大阪府中小企業団体中央会

共創パートナー

2021.01.14

中小企業の共創力で未来を創るプロジェクト

大阪・関西を中心とする中小企業組合や中小企業による社会課題の解決や未来社会への取り組みを支援するプロジェクトです。
製造、建設、流通やサービスなど幅広い業界にある中小企業組合では、長い伝統で培った技術や知恵を持つ中小企業が共創し、新規事業の創出や社会課題解決に向けた取り組みを行っています。
中小企業の独自の視点や技術による取り組みはSDGs達成や未来社会の創造に大きく貢献するものであり、我々の持つ情報機能やネットワークを活用し、こうした取り組みを共創事業として創出、展開することを支援したいと考えております。

未来への宣言

大阪・関西の中小企業によるSDGsへの取り組みを推進し、持続可能な社会の実現に向けたフィールドで中小企業が活躍し続ける未来を創りたいと考えます。

きっかけ

大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に共感するとともに、「SDGs+beyond」達成に向けた取り組みは将来の産業界にとって重要であり、大阪・関西の中小企業が世代を超えて参画すべきものと考えるため、中小企業支援機関として支援したいという思いです。

創出・支援したい共創チャレンジ

・中小企業が持つ独自の技術や知恵、製品・サービスを活用し、SDGsで示される社会課題を解決する取り組み。
・業界団体である中小企業組合間の連携をはじめ、中小企業組合や中小企業が共創し未来社会の発展に必要な製品・サービスを開発する取り組み。
中小企業組合が守ってきた伝統を新たな形で発展させる取り組み、培った技術や知恵で新たな価値を生み出す取り組みが行われています。大阪・関西万博のテーマに沿った形で未来社会へ向けた「共創」の取組を発掘し支援したいと考えています。

提供できるリソース

人材中小企業組合及び中小企業の事業活動に対する支援経験を持った人材
ネットワーク会員組合・企業・団体、中小企業支援機関、金融機関等
情報発信・PR会員組合・関係団体を通じた発信、機関誌、HP、メールマガジン

今後の展開

今後展開したい地域地域:
大阪府下の中小企業組合を中心に取り組みを開始します。その後、組合等のネットワークを通じてつながる企業や団体等へ取り組みを展開していきたいと考えます。
方法:
・当会会員組合等に対して情報発信、共創チャレンジの募集
・指導員による各共創チャレンジに対するサポート
・取り組み成果を情報発信し、新たなチャレンジの発掘へつなげます。
共創を希望する方々各共創チャレンジにおける課題解決に向けて力になっていただける中小企業組合、企業、専門家、支援機関等

大阪・関西万博のテーマとの関わり

当会では、幅広い業界における中小企業組合及び中小企業の事業活動を支援しており、SDGs+beyond達成など未来社会に対する取り組みの支援を行うことで、大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」実現につながるものと考えております。

SDGsとの関わり

中小企業組合を中心とした事業者間のパートナーシップにより、様々な共創事業が創出されることとなります。大阪の産業を支える中小企業による取り組みは、「8 働きがいも経済成長も」、「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」をはじめ、SDGs17の目標達成に貢献する可能性を秘めていると考えております。

大阪府中小企業団体中央会

当会は、中小企業等協同組合法及び中小企業団体の組織に関する法律に基づいて設立された特別認可法人です。主な活動目的は、中小企業の組織化を推進し、その強固な連携による共同事業を推進することによって、中小企業の振興発展を図ることにあります。
具体的な活動として、中小企業組合の設立・運営の支援のほか、生産性向上、事業承継や働き方改革など中小企業の様々な経営課題に対する支援を行っています。

 ■問い合わせ先■

 大阪府中小企業団体中央会 総務企画課
 担当者:堀内雅生

 TEL:06-6947-4370
 mail:horiuchi@maido.or.jp