FM802

共創パートナー

2022.07.08

FUNKY 802 Road to 2025 PROJECT

FM802というラジオ局としての機能を通じて、大阪・関西万博、及び「TEAM EXPO 2025」プログラムにとって、新たなコミュニケーションと新たな価値を与える存在となりたいと考えております。
ラジオ放送や各イベントを通じ、大阪・関西万博に関する情報や「TEAM EXPO 2025」プログラムで展開される活動を発信することで、これからを担う世代をメインターゲットに、新しい活動を生み出していきたいと考えております。

未来への宣言

「地元メディア」そして「ラジオ」という双方向メディアの特性を活かし、
2025年、そしてそれ以降の未来に向け、リスナーにとって意義のあるコミュニケーションを図っていきたいと考えております。

きっかけ

世界中からたくさんの人やモノが集まる大阪・関西万博に向け、先の見えないコロナ禍を歩んだ多くの企業も大きな期待を寄せて様々な取り組みをスタートさせています。
FM802も、そういった会期までの盛り上がりを一緒に作っていくべく当申請に至りました。

創出・支援したい共創チャレンジ

・各企業や各自治体の課題解決に取り組む活動
・何かアクションしてみたいけど、何から取り掛かればよいかわからない、というリスナーや、
ステーションターゲットである10代~30代の活動
・学生の社会課題に取り組む活動

等、関西圏に根付く方々を中心に、社会的に意義のあることを目指すチャレンジを支援したいと考えます。

提供できるリソース

情報発信・PR開催にむけて、FM802はラジオ番組、及びそれに付随するイベント展開を通じた情報発信を行います。何かを始めたいんだけども、、という一人(リスナー)の方も、FM802と一緒に!リスナーの皆さんとアクションを起こしていきます。また、それに付随するイベントも行っていきます。(情報発信番組の一例は備考欄にございます)
ネットワーク番組出演者(DJ)の発信力や、開局して33年間培ってきた音楽業界を中心として各所とのネットワークをご提供いたします。

今後の展開

今後展開したい地域FM802が手掛けるラジオ放送や各イベントを通じ、関西圏を中心に全国に向けて発信していきたいです。
共創を希望する方々FM802は10代~30代、若年層~中間層をメインターゲットとして放送しているラジオ局です。
また、日々の放送に加えて多数イベントを開催しております。
社会課題解決に向けた共創チャレンジを掲げているリスナー、企業、自治体、団体様の取り組みを
一緒に盛り上げる活動を行いたいと思っております。 

大阪・関西万博のテーマとの関わり

大阪・関西万博に向け、何か始めてみたいけどどうしたらいいかわからない、というリスナー、企業様、団体様と、番組やイベントを通じ、一緒に考えて行動する機会を創出し様々な方々と関わっていきたい、と思っております。

SDGsとの関わり

媒体という特性を活かしながら、様々な方々と目的を達成したいと考えております。

FM802

大阪府を放送対象地域とするFMラジオ局です。

【お問い合わせ先】

FM802 リスナーセンター info@funky802.com

(平日11:00~17:00)

 

【情報発信番組(一例)】

on-air with TACTY IN THE MORNINGRoad to BANPAKU

https://funky802.com/tacty/

 

●毎週月曜日10時台

DJ:大抜卓人

2025年に、大阪の夢洲で開かれる「大阪・関西万博」。毎週、万博に関するクイズを出題!

万博にまつわる雑学や、 2025年の大阪・関西万博に関する最新情報もお届けします。

 

SATURDAY MUSIC ISLANDS-AFTERNOON EDITION-OSAKA EXPO LIVING LAB

https://funky802.com/saipm/

 

●毎週土曜日12時台

DJ:吉村昌広

毎月1つテーマを決めて、リスナーの皆さんと、一緒に取り組めるSDGsアクションを紹介。

リスナーの皆さんと一緒に、実際に番組チームも取り組み、アクションを起こしていきます。

6月のテーマは「マイ箸 使ってる?」メッセージお待ちしています!

アクションの取組状況、やってみての感想などを「#802SDGs」でシェアしてくださいね

 

ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-Road to 2025!! Think About

https://funky802.com/rockkids/

 

●毎週水曜日23時台

DJ:落合健太郎

「持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献」を目指す2025年 大阪・関西万博!

このコーナーでは、 FM802学生サポーター「802wannabes」の目線で身近にある「SDGs」を毎週ピックアップしていきます!ぜひ、あなたの周りの「SDGs」も教えてください。

支援している共創チャレンジ

  • ステハジプロジェクト「 みんなで拡げる給水スポット 」 チャレンジ

    OSGコーポレーションが取組む「ステハジプロジェクト」は、 “使い捨ては恥ずかしい”という考え方を通して、誰でも(子供から高齢者・企業・自治体など)、いつでも、どこでも、少しの意識と行動で、海洋プラスチックごみ問題や使い捨てから生まれる、その他様々な社会課題を、個人・企業・自治体が一体となって啓発・実践し、みなさんと一緒に行動変容に取組むプロジェクトです。 ステハジプロジェクトが啓発する「 みんなで拡げる給水スポット 」チャレンジ 環境やコストのことを考えるとマイボトルを持ち歩きたいけど、中身がなくなったあと、荷物になるし、ついついペットボトルを買ってしまう。もっと「日常のライフスタイルの中で給水できる場所があればいい」を叶えるプロジェクトです。 自宅や、職場・学校、いつのものスーパー・ドラックストア、お気に入りの料理店や美容室。いつでもどこでも、マイボトルの中身が無くなれば給水するRefill Style。そんな新しい日常(未来)のスタートです。 仕事先なら自社はもちろん、訪問先の取引先でも給水させてもらう。 学校で無くなれば学校で給水する。 いつも立ち寄る場所が ”私の” ”私たちの” ”みんなの” 給水スポットとして拡げていきます。 あとは、給水スポットを「給水検索サイトに登録」することで、給水できる場所がいつでも簡単に確認ができるようになります。 また、この取組みは「 夏の社会的健康課題 ”熱中症” 」の予防にもつながります。 熱中症は、毎年5万人を超える人たちが緊急搬送されています。しかし、熱中症は誰でも対策を行えば予防できます。その対策の一つに「こまめに水分補給」を行うことは欠かせません。 誰でも、いつでも給水できる新たな日常(未来)持続可能な社会を目指します。

    続きをみる

  • ステハジプロジェクト「 ペットボトル 50億本 削減 」チャレンジ

    OSGコーポレーションが取組む「ステハジプロジェクト」は、 “使い捨ては恥ずかしい”という考え方を通して、誰でも(子供から高齢者・企業・自治体など)、いつでも、どこでも、少しの意識と行動で、海洋プラスチックごみ問題や使い捨てから生まれる、その他様々な社会課題を、個人・企業・自治体が一体となって啓発・実践し、みなさんと一緒に行動変容に取組むプロジェクトです。 ステハジプロジェクトが啓発する「ペットボトル50億本削減」チャレンジ 毎年800万トンとも言われる海洋プラスチックごみが海に流入し、そのほとんどが一度流入すると回収できていません。また、流入前に回収しても「埋め立て」や「焼却」などの問題が発生しています。  そこでこのチャレンジでは、海洋プラスチックごみのひとつ「飲料ペットボトル」を少しの行動変容で、選ばない、使わない選択を啓発して行きます。 チャレンジでは、3つの啓発内容を中心に取組んで行きます。 ① マイボトルでの飲み物の持ち歩きの普及で削減  個人・各企業・自治体など、まずはみんなで7日間から持ち歩き体験を実践スタート ② 学校機関との連携による子供たちとの共創  学校への「SDGs子供先生」「水資源を一緒に考える映画鑑賞」などの出張授業を共創メンバーと実施  ③ 社会貢献型商品(冷水機/整水器/ステンレスボトルなど)の普及で削減

    続きをみる

イベント

  • Road to 2025!! TEAM EXPO FES

    日時2022.07.23 10:00〜2022.07.24 19:00
    場所大阪大学箕面キャンパス 及び 箕面市立船場生涯学習センター
    共創パートナーFM802

    続きをみる