枚方市

共創パートナー

2021.11.04

笑顔つなげる・いのち輝く未来へのチャレンジ

「枚方市公民連携プラットフォーム」×「SDGs」により、「TEAM EXPO 2025」プログラムにおいて、枚方市の有する魅力あるリソースを活用し、社会課題の解決、持続可能な社会の実現を目指して、企業や団体の皆様と共に未来社会に向けたワクワクが連鎖する新たなチャレンジを創出していきたいと考えています。
※「枚方市公民連携プラットフォーム」
本市では、企業・大学・研究機関等(以下、事業者)の皆様と社会課題 を共有し、事業者の皆様が持つアイデアや先進技術等を活かして、課題の解決とまちの魅力向上に向けた事業を展開していく場として、「枚方市公民連携プラットフォーム」を構築しています。
【公民連携取り組み】スマート街路灯の運用、シェアサイクルの展開など

未来への宣言

持続的に発展し、一人ひとりが輝くまちをめざします。

きっかけ

枚方市の「公民連携」「SDGs」の取り組みは、大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現につながり、大阪府北部エリアの拠点として府域・関西全体に万博の祝祭空間を拡張したいと考えました。

創出・支援したい共創チャレンジ

歴史ある菊人形でゆかりのある「ひらかたパーク」と連携し、「夏の七夕」「秋の菊」「冬のイルミネーション」をテーマとする観光施策を展開していきます。その他、ベイエリアの賑わいを淀川も含む枚方市域へつなぐイベント、自然豊かな東部エリアを活用した事業展開などを検討しており、企業や団体の皆様と共に取り組むことで、目指すべき将来像につなげます。

提供できるリソース

フィールド2021年8月にオープンした「枚方市総合文化芸術センター」をはじめとする市内の様々な公共施設等のフィールドとしての活用をご支援いたします。
 その他
  ・特色ある市内5大学(外国語・医療・
   情報・農学のナレッジ)
  ・自然豊かな東部エリア
情報発信・PR市広報誌やホームページ、SNS等の様々な媒体を通じて情報発信が可能です。

今後の展開

今後展開したい地域大阪府北部エリアの拠点として府域・関西全体に万博の祝祭空間を拡張したいと考えています。
共創を希望する方々枚方市のリソースを活用し、観光施策や賑わいの創出などに取り組もうとする企業や団体

大阪・関西万博のテーマとの関わり

企業や団体などに対して枚方市のリソースを提供し、枚方市をフィールドとした共創の取り組みを全国や世界に発信することで、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に寄与するものと考えます。

SDGsとの関わり

17の目標が相互に関連しあうように設定されていることを踏まえ、2030年のゴールに向けた取り組みとして、枚方市に関わるすべてのステークホルダーが、人とまち、その未来に心を寄せ、笑顔の輪をひろげ、つなげていく行動を起こしてもらえるよう、共創チャレンジをすすめていきます。

枚方市

枚方市は、大阪の一番東に位置する市で、昭和22年8月1日、大阪府下12番目の市として誕生しました。西に淀川が流れ、東には緑豊かな生駒山系の山々があります。東海道56番目の宿場町である「枚方宿」や国特別史跡「百済寺跡」があり、歴史を感じる情緒あふれる街並みを有するほか、特色ある5大学が存在するなど、たくさんの魅力とあらゆる活動のポテンシャルを有するまちです。
市の中央部を国道1号が縦断し、市の西部を京阪電鉄が、東部をJR学研都市線が走っており、大阪と京都の真ん中に位置します。また、京阪電車・枚方市駅では、大規模な再整備計画が進行中です。

枚方市は、大阪の一番東に位置する市で、昭和22年8月1日、大阪府下12番目の市として誕生しました。西に淀川が流れ、東には緑豊かな生駒山系の山々があります。東海道56番目の宿場町である「枚方宿」や国特別史跡「百済寺跡」があり、歴史を感じる情緒あふれる街並みを有するほか、特色ある5大学が存在するなど、たくさんの魅力とあらゆる活動のポテンシャルを有するまちです。
市の中央部を国道1号が縦断し、市の西部を京阪電鉄が、東部をJR学研都市線が走っており、大阪と京都の真ん中に位置します。また、京阪電車・枚方市駅では、大規模な再整備計画が進行中です。

----------------------------------*--
【お問い合わせ】
枚方市 総合政策部 企画政策室 
大阪府枚方市大垣内町2丁目1番20号
TEL    072-841-1254(直通)
FAX    072-841-3039
Email  kikaku@city.hirakata.osaka.jp
--*----------------------------------