日本みどりのプロジェクト推進協議会

共創パートナー

2021.04.15

日本の森林を守る間伐材活用プロジェクト

全国の緑化、森林整備のサポートを通じ、地方創生の実現、ゼロカーボン・脱炭素社会、生物多様性の保全に関する様々な取組みを創出していきます。

未来への宣言

自然資源(みどり)を核に都市と地方が連携し、自然豊かな地方での様々な事業・しごとの創出を産官学が連携して行っていくことで、自然との共生・調和、生態系の維持を前提とした社会経済モデルへの転換と脱炭素社会・ SDGs 実現を目指します。

きっかけ

2020年10月、大阪観光局、長野県、高知県、 三重県、鳥取県、熊本県、長野県観光機構 が設立メンバー となり 、 日本の 自然 (みどり ・花 )を核に 、 都市と地方が連携し、地方創生を推進することを目的とした「日本みどりのプロジェクト推進協議会」を立ち上げた 。 会長には長野県阿部知事が就任し て、 今後、新たに参加する自治体・企業・大学や研究機関が参加している。当プロジェクトは、 自然との共生・調和、生態系の維持を前提とした社会経済モデルへの転換と脱炭素社会・ SDGs 実現を目的として、自然資源(みどり)を核に都市と地方が連携し、 with コロナ時代における 、 自然豊かな地方での様々な事業・しごとの創出を 産官学が連携しておこなっていくものである 。

創出・支援したい共創チャレンジ

①全国の緑化、森林の保全に関する様々な活動
②日本の宝である森林の維持に大きな課題である「山が荒れた状態」を改善するため、間伐と植樹を促し、その間伐材を使って、日本の森を守り抜くための知恵、意識、匠の技など、持続的な社会に向けた森林の果たすべき役割を改めて考え、創出する活動。

これらを、万博の機会を通じ広く世界に発信していきたいと考えています。

提供できるリソース

ネットワーク(公財)大阪観光局、(一社)テラプロジェクト、(一社)ナショナルパークスジャパン、長野県をはじめとする会員自治体・企業・大学・研究機関など、様々な団体のネットワーク
情報発信・PR公式Webサイト

今後の展開

今後展開したい地域日本全国(特に間伐材利用の観点から、森林整備県及び木材消費県など)
共創を希望する方々緑化、森林保全、間伐材利用等に取組む自治体・企業・大学や研究機関

大阪・関西万博のテーマとの関わり

現代人にとって、自然と緑に触れることが、心と体両方の健康面にメリットをもたらします。また、日本の豊かな自然や生態系が人間による開発で多くが失われてきました。その劣化した土地を回復し、生物多様性の損失に終止符を打ち、次世代へ天然資源の恩恵を引き継いでいくことこそ、我々に課された使命であり、万博で情報発信したいことです。

SDGsとの関わり

国土面積の約7割を森林が占める森林大国・日本だが、近年、輸入材に押され、木材自給率が落ち込んだ結果、伐採など森林の手入れが行き届かず、倒木や土砂崩れなどの災害や異常気象を引き起こす原因になっている。そこで、日本でも森林を整備し守り、また活用し、人、流通、商品を増やすことが、国や企業のSDGs達成に向けた取り組みの具体化へ繋がるものと期待しています。

日本みどりのプロジェクト推進協議会

「日本みどりのプロジェクト」は、日本各地の自然資源(みどり)を核に都市と地方が連携し、withコロナ時代における自然豊かな地方での様々な事業・しごとの創出を行うことを通じて、持続可能な社会経済モデルへの転換とSDGs及び2050年国内の二酸化炭素排出量を実質ゼロとするゼロカーボン(脱炭素)の達成をめざす産官学オールジャパンのプロジェクトです。

 

 ■問い合わせ先■

 一般社団法人テラプロジェクト(事務局)
 担当者:峯平 慎哉

 TEL:06-6312-3407
 mail:minehira@thera-projects.com