大阪湾の海の森(藻場)保全・再生プロジェクト

共創チャレンジ

2023.02.14

法人

チーム名関西エアポート株式会社×阪南市
現在の活動地域 国/地域日本 大阪
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

 関西エアポート株式会社と共創パートナーである阪南市が共創して以下の取組を行い、本プロジェクトの成果を全国・世界に展開できるよう発信します。
【地域と空港の連携により豊かな海洋環境を創造】
①地域と空港間での海藻移植プロジェクト
②藻場創造のための知見の共有による大阪湾の価値の向上
③海域環境向上に向けた次世代への教育 など

■展開したい地域

泉州地域や大阪湾沿岸域で同様な活動を考えている自治体や団体、共感いただける企業と連携していきたいと考えています。

■共創を希望する方々

環境関連活動に共感する団体、企業、自治体

■大阪・関西万博テーマとの関わり

 本活動の成果を大阪・関西万博を通じて全国・世界に発信することは、「海の万博」のカーボンニュートラルの実現に貢献できるものと考えます。
 また、前回の大阪万博が開催された1970年代は大阪湾の埋立が進み、海流が滞った結果、赤潮被害が深刻となりました。
 そのような時代背景のなかで建設が開始された関西国際空港は、海の環境に配慮し緩傾斜石積護岸を取り入れることにより、豊かな藻場を造成しました。大阪万博から50年を経たいま、関西国際空港と一緒に育まれてきた藻場が地域との環境保全活動に役立つことにより、大阪湾全体の未来を築くための一助となると期待しています。

このチャレンジの投稿

  • 【市外イベント】「HANAZONO EXPO」に参加(令和5年11月3日〜11月4日)

    令和5年11月3日(金曜日)・4日(土曜日)、東大阪市花園中央公園において、「HANAZONO EXPO」に参加して、「地域と空港間での海藻移植プロジェクト(展示)、海域環境向上に向けた次世代への教育(VR体験)」で出展しました。  

    続きをみる

  • 羽衣学園中学校サマースクールでの講演(令和5年7月26日)

    令和5年7月26日、羽衣学園中学校3年生のサマースクールにて、大阪湾の海の森(藻場)保全・再生プロジェクトについての講演を行いました。 ==講演内容== ①阪南市役所「海のゆりかご藻場再生プロジェクト」  SDGsやブルーカーボン、市の海洋教育について ②関西エアポート株式会社「人と地球にやさしい空港-関西国際空港-」  関西国際空港の成り立ちから空港島に育つ海藻や海の環境を守る活動について ③株式会社漁師鮮度「大阪湾ってどんなところ?」  大阪湾の移り変わりや大阪湾の環境について   「自分たちの行動が大阪湾の環境を守ることに繋がることがわかった。」という感想を頂くことができました。 講演の後、西鳥取漁港で地びき網体験を行い、生き物観察を行いました。 子ども達からは「初めて海に入った!」「このような場所があることを知らなかった!」等の言葉があがっていました。  

    続きをみる

  • 【市内イベント】海藻移植に係る海藻引き渡し式(令和5年4月25日)

    阪南市と関西エアポート株式会社は、「大阪湾の海の森(藻場)保全・再生プロジェクト」として、地域と空港の連携により豊かな海洋環境の創造に共同で取り組んでいます。 令和5年4月25日(火曜日)、尾崎漁協同組合前にて、関西国際空港から阪南市沿岸への海藻移植に係る海藻引き渡し式が行われ、豊かな藻場造成による大阪湾の価値向上を目的とした海藻移植を実施しました。

    続きをみる

この共創チャレンジを支援する共創パートナー

  • 阪南市