サラヤ株式会社

共創パートナー

2021.03.09

地球の未来をアクションとイノベーションで守ろう!

近年、台風や洪水といった気候非常事態、プラスチック海洋汚染、また生物種の減少など国を超えた社会課題があり、半面でイノベーションの進化は我々を別次元の世界へと導いてくれます。こういった環境変化に対応する新たなビジョンを持ち、それを実践する活動が必要になっています。
サラヤは自社の製品・サービスを通じて「衛生・環境・健康」の分野で革新的挑戦を続けるとともに、イノベーションや独自のアクションで社会問題の解決に向けてチャレンジする皆さまと連携し、持続可能な世界の実現に取り組みます。

未来への宣言

大阪・関西万博の開催に向け、これからはさらにイノベーションに力を入れて行動していきます。サラヤはイノベーティブな皆さまと連携し、複眼的な視野で未来を捉えていきます。開拓余地はまだまだあり、挑戦するのは面白い!と思うフロンティア精神で、真の持続可能性を一緒に追究いたしましょう!

きっかけ

人と地球の未来を守る我々サラヤの合言葉は、「いのちをつなぐ」。赤痢感染防止の石けん液開発に始まり、以来、国内外でさまざまな社会的課題の解決に努めてきました。手洗いと消毒、公衆衛生や食品衛生、病院内の衛生といった本業に加え、ボルネオでの生物多様性保全、持続可能なパーム油の国際NPOであるRSPOへの加入、ウガンダの衛生向上など、国内外で種々な取り組みを進めております。TEAM EXPO 2025というプラットフォームを活かしより一層の取組みを進め、理想とする未来社会を築いていこうと思います。

創出・支援したい共創チャレンジ

サラヤはこのTEAM EXPO 2025で事業の柱であり、互いに密接な関係にある「衛生」「環境」「健康」で、より豊かで実りある地球社会の実現を目指すための共創チャレンジを創出、支援します。
【衛生】
安心で清潔な生活の実現に向けた途上国での衛生支援といったチャレンジ
【環境】
昨今深刻化している海洋プラスティックの問題や、気候非常事態、生物多様性の社会課題に対しての革新的でイノベーティブなチャレンジ
【健康】
すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられるというユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成に向けたチャレンジ

提供できるリソース

情報発信・PRSNSを通じアイデアを共有ができます。
人材NPO法人などでの活動経験豊富な担当社員がおります。
ネットワークこれまでの環境に関する取組みを通じ連携してきた産学官のネットワークを活かして参ります。

今後の展開

今後展開したい地域日本国内にとどまらず、特にアジア、アフリカ諸国など世界各地で社会課題に挑戦するイノベーティブな取り組みを進めて行きます。
共創を希望する方々「地球の未来をアクションとイノベーションで守ろう!」をテーマに、地球の未来に新しいイノベーションや自らの活動で持続可能な世界を創って行く企業や団体の皆さまと連携していきます。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「衛生」、「環境」、「健康」この3つを事業の柱に、広い視野と豊かな発想で人と地球の未来を守っていこうとする我々サラヤの合言葉はまさに「いのちをつなぐ」。生物多様性への取組みを軸に、私たちは地球の生命を守る活動を行い、サポートして参ります。

SDGsとの関わり

サラヤのミッション。それは、世界の衛生・環境・健康に貢献すること。
感染予防の医薬品メーカーとしてより深く社会と向き合うために、2030年までの国際目標 SDGs(持続可能な開発目標)を企業活動に入れ、世界の課題に取り組んでいます。

サラヤ株式会社

サラヤ株式会社は大阪府大阪市東住吉区湯里に本社を置く、消毒剤や洗浄剤、医薬品、食品を製造する化学・日用品メーカーです。1952年の創業時からお客様の役に立つということがサラヤの責任であると考えます。
「衛生・環境・健康」の向上のために商品サービスを提供することと、よりよい社会、持続発展可能な社会を築くために私たちが果たすべきことは何かを問い続けます。

 

 

 

 

 

 ■問い合わせ先■

 サラヤ株式会社 産学官連携事業部
 担当者:松下英治

 TEL:03-6863-8170
 mail:matsushita-e@saraya.com

 

支援している共創チャレンジ

  • グローバルユース防災サミット

    スローガンは【つながろう世界と まもろう未来を】   防災をローカルとグローバルの両視点から考え、若い世代が中心となり未来につなぐチャレンジとして、「グローバルユース防災サミット」を企画、開催しています。  第1回のサミットはドイツ・ハンブルク市青少年消防団をパートナーに迎え、日独両国における防災の現状と課題をテーマに2021年10月に大阪で開催(あべのハルカス会場とオンライン)し、その成果を「次世代BOSAIフォーラム」で発信しました。  2022年は引き続きハンブルク市との交流を継続。7月30日(土)にハンブルク市消防局のユルゲンさんのオンラインレクチャーのほか、10月29日(土)には双方のユースによる交流と防災学習の場として「グローバルユース防災サミット」を開催します。  さらに今年、私たちの防災の思いを受け止め、共に研鑽しあえる新たなパートナーが現れました!  日本と同じ地震頻発国の「トルコ共和国」です。トルコの防災教育は世界一と言われるほど盛んで、子どもたち自身が災害から自分の命を守る方法を考え、実践しています。私たち大阪のユースとお互いの国の防災について学び合うことにとても関心を持ってくださることから、2025年に向かってタッグを組むことにしました。同じく10月29日にはトルコのユースとの交流も行います。 自分の街を守る防災も大切ですが、グローバル社会においてはまさに地球を俯瞰し、世界の国々で防災に取り組む若い世代との交流と研鑽が欠かせません。 大阪や関西一円の自然災害伝承碑を訪れ、学び、感じ取ったことを文化の違う海外の仲間と分かち合うことで「災害大国日本」は「防災大国日本」として世界に貢献できる力を持っています。 一連の活動を通じて2025年に向かって世界各国で防災に取り組む若い世代との交流を深め、「万博で会おう」を合言葉に国を越えて共に学び合えるグローバルなパートナーシップの構築をめざして一年を通して活動しています。

    続きをみる

  • ポリマ号のブルー・オデッセイ

    持続可能な経済モデル「ブルーエコノミー」を可能にする革新的技術やビジネスモデル「ブルーイノベーション」を世界に向けて発信していきます。自然エネルギーだけで世界15万km以上を航海してきた世界最大のソーラー船「ポリマ号」で日本と世界各地を巡り、美しい自然や環境問題、先進技術について情報発信し、実験やイベントを行います。起業家を巻き込み 、ブルーエコノミーに向けて社会の変革を加速させます。

    続きをみる