自由な学びと問いで、深い人間理解を

みんなの投稿

投稿者Youth Consortium Project
最終公開日時2022.04.05

共創チャレンジ

「”若者たちの活動をつなぎ、若者たちの活動をサポート、推進するプロジェクト”Youth Consortium Projectです」

Youth Consortium Projectは若者たちの『できる』選択肢を増やすをコンセプトに、全国各地で社会貢献活動を実施している若者団体、個人を「つなぐ」ということで、それぞれの課題や事例の共有、拡散を行い、活動を加速させる仕組みです。現在では全国約1,300以上の若者団体と個人が繋がり協力して課題解決に取り組んでいます。

今回はその内の1団体、『 日本リベラルアーツ協会 』さんをご紹介します。

【団体名】

日本リベラルアーツ協会

 

【主な活動エリア】

関東

 

【活動目的】

古代ギリシャの自由七科に源流を持ち、「多様な視座、視点で自分、社会、世界を自由に見つめ、知り、感じ、問い、応え、意識する営みとその姿勢」であるリベラルアーツの普及と周知、提供、研究と開発、適用と課題解決をすることで、日本の教育における課題解決や個人のより良い生の探求に貢献すること。

 

【活動内容】

①普及や周知

リベラルアーツについてのより多くの皆さんに知っていただくためにホームページ、Twitternoteを中心としたSNSの発信やリアルタイムでの講演会を開催し、魅力や方法について知って頂いております。

②提供

実際にリベラルアーツを学ぶ場の提供や講座づくりやリベラルアーツを学ぶ仲間づくりを行っております。

③研究や手法開発

リベラルアーツのわかりやすい伝え方や学習効果の分析、より良い効果的な学び方やコンテンツについての研究開発をしております。

④適用や応用

リベラルアーツを用いて社会課題や教育現場などの課題解決を模索しております。

 

【活動での実績・内容】

   リベラルアーツの普及と周知 ・日本に居住する外国人と、それを受け入れる日本人、日本のコミュニティが相互理解の絆を深めるとともに、外国人のみなさんが、日本語でコミュニケーションできる社会の実現を目指して、さまざまな取組をされている「EDAS」の創設者である田村 拓様に「社会起業家におけるリベラルアーツの重要性~外国人政策の現場から~」と題したご講演をしていただきました。 

   リベラルアーツの提供 ・大人になるためのリベラルアーツ読書会と題して、週一回の勉強会を続けるプログラムを一般向けに20219月から12月まで開催しました。

    リベラルアーツの研究と手法開発 「club house」を用いて古代ギリシャの自由七科を現代にアップデートする公開ブレストイベントを2度開催いたしました。

   リベラルアーツの提供や応用 ・理事長がリベラルアーツに関連したテーマで、小学生〜70代までの多世代が参加する「RemoteCampus(リモートキャンパス)」、未來思考学会、TRUNK株式会社で講演をさせて頂きました。

 

【活動での課題】

・非営利組織として活動をしているため、常に資金不足、人手不足に悩んでいます。

・メンバーが若い世代が多く、人脈に乏しいことと、組織運営の事務的な手続き(補助金、助成金や会計事務、人事制度)への知見が内部に乏しい。

・つながりを大切にしたいので教育、研究系の団体や、学習面での課題をお抱えの方は積極的に提携したいです。

 

【将来成し遂げたいこと】

団体として

1人でも多くの人が多くのことに興味を持ち、楽しく学び、問い、考えることが自由にできる社会を実現したい。

中期的な目標としては

   都内に人と知と物が円滑に交流できる居場所(カフェ)づくり

   リベラルアーツの学術学会誌orもう少しフランクなアカデミックとソーシャルの中間にうまく位置できるような雑誌の創刊、発行

理事長個人として

日本リベラルアーツ協会の活動で自分も含めて多くの学びを継続したい方の雇用を生み出し、生涯を通して「私は何者でどこから来てどこへ行くのか」探求し続け、自分の「応え」を見つけたい。

 

【メッセージ】

大阪万博の開催、誠におめでとうございます。万博は人類の叡智や展望を公衆に向け示すものであり、多様な知が交わる場所です。それはまさに日本リベラルアーツ協会が目指す総合知であり、どのような共創、越境、交流、対話、時には問い直しが為されるのか大変楽しみです。このような形で万博に関われることを大変うれしく思うとともに、私たちの活動も微力ながら万博の盛況に貢献できるように身が引き締まる思いです。どうぞよろしくお願い致します。

 

【団体SNS】

WEB https://sites.google.com/view/jliberalarts7/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0?authuser=3

 

Twitter

https://twitter.com/j_liberalarts

 

 

Youth Consotium Projectでは、今後もこのように連携団体や個人の活動を紹介していきます。団体・個人への連絡は上記SNSよりご連絡ください。またYouth Consortium Projectへのお問い合わせは下記よりお受けしております。お気軽にお問い合わせください。

次回の共創チャレンジ投稿もお楽しみに。

 

Youth Consortium ProjectのSNSはこちら

【お問合せ先】

Youth consortium Project推進室 担当:里村

satomura@youth-consortium.jp

 

 

 

コメント

    コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。