西尾レントオール株式会社

共創パートナー

2021.06.08

仮設のチカラ~レンタル・シェアリングで社会課題を解決します

レンタル・シェアリングによるソリューションを統合・進化させ、社会課題解決に寄与します。
研究開発を加速し、研究機関やスタートアップ企業との連携など外部パートナーとも共創します。

マッチングと情報提供の場を設定し、多様なイベントで活用されている発信機材をリソースとして取組みを支援します。

建設機械や最新技術、および木造ユニットなどの仮設設備に触れていただく展示会の開催に取り組みます。

未来への宣言

レンタル・シェアリングをより浸透させ「人」と「環境」に優しい社会を創造します。

「仮設のチカラ」を通じて「賑わい創出」の基盤を提供します。

きっかけ

社是として掲げている「総合レンタル業のパイオニアとして経済社会に貢献する」との使命をこれからも果たし続けるため、また大阪に根差す企業としてレンタル事業にイノベーションを起こし、シェアリングエコノミーの時代を先導するために大阪・関西万博に寄与することをめざしています。
この考えをより多くの方に知っていただき、さまざまな外部パートナーと連携して博覧会を成功させるため、エントリーいたします。

創出・支援したい共創チャレンジ

・SDGsの達成に貢献するため、シェアリングソリューション、レンタルサービスの更なる進化と有効活用を目指す産官学連携でのワークショップを開催
・コンテナやトレーラーBOX、木造ユニットなど多用途な仮設設備に触れていただく展示会の開催(主催もしくは共催)
・国土交通省等が推し進めるICT施工を一層加速させる最新の建設機械や技術の展示会の開催(主催もしくは共催)

提供できるリソース

人材当社資機材のオペレーションに関わるノウハウ・人員を必要に応じて提供。
ネットワーク各種技術開発・製品開発におけるパートナーとの連携、災害協定・パートナーシップ協定による自治体とのネットワーク。
技術・ノウハウ準備時の車両の混雑状況把握等の各種技術、コンテナ、トレーラーBOX、CLT工法の木造アリーナ等仮設設備の設営・運営ノウハウを必要に応じ共有。
フィールド2022年に咲洲(大阪市住之江区)に開設する「R&D国際交流センター」(仮称)を中心とする国内外の事業拠点。
情報発信・PR多様なイベントで活用されている発信機材(4K中継車等)。

今後の展開

今後展開したい地域2022年に咲洲(大阪市住之江区南港北1丁目)に開設する「R&D国際交流センター」(仮)を拠点として、関西を中心に大学や企業と共同研究、開発を進めていきたいと考えています。
共創を希望する方々・博覧会の整備に関わる事業者
・パビリオン等コンテンツを制作・主催する主体
・博覧会整備・運営のサポートを行う主体
・博覧会に関わろうと考える大学等研究機関

大阪・関西万博のテーマとの関わり

Saving Lives…医療用トレーラーBOXやテントなど、仮設インフラにおける貢献や、各自治体との災害協定をもとにした防災・減災の取り組みにより貢献できると考えます。

Empowering Lives…ICT施工や建設ロジスティクスの最新技術を取り込むことで博覧会整備に向けた貢献、期間中はコンテナ、木造アリーナ等仮設のチカラを示し機動力の高いコンテンツ供給に貢献します。

Connecting Lives…全国に拠点を持つ社内ネットワークのみならず、様々なソリューションの開発パートナーや連携自治体・法人とのつながりを活用いただき博覧会の成功に寄与します。

SDGsとの関わり

当社の基幹事業である「レンタル」こそが、企業・個人間でモノを共用し有効活用する「シェアリングエコノミー」の時代に合致したもので、保守管理といったヒトの力を活かして資機材の長期活用、再生、転用といった資源の有効利用を通じて地球環境の保全に貢献できます。
また、各ソリューションの進化に向けた基盤整備や技術開発を加速させるとともに外部パートナーとの連携を通じて自然災害の激甚化や省資源化への要請等の社会課題に立ち向かいます。

西尾レントオール株式会社

西尾レントオール株式会社は1965年に建機レンタル事業を始め、イベント関連や民生品も含めた「総合レンタル企業」として歩んできました。必要なモノを、必要なお客様に、必要な時にお貸しするレンタル事業は「モノ不足」の時代に誕生したサービスでしたが、個人・企業のサービスやモノを大勢で共用し、有効活用する「シェアリング・エコノミー」の時代が到来し、その役割が一層、大きくなっています。

支援している共創チャレンジ

  • 立命館大学EDGE+Rプログラム EXPO2025 〜 大阪・関西からの発信 〜

    イノベーション人材育成を目指す教育プログラムの中で、「大阪・関西万博」をテーマとしたワークショップを開催します。 学生はパビリオンプロデューサーという立場で参加し、日本国内のみならず世界を意識した社会課題解決やSDGs達成への貢献につながることを視野に入れた提案を行います。この共創チャレンジを経験した次世代を担うイノベーション人材が、近い将来に実社会で活躍すること、またここで考えたアイデアがその後社会の中でいかされることを目指します。

    続きをみる