株式会社みなと銀行

共創パートナー

2021.12.07

兵庫県の地域創生、活性化、発展へのサポートプロジェクト

みなと銀行は兵庫県を地盤とし、「地域のみなさまとともに歩みます。~金融・情報サービスの提供を通じて、地域に貢献します~」を経営理念に、地域密着の営業活動を展開しています。中期経営計画 基本方針の1つとして「SDGsを通じた地域発展への貢献」を掲げており、それの実現に向けた戦略部門として、地域戦略部が位置づけられています。また、地域の事業者や地域社会の皆様が抱える様々な課題を解決し、新たなビジネスへと発展していくための情報発信・交流拠点として、ビジネスプラザこうべをオープンしました。兵庫県の創生、活性化、発展に関するチャレンジを行う方をサポートします。具体的には、兵庫県の会社や兵庫県に居住している方、働く方が元気になる取組み、兵庫県以外に居住、勤務している方が兵庫県に居住・勤務もしくは訪ねたくなる取組みを支援します。そのような未来を創るために、我々は会社同士のビジネスをつなぐビジネスマッチング、起業をサポートする創業スクール開校、新卒、中途採用のサポートに取組みます。

未来への宣言

兵庫県に居住する人、兵庫県で働く人が毎日、生き生きとした活力のある日々を過ごせるように、地域金融機関として、兵庫県の地域創生、活性化、発展実現に向けて全力でサポートします。

きっかけ

みなと銀行は1999年に旧阪神銀行と旧みどり銀行が合併して出来た銀行です。いずれも兵庫県を営業基盤とする銀行同士が合併したことに加え、兵庫県下で圧倒的な店舗数を誇ることもあり、兵庫県の「県民銀行」をキャッチフレーズとして地域に根差した金融機関として営業を継続してきました。現在は地域の皆様から支持される「真の県民銀行」を目指して、兵庫県の地域経済の発展に貢献できるように日々業務に取り組んでおります。
このような背景から、2025年の大阪・関西万博の開催に際し、兵庫県への波及効果拡大への後押しを図るべく、様々なチャレンジに対し、高度なビジネスソリューションを提供したいと考えています。

創出・支援したい共創チャレンジ

(1)兵庫県の発展、活性化に貢献するような取り組み
(2)兵庫県下の社会課題解決に貢献する取り組み
(3)兵庫県下でのイノベーションを起こすような取り組み
上記に関わらず、幅広いチャレンジに対し、あらゆるリソースを活用し、様々な課題解決を行う取り組みに対し支援を行う方針です。

提供できるリソース

ネットワークみなと銀行(103店舗)のネットワークだけではなく、りそなグループの全国ネットワーク(830店舗)が提供できます。
人材様々な課題解決、地域貢献をお手伝いする人材(グループ銀行、関係会社人材も含む)を提供できます。
資金提供ビジネスマッチング、商談会開催により販路、仕入ルート拡大を促進します
フィールド課題解決、地域貢献をお手伝いするための場所としてビジネスプラザこうべを提供できます。
情報発信・PRオープンイノベーションやセミナー、商談会、交流会等を通じて幅広い情報発信をサポートします。

今後の展開

今後展開したい地域みなと銀行のお膝元の兵庫県への浸透を図るとともに、グループ銀行であるりそな銀行、関西みらい銀行の営業基盤でもある大阪府、滋賀県等の関西地区はじめ、埼玉県、東京都等全国各地への展開も行いたいと考えています。
共創を希望する方々活動に賛同頂けるチャレンジャー(地方公共団体、企業、学校)やチャレンジャーの発掘、啓発、成長支援に関わる支援者など、幅広く共創を行います。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

地域の創生、発展、活性化を図る取り組みや、課題解決を行うような取り組みへのサポートを通じて、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会」実現のお役に立てるものと考えています。

SDGsとの関わり

地域創生、活性化、発展、課題解決を主眼とし、それらを通じて「住み続けられるまちづくり」「働きがい」「経済成長」「イノベーション」の実現をサポートすることから、SDGsのテーマに沿った取り組みとなっております。

株式会社みなと銀行

・本店所在地 神戸市中央区三宮町2丁目1番1号
・代表者 社長  武市 寿一
・資本金 399億円
・設立日 1999年4月1日
・有人店舗数 103ヶ店(兵庫県100ヶ店、大阪府2ヶ店、東京都1ヶ店)
・株主 関西みらいFG(100%) りそなHDの100%子会社

株式会社みなと銀行 地域戦略部 ビジネスプラザこうべ 倉本

TEL:078‐351-5591

 

支援している共創チャレンジ

  • 課題解決能力を育む、中高大学生のための社会問題解決型グローバルオンライン授業

    経済格差、宗教、文化、個人の持つバックグラウンド関係なく、国際的な平和を目指し、将来を担う若者が世界各地が抱く共通の課題に向かって議論し、意見交換を行う場を設けることで、多文化理解視点と課題解決能力を育むグローバルオンライン授業を実施します。 現在すでにネットワークのある世界60カ国に所在する小学校、中学校、高校、大学と連携し、 協創パートナー等から頂戴した 共通のテーマやプロジェクトを設定し、他国籍の子どもたちが一緒に考え意見を出し合い、問題提起から自分たちにできることを軸に、実際に問題解決のために働きかける過程までを行うプロジェクト型のオンライン授業です。 海外拠点に駐在している同社メンバーが各地の学校と直接コミュニケーションをしているため、円滑に授業カリキュラムの調整、運営、実施をすることができ、これまでに、日本の中学、高校や先生同士と世界60か国の学校と426校の教育機関や先生をつなぎ授業を行った実績があります。 SDGsの認知の拡大により、企業・学校・個人など様々なステークホルダーの人たちが社会貢献活動に取り組むことが増えたことに加えて、 新型コロナウイルスで授業のオンライン化が一気に進んでいる時代の流れを最大限に活かし、国境や場所関係なく、大阪・関西万博2025年を見据えた、世界の子どもたちの教室を繋ぎ平和な未来に向けて何ができるかを話し合うディスカッションする場を提供します。 大阪・関西万博時には、世界大会として「平和な未来に対して私たちができること・行動したこと」をテーマに議論する機会を設け、2025年の大阪・関西万博のその後も、世界各地の若者を多く巻き込み、継続的に行動し続ける世の中の形成を目指します。

    続きをみる

イベント

  • 受付終了

    2025年大阪・関西万博セミナー ~万博の風を兵庫県へ~

    日時2022.03.03 15:00〜 16:30
    場所大森みなとビル6F(神戸市中央区多聞通2-1-2 大森みなとビル6階)
    共創パートナー株式会社みなと銀行

    続きをみる