みんなの投稿

フリーワード

SDGsの取組内容

みんなの投稿一覧

「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加されているみなさんからの投稿です。

  • 新プロモーション動画を公開しました!

      ダイバース・ユニバースの新プロモーションビデオを公開しました。   これまでの活動やプロジェクトを通じ発信したいことをまとめた内容に仕上げられたと思います。   いよいよダイバース・ユニバース万博プロジェクトチームも本番に向けて本格的に動き始めました。   今後、万博のテーマである「共創」を意識したイベントやプロダクトの体験会なども積極的に企画できればと思っています。   引き続き、活動報告を楽しみにお待ちください。  

    続きをみる

  • TEAM EXPO 2025 MEETINGへ参加しました!

    大阪・関西万博の会場での発信に向けた各取組みのブラッシュアップ、またその先の未来に向けた共創するチームを作ることを目指して企画された共創イベント、第3回「TEAM EXPO 2025 MEETING」にダイバース・ユニバースチームも参加いたしました。   昨年2023年12月20日(水)・21日(木)に開催され約1000名が参加したこちらのイベントですが、大きなトラブルもなく多種多様な活動をされている皆さまと有意義な交流が実現しました。 1チーム「5分間」という短い時間の中で行われた、皆さまそれぞれの思いを詰めた濃厚な内容のプレゼン大会もとても見ごたえがありました。ぶっつけ本番ということもあり緊張しましたが、ダイバース・ユニバースチームもこれまでの活動や今後の展望を、皆さまにホットにお伝え出来たのではないかと思います。   大阪万博の本番ともいえる「TEAM EXPOパビリオン」の開催にむけ、各プログラムの魅力や疑問に答えるツアーも実施され、本番さながらの大盛況のうちに幕を閉じました。  

    続きをみる

  • 「スマートグラス」で星空さんぽ|青少年科学の祭典奈良大会に出展しました!

      万博にむけて各地でのプロダクトの体験会など、盛り上がってきました。   今回は11月12日(日)に行われた「青少年のための科学の祭典 2023」奈良大会のレポートです。   若い人たちに科学の面白さ、夢中になって追求する楽しさ、ものづくりに打ち込む充実感を知ってもらうことを目標に開催された「青少年のための科学の祭典 2023」。   「青少年のための科学の祭典」は全国大会のほか、各地方で開催されて大きな成果を上げていますが、奈良大会は今年で 24 回目となります。   弊社ダイバース・ユニバースチームもこの奈良大会に出展しました。   全体来場者数450名と大変盛り上がったなか、ダイバース・ユニバースのブースにも定員いっぱいの50名のお客様がご来場。   星好き、宇宙好きの小学生を中心に集まった来場者の方々に、スマートグラスで「星空さんぽ」をご体験いただきました。   ご来場者の68%がスマートグラスは初体験だったようで、歓声を上げながら自由に身体を動かしARの宇宙空間をお楽しみいただけたこと、スタッフ一同非常に嬉しく思います。   体験後のアンケートにご回答いただいた内容を一部シェアします。   ================== ・宇宙に対して、更に興味が湧いた。楽しかった。貴重な体験ができて、とても嬉しかった   ・神秘的でした。   ・体験時間が短く思えるくらい、楽しく体験することができた。宇宙空間の美しさも素敵でしたが、技術がすごかったです。   ・すごくリアルだった。楽しかった。不思議な体験だった。   ・「宇宙から見た星座」について、地球上とは違った幻想的なのでよかった。   ==================   体験会の様子はこちらです↓     引き続きダイバース・ユニバースのメッセージ「古今東西の星空をひとつに!」を多くの方にお届けするために、各種活動を続けて参ります。

    続きをみる

  • ダイバース・ユニバース星座早見表の試作版をお披露目しました!

      弊社東京本社にて、開発中のプロダクトであるダイバース・ユニバースを表現した「星座早見表」試作版お披露目会を開催いたしました。   ダイバース・ユニバースの総監修JAXAの矢野創先生、Astro Ninja Projects代表の山内銘宮子さまをお招きして、開発段階のダイバース・ユニバース「星座早見表」について、忌憚のないご意見をいただきました。     このダイバース・ユニバース「星座早見表」は古今東西の星座が一つの早見表で見比べられるというコンセプトで作成していますが、今回のお披露目会で試作版の改善ポイントについて、専門家の方々ならではの視点で多数のアイディアをいただきました。   素材の透過具合や星座ごとの相違部分や比較要素のさらなる充実など、細かなこだわりポイントがとめどなく意見交換されました。   また、山内さまからは海外活動のレポートや各国の珍しい星座早見表をお土産にいただき、星座マニア垂涎のお披露目会となりました。

    続きをみる

  • 「星座カードミッション」200人以上で盛り上がりました!Diverse Universe(ダイバース・ユニバース)~古今東西の星空をひとつに~

    10月11日の全社計画発表会の懇親会にて、SKB万博プロジェクトの活動報告とカードゲーム「星座カードミッション」、そしてVR体験会を行いました。   200人を超える人数でのカードゲームは初めての試みだったので、難易度の調整や参加者の反応が心配でしたが、予想以上の盛り上がりで多くのスタッフが童心を取り戻し楽しみました。   VR体験会では、360度の美しい映像に「すごい!」「綺麗!」など驚きや感動の声が会場いっぱいにこだましました。カードゲームやVRを楽しむ中で、時代や文化によって星の見方や例え方が違うことを多くのスタッフが実感できたのではないかと思います。   今回行った活動の良かった点・反省点は、今後のイベント開催でも生かしていきたいです。今後ともご協力と応援をよろしくお願いします。  

    続きをみる

  • フライヤー、紙フォルダに環境配慮型プリントを採用!「Diverse Universe(ダイバース・ユニバース)~古今東西の星空をひとつに~」フライヤー、紙フォルダ

      新興出版社啓林館の共創チャレンジのプロジェクト「Diverse Universe(ダイバース・ユニバース」~古今東西の星空をひとつに~)」について、一般の方の理解が深まるようにフライヤー(一般向け、お子様向けの2種類)、紙フォルダを制作しました。 これらの印刷・製造は、CO2排出量をゼロ化した「株式会社研文社」の工場で印刷され、「カーボンゼロプリント(CARBON ZERO PRINT)」マークを表示しています。 研文社は、2023年4月より順次供給電力を再生可能エネルギーに切り替えるとともに、各事業所から排出されるCO2の直接排出(Scope1)も、国の制度であるJ-クレジットを利用しオフセットすることで、全事業所を「CO2排出量ゼロ」で運営することを目指しています。同社で印刷した製品には、Scope1・2のCO2排出量をゼロ化した工場で印刷されたことを証明する「カーボンゼロプリント(CARBON ZERO PRINT)」マークを表示することが可能です。さらにScope3のCO2排出量を算定し、カーボンオフセットすることにより、CO2排出量が実質ゼロで印刷されたことを証明する「カーボンニュートラルプリント(CARBON NEUTRAL PRINT)」マークを表示することができるようになります。 これらのマークを印刷物に表示することで、CO2削減の取り組みに貢献しています。(研文社HPはこちら https://www.kenbunsya.jp/) このたび、研文社尼崎工場は、「第21回印刷産業環境優良工場表彰」で、 最高位の「経済産業大臣賞」を受賞いたしました!(https://www.kenbunsya.jp/2023/08/07/20230807/)  

    続きをみる

  • 星空がプリントシールに!「ニコ☆フェス2023」にてオリジナルプリントシールを楽しんでいただきました!~Diverse Universe(ダイバース・ユニバース)

    8月27日に東京ビッグサイトTFTホールで行われた小中学生のファッションイベント「ニコ☆フェス2023」(新潮社主催)に、この日限りのダイバース・ユニバースプリントシールが登場!ファッションの意識が高い小中学生100名以上に楽しんでもらいました! あわせて大阪・関西万博、新興出版社啓林館の共創チャレンジ「Diverse Universe(ダイバース・ユニバース)~古今東西の星空をひとつに~」の紹介をさせていただきました。小中学生のみなさん、保護者の方も「万博楽しみ!」「行ってみたい!」と万博への期待感をもっておられました。 今回のイベントは新興出版社と共同で行いました。https://www.shinko-keirin.co.jp/shinko/   プリントシールのシステムは奈良県橿原市の「辰巳電子工業」さんのFamiPri(ファミプリ)を使わせていただきました。https://www.business.famipri.jp/          

    続きをみる

  • スマートグラスを用いた「歩くプラネタリウム」のイベントを実施しました!~「Diverse Universe」(ダイバース・ユニバース)

    7月25日、26日新興出版社啓林館で近隣の子どもたちを集めて行っている「わくわく学習教室」の一環として、スマートグラスを利用した「歩くプラネタリウム」とカードゲーム「古今東西の星空を知ろう」を実施しました! 参加した子どもたちは「〇〇座、見つけたよ!」「この星座の形、おもしろい!」など、皆いきいきと楽しんでくれました。 今後も古今東西の星座にまつわる情報を集め、VR・XRコンテンツ・星座早見などの企画開発を進めていきます! スマートグラスのシステムと「歩くプラネタリウム」のコンテンツは大阪府高槻市のMiRu place (ミルプレース)様のご協力をいただきました。https://miruplace.com/top

    続きをみる