日本の伝統スポーツ・相撲に触れる

共創チャレンジ

2022.09.16

法人

チーム名摂津倉庫株式会社 相撲部
共創メンバー株式会社NMR流通総研
株式会社SAT
株式会社サード・パーティ・ロジテック
関東摂津運輸有限会社
コーポレーション
摂津地所株式会社
摂津C&M株式会社株エトワス式会社
株式会社タムラ
主な活動地域日本
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / スポーツ / 地域活性化 / コミュニティ・まちづくり、住まい / 働き方改革、健康経営、ワークライフバランス / Society5.0 / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 / 循環型社会、サーキュラーエコノミー / ダイバーシティ、インクルーシブ /

私たちの共創チャレンジ

摂津倉庫株式会社には、平成元年創部の『 実業団相撲部 』があります。
社員のこころと身体づくりや、地域社会の幅広い世代へ相撲の歴史文化を継承するべく、“子ども相撲教室の開催”、“高校・大学の合宿受け入れ”、“商業・福祉施設でのイベント実施”などの取り組みを行っています。

相撲は、子どもから高齢者まで、すべての世代が一緒になって、誰もが楽しめる競技です。
土俵上の俵の外に相手を押し出す、もしくは地面に足の裏以外をつけさせた方が勝ちと、専門的な知識が無くとも楽しめます。
ルールはシンプルな競技でありながらも、「心」「技」「体」が揃っていなければ勝つことはできません。

これまで25名の部員が所属し、全日本実業団相撲選手権大会 団体優勝など成績を残しながら、枚方市の「わんぱく子相撲」など子ども相撲大会でデモンストレーションを実施するなど、次の世代に相撲文化を伝えてきました。
また、大相撲「なにわ巡業」の巡業運営や、グランフロントでの相撲イベントに参加するなど、一般の方への相撲認知の向上に努めてきました。
大相撲「3月/大阪場所」の際は、当社が大阪にあることから、複数の部屋に宿舎として活用していただいております。

相撲という国技を通じて、次世代に「歴史」「文化」を継承することが、これからを担うわたしたちの仕事だと考えています。
子ども相撲教室の開催、高校・大学の合宿受け入れ、商業・福祉施設でのイベント実施など、「相撲」という歴史を継承するべく、さまざまなアプローチでチャレンジしています。

未来への宣言

相撲に関する活動が、社会・地域の課題解決に繋がると考え、子どもたちとの稽古や、イベントへの参加などして、たくさんの人に心身ともに豊かな未来を目指します。

きっかけ

1980年代、懇意にしていた大学相撲部の合宿所として社長の自宅を提供、その後、当社相撲部が発足し、現在まで続く伝統ある実業団チームとなっています。子ども相撲教室の開催、高校・大学の合宿受け入れ、商業・福祉施設でのイベント実施などを行い、地域社会の幅広い世代へ相撲の歴史文化を継承してきました。
また、海外の方のために、相撲デモンストレーションを行うなど、グローバルな交流も実施しております。

さらなる相撲の歴史と文化の発展、伝統を引き継ぐため、共創チャレンジに参加します。

取組の展開

今後展開したい地域・方法大阪から関西へ。大阪・関西万博の共創チャレンジに参加し、大阪・関西に向けて「摂津倉庫株式会社相撲部」と相撲を広めたい。
共創を希望する方々①関西圏の相撲文化の発展に取り組まれている方
②小・中・高・大学相撲部
③地域のこども相撲でもデモンストレーション
④各種イベントの開催・参加(グローバル交流・福祉施設・商業施設等)
⑤相撲に興味があり、好きな方

大阪・関西万博のテーマとの関わり

地元“大阪”の企業として、大阪・関西万博を通じて未来へ繋げる『いのちの輝き』を実現していきます。
歴史・文化など、「伝統」は本来、親から子へ、紡いでいくものです。しかし、紡いできた歴史・文化も少しずつ失われつつあります。
そこで、相撲という国技を通じて、次世代に「歴史」「文化」を継承し、『いのちの輝き』を紡いでいきます。

SDGsとの関わり

太古より、相撲には、たくさんの掟があります。
そもそも相撲の発祥は、悪い神様を治めるための取り組みであり、か弱い女性では、命の危険に繋がるため、これまで大柄で力の強い男性が行ってきました。
しかし、いまは、女性も相撲を取る時代です。『新相撲』という名で、あらたな歴史を刻んでいます。
大人も子ども、男性も女性も関係なく、すべての人に“相撲”の魅力を伝えたいと考え、選択いたしました。

摂津倉庫株式会社

574-0023

大阪府大東市南新田1-3-13

TEL:072-870-7070

担当:営業統括本部 萩野 杉浦