなかったバツイチですが、うまくいかなかった理由がわかり、私もまた結婚してみたいと思えた。 ◉恋愛や結婚をして私が1番欲しかったもの、やりたかったことは物ではなく、気持ちを伝えあえるコミュニケーションをやりたかった。  ◉結婚しているからこういうイベントはもう関係ないと思っていました。でも参加してみたら結婚ってこんな魅力的なことだったんだ!と結婚の認識がガラリと変わりました。今までもっていた結婚のイメージがいつのまにかなくなってしまい主人を見る目が変わってしまいました。 ◉結婚した時代が違う嫁、姑の立場の話が聞けて同じところで苦しんできたんだということがわかった。   ♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️   結婚、幸せ、楽しみに対する価値観が多様化している昨今。 人はなぜ、なんの為に結婚してきたのか、結婚するのかをしっかりと教えてもらうことはありませんでした。 どのようにコミュニケーションをとったらいいのか手探りで、自分と相手という関係性の中で、分かりあえなかったり傷ついたり、葛藤してきました。  心のバランスを整えることができるテクノロジーを日常で使用し、男女関係を研究していくことで、先祖代々の結婚により生まれてしまった溝やイメージ、歪んでしまった感情、修復不可能と思われていた男女の関係は新しい結婚の考え方と方法により埋めていくことができます。  どんな状態からでも心豊かな人、夫婦、家族、結婚生活に創り変えていける事実として、これからも100年先の豊かな人、町、未来を持続させていく為に発信活動を進めて参ります。  次回のマリッジフェスタは6月に開催を予定しております。 ご興味がある方は是非遊びに来てください。

    続きをみる

共創パートナー

複数の共創チャレンジを生み出し・支援をする法人・団体

  • 学校法人大和学園

  • BEYOND 2020 NEXT FORUM実行委員会

  • 名張市

  • アジア太平洋トレードセンター株式会社

  • 西原国際特許事務所

  • グローバルDX

  • 株式会社リンクアンドモチベーション

  • 株式会社ホットスケープ

  • 株式会社ジョヴィ

  • SORABITO株式会社

  • 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

  • 門真市