阪南市から世界へ!「健康無関心層に響く体力・脳力測定システム」の開発

共創チャレンジ

2022.11.16

法人

チーム名関西医科大学×コガソフトウェア×阪南市
共創メンバー学校法人関西医科大学、コガソフトウェア株式会社、阪南市
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / Society5.0 /

私たちの共創チャレンジ

 我が国の多くの地方自治体では少子高齢化により増え続ける医療費、介護給付費を適正化するために様々な健康事業を行っているが、参加者の多くはすでに健康に関心が高い層で固定化されており、医療費、介護給付費を適正化するために参加させたい健康無関心層が参加していない。そこで、WEBでの登録要件を極力簡易にし、誰でも利用できる体力・脳力測定プログラムを開発し、体力・脳力の実力を本人にフィードバックすることで、健康事業への関心を高め参加者のすそ野拡大をめざす。 
 まずは、実証実験として共創パートナーである阪南市と連携し、阪南市の成人への体力・脳力測定プロジェクトを実施し、普及拡大を図る。
 また、今回開発する「WEBカメラでの運動機能レベル・体力レベル・認知機能レベルを判定するプログラム」を阪南市での展開を皮切りに行い、その成果を論文化し、多くの自治体や企業に展開できる足掛かりをつくるとともに、今回の開発プログラムをベースに「非接触センサーによる身体機能評価システム」へ発展させ、2025年の大阪・関西万博での展示をめざし、全世界へのシステム展開の足掛かりにする。

未来への宣言

 2025年大阪・関西万博までに「非接触センサーによる身体機能評価システム」の基盤技術として組み込むことで、データ利活用等のデジタル化の推進による社会課題・地域課題解決や国民がwell-beingを実感できる社会の実現をめざす。

きっかけ

 国策としての国民がwell-beingを実感できる社会の実現に向けて、高齢化による要介護者と認知症患者が急増しているが、健康無関心層の健康行動の動機づけできる機会が少ないのが現状である。学校卒業以来、体力等のテストを受けていない人が多くを占め、健康意識が高い人は高齢者に多いが現役世代では低い。そこで、気軽に体力テストだけではなく認知症予防のための脳力測定もができ、本人にフィードバックし、早めの予防行動の動機づけになりうる誰でも利用できる体力・脳力測定プログラム開発が急がれる。

取組の展開

今後展開したい地域・方法 今回開発する「WEBカメラでの運動機能レベル・体力レベル・認知機能レベルを判定するプログラム」を阪南市での展開を皮切りに、各自治体や企業にも展開し、それぞれの健康事業への参加者へのすそ野拡大を図り、健康増進や生活習慣病の予防、介護予防力・認知症予防力の向上を図り、健康寿命の延伸、介護費用や医療費の適正化をめざす。
 また、今回の開発プログラムをベースに「非接触センサーによる身体機能評価システム」へ発展させ、2025年の大阪・関西万博での展示をめざし、全世界へのシステム展開の足掛かりにする。
共創を希望する方々健康関連活動に共感する団体、企業等

大阪・関西万博のテーマとの関わり

 本活動の成果を大阪・関西万博を通じて全国・世界に発信することは、データ利活用等のデジタル化の推進による社会課題・地域課題解決や国策としての国民がwell-beingを実感できる社会の実現に貢献できるものと考えます。

SDGsとの関わり

 本活動の成果は、データ利活用等のデジタル化の推進による社会課題・地域課題解決や、国民がwell-beingを実感できる社会の実現に貢献できるものであることから、SDGsの「3:すべての人に健康と福祉を」、「11:住み続けられるまちづくりを」と「17:パートナーシップで目標を達成しよう」につながるものと考えます。

**************************************************

【お問い合わせ】

阪南市 未来創生部 政策共創室 企画担当

TEL:072-471-5678

E-Mail:seisaku@city.hannan.lg.jp

**************************************************