アフラック生命保険株式会社

共創パートナー

2022.08.04

「キャンサーエコシステム」の構築に向けた取り組み

「キャンサーエコシステム」とは、がん患者を取り巻く、身体的・医学的な問題、精神的・心理的な問題、さらには就労や経済面を含めた社会的な問題などを包括的かつ総合的に解決するために、がん患者とそのご家族を中心として、医療者、職場・学校、行政(国や自治体)、民間の団体(NPO法人や患者団体)、企業などさまざまなステークホルダーが連携・協業するためのプラットフォームです。この「キャンサーエコシステム」の構築に向けて取り組むことで、がんに関する社会的課題を包括的に解決していくことを目指し、がん患者が主体的に自分らしい人生を生きることができる社会の実現に貢献していきます。

未来への宣言

「がん患者が主体的に自分らしい人生を生きることができるよう、各ステークホルダーがそれぞれの立場から支援(サポート)を提供し、がん患者はその支援(サポート)を受けながら、双方向に関わり合いつながりを強めていく」という「がん患者本位のエンゲージメント」の確立・普及に努め、生涯で多くの人が経験する「がん」を、特別なことから当たり前のことと捉えることができる社会への変革を目指していきます。

きっかけ

当社は「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という想いのもと、1974年に日本で初めてがん保険を提供する保険会社として創業しました。以来、「がん保険のパイオニア」としてがん保険という商品を通じて多くのがんと闘う方々を応援してまいりました。
最近の統計では、日本人は一生のうち2人に1人ががんにかかるといわれています。がんはすべての人々の課題であり、がんに関わる問題は、身体的問題にとどまらず、精神的・心理的な問題、就労や経済面を含めた社会的な問題など多岐にわたります。こうしたことから、がん患者の療養や生活にわたる幅広い課題を医療者だけで解決することは難しく、社会全体の関わりやつながりを意味する「エンゲージメント」が重要です。
TEAM EXPO2025に参画することで、さまざまなステークホルダーの皆さまとも連携・協業させていただきながら、万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に貢献していきたいと考えています。

創出・支援したい共創チャレンジ

がんに関する社会的課題の解決に向けて、医療者、職場・学校、行政、民間団体、企業など、さまざまなステークホルダーの皆さまの活動を支援するとともに、新たな共創チャレンジも創出し、「キャンサーエコシステム」の構築につなげていきたいと考えています。具体的には、以下のような取り組みを創出・支援していくことを想定しています。
・がん検診の受診率向上に向けた取り組み
・がんの早期発見に関する取り組み
・小児がん・AYA世代のがんに関する啓発・支援に関する取り組み
・がん経験者の就労支援に関する取り組み

提供できるリソース

人材創業以来、がん保険をコアビジネスの一つとして取り組んでおり、がんに関するさまざまな知見や経験をもった人材が多くおります。がんに関する課題解決に向けた共創においてご支援することが可能です。また、グループ企業の「Hatch Insight株式会社」は、データ解析の専門企業として保険・ヘルスケア分野における知見を有しており、課題解決に向けて協働することが可能です。
技術・ノウハウ当社はこれまで、がんの早期発見・早期治療のためさまざまながん検診啓発活動に取り組んできました。がんについてわかりやすく知ることのできる情報展示キットや情報ツール、がんに関する情報をまとめたWebサイト「WEB版がんを知る教室」など、がん検診啓発に活用できるコンテンツをご提供することが可能です。
技術・ノウハウ社内で「がん・傷病 就労支援プログラム」 を整備し、「相談」「両立」「予防」の3つの柱で社員が安心して自分らしく働けることを支援する取り組みを行っています。主な取り組みとして制度・運用などのがんと仕事の両立のための環境整備、がんを経験した社員の社内コミュニティ「All Ribbons」の活動を行っています。これらの知見をご紹介することが可能です。
フィールド当社は長年小児がんの子どもたちを支援する活動に取り組んでいます。当社が支援する小児がん経験者とがん遺児のための奨学金制度、小児がんに関する社会啓発イベントなど、ステークホルダーと共に取り組む場をご提供することが可能です。
ネットワーク全国に展開する支社に加え、これまでの企業活動で関係構築してきた多くの企業・民間団体・行政などとのネットワークを通じて、取り組みを加速させていくことが可能です。

今後の展開

今後展開したい地域各地域において有するネットワークなども活用し、全国規模で取り組みを展開していきたいと考えています。
共創を希望する方々医療者、職場・学校、行政、民間団体、企業など、さまざまなステークホルダーの方々と連携・協業させていただき、がんに関する社会的課題の解決に向けて共に取り組んでいきたいと考えています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

がんは一つの疾病ではなく、「がん患者さんを取り巻く状況の問題」と捉えることが重要です。多種多様な悩みや問題の解決・解消に取り組むには、医療者のみならず、さまざまなステークホルダーが連携・協業していくことが不可欠です。多様な方々との共創により「キャンサーエコシステム」を構築していくことで、がん患者が自分らしく生きることができる「いのち輝く未来社会のデザイン」に貢献してまいります。

SDGsとの関わり

がんの正しい理解や早期発見・早期治療の重要性、さらにはがん検診の受診率向上を広く社会に呼びかける啓発活動に引き続き取り組んでいくほか、がんになっても自分らしく働き続けることができる社会の実現に寄与していきたいと考えています。これらの取り組みを含め「キャンサーエコシステム」を構築していくためには、自社の取り組みのみでは実現は難しく、さまざまなパートナーシップによって取り組みを実行してまいります。

アフラック生命保険株式会社

当社は、「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という想いのもと、1974 年に日本で初めて「がん保険」を提供する保険会社として創業し、社会と共有できる価値(Shared Value)を創造(Create)する企業経営(=CSV 経営)を実践してきました。そして、創業50周年を迎える2024年に目指す姿として策定した「Aflac VISION2024」において、「生きる」を創るリーディングカンパニーへの飛躍を掲げています。「生きるための保険」を中心としたコアビジネスの伸展とヘルスケアを含むビジネス領域の拡大とともに、「エコシステム」の構築に戦略的に取り組みながら「生きる」を創る共有価値の創造を実践してまいります。

【お問い合わせ先】

アフラック生命保険株式会社

キャンサーエコシステム構築担当

田丸(TEL:050-3085-3088、Mail:tamaru_s@aflac.co.jp )

小泉(TEL:050-3101-6007、Mail:koizumi_n@aflac.co.jp)