森ノ宮医療学園ウェルランゲージスクール

共創パートナー

2022.07.08

外国人留学生のチャレンジ!!大阪・咲洲から世界へ発信!!

万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に、福祉の分野から貢献します。これからの福祉業界を担う外国人介護福祉士の養成を通じて、外国人留学生が日本文化を経験する機会を提供し、学生、教職員、地域の方々との医療・福祉分野の活動や地域活性化・日本文化に関わる活動を支援します。
その体験通じて日本や万博のテーマを理解し、また、その活動を世界へ情報発信することで大阪・関西万博の機運醸成にもつなげたいと考えています。

未来への宣言

本校の教職員は、幅広い知識と専門技術を有し、社会人として必要なコミュニケーション能力や自律の精神を備えた外国人の介護福祉士を育てることをミッションにしています。大阪・咲洲にある本校に在籍する外国人留学生が、多くの共創チャレンジに関わることで、夢洲、そして咲洲、さらには、大阪ベイエリア全体の活性化に寄与したい。

きっかけ

外国人介護福祉士を養成する学校として、今後の日本が迎える超高齢化社会での課題の解決に取り組んできました。本校の目的や考え方をより多くの方に知っていただき、さまざまな外部パートナーと連携することで大阪・関西万博の成功に寄与するためにエントリーします。

創出・支援したい共創チャレンジ

・医療・福祉の従事者、医療・福祉を学ぶ学生等による医療・福祉を通じた社会への貢献活動
・地域の企業や住民等と本校教職員・外国人留学生が一緒になって取り組める活動
・日本文化に関連する活動

提供できるリソース

人材様々な医療・福祉の資格を持つ教員、日本語教師、介護福祉士を目指す外国人留学生 の知見・ノウハウを提供します。
ネットワーク大阪を中心とした連携先の医療機関や社会福祉法人、企業、自治体 のネットワークを提供します。
フィールド森ノ宮医療大学、森ノ宮医療学園専門学校、森ノ宮医療学園ウェルランゲージスクール、森ノ宮医療大学附属クリニック を活動のフィールドとして提供します。
情報発信・PRWEB、SNSや、各種イベント・セミナーの実施による情報発信 で提供します。

今後の展開

今後展開したい地域大阪・咲洲だけでなく、大阪市内を中心に、近隣の企業や大学と共同研究、各種イベントやセミナーの開催を進めていきたいと考えています。
大阪、関西を中心に本学の外国人留学生が、介護の現場や日本文化に携わるエリアと積極的に関わりたい。
共創を希望する方々地域の住民、企業、自治体、NPO法人等の市民団体
外国人関連企業、介護に関連する方々

大阪・関西万博のテーマとの関わり

本校が関連する医療・福祉分野の専門的なノウハウや知見は、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」と親和性があると考えます。

SDGsとの関わり

万博への関わりを通じて、本校が最も貢献できる可能性のある「3:すべての人に健康と福祉を」、「4:質の高い教育をみんなに」、「17:パートナーシップで目標を達成しよう」の3つの項目に取り組みたいと考えています。

森ノ宮医療学園ウェルランゲージスクール

森ノ宮医療学園ウェルランゲージスクールは、2019年4月大阪の咲洲で開学しました。咲洲は万博が開催される夢洲の隣に位置し、本校と森ノ宮医療大学は万博に一番近い学校です。本校は日本語学科、介護福祉学科を有し、入学する留学生は、日本語を学び、その後介護福祉士の資格を取得する学習をします。本校は、留学生に対して単に日本語教育を行うだけでなく、介護福祉士の国家資格を取得させ、就労までをサポートしている。

<お問合せ窓口>

森ノ宮医療学園ウェルランゲージスクール

教務事務部

担当:小島

電話番号06-4703-3615  kojima@morinomiya-u.ac.jp