アートと穏やかな暮らしプロジェクト

共創チャレンジ

2021.01.14

法人

チーム名Atelier Florence
共創メンバー永田 登志子/池畠 真岐子/浅野 やよい
主な活動地域日本 / 大阪

私たちの共創チャレンジ

私は画家として日々絵を観てくださる方に癒し、穏やかな想いを感じて欲しいと心掛け制作しています。アートを通じて人々に穏やかで、優しい想いで他人に寄り添える社会造りに貢献したいと思っています。最も力を入れたい想いは病気を患っていらっしゃるご家族の方をいたわる事が出来たらと思っています。心配と不安を抱え介護をされているご家族の方に少しでも癒しの時間を過ごして頂き、その力をまた患者様に注いで頂けたらと思います。次に子供たちに創造力や感受性、表現力を身につける場を提供したい。絵画だけでなく絵本の作成もし、チェロと絵画の演奏会、バレエと絵画の舞台をさせて致しました。アートを通じて人が日常的に幸せを感じることのできる社会を創造する活動を継続的に致します。

未来への宣言

SDGs国際的持続可能でよりよい世界を目指す目標17個をテーマで作品を制作したいと思っています。その作品を全国に発表し一人一人が、意識してもらえる事が出来るとSDGsの掲げる目標の達成に近づけたいです。世界の方々にも届けられるよう努力致します。

きっかけ

私に出来る社会貢献とはと考えると私には絵を描く事しか出来ません。自分自身が難病疾患患者であり、日々周りの方の暖かい支えを受け今の私があります。いつも、私がお返しが出来る事は周りの人が絵を観て喜んで頂くことが一番だと感じています。きっと私と同じような想いをされている患者さんはたくさんいらっしゃると思います。「病院で病と闘っている人や、世界中の絵を描きたいと思っている子供たちに絵を描ける環境を提供したい」との願いから微力ですがチャレンジして参りたいと思っています。

取組の展開

今後展開したい地域・方法アートが心にとってどれほど素晴らしいかを伝える場、そして教育の場を頂けると幸せです。絵本の朗読会や心穏やかに過ごせる癒しの時間を提供していきたいです。いつでも、沢山の絵を観ていただける画廊の開設や展示スペースを提供頂きたいと考えています。そこで現在制作しているSDGsをテーマとした作品を発信したいと思っています。そのほか病院・企業などにも展示して頂けたらと願っています。
共創を希望する方々このような取り組みにご協力頂ける方どうぞ、よろしくお願いいたします。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

すべての人が体の健康と心の健康を満たされることで、希望や夢を持ち人を労り最も大切ないのちを救い・いのちに力を与え・いのちをつなげSDGsで掲げている目標達成に近づけるのではないでしょうか。

SDGsとの関わり

アートの楽しさや素晴らしさ、心のバランスを保ち健康にそして子供たちに創造力や表現力・感受性を身につける機会を提供し社会や経済の仕組みを考えたい。

■活動地域
日本 /神戸・大阪を中心に全国

 

■ この共創チャレンジに関するお問合せ先 ■

電話番号:090-3716-6514

電子メール:atorie.fuuka@gmail.com

Atelier 風花 〔担当者:永田 登志子〕