SHOW-COMPANYミュージカル

共創チャレンジ

2022.08.05

法人

チーム名SHOW-COMPANY
共創メンバー阪上めいこ 山崎真実
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 文化・芸術(アート) / エンターテイメント / 音楽 / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

「明日を生きていこう」という生命の根源に触れるテーマのミュージカルで、世界の人々と共に平和で思いやりのある「いのち輝く明るい未来社会」を謳歌します。

未来への宣言

SHOW-COMPANYオリジナルミュージカルを通して生命の根源に響く「愛と勇気と夢」を世界に発信、平和で心豊かな生命の輝く世界を作ります。

きっかけ

SHOW-COMPANYは、これまで大阪ガスちいさなともしび運動や、全労済の協賛で、多くの子供達の心を育み、厳しい環境の中で生きる人々に明日を生きる勇気となるミュージカル公演を続けてきました。設立30年を迎え、この「愛と勇気と夢」のメッセージを未来に、世界に、届けたいと思いました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法日本各地/世界各地でSHOW-COMPANYオリジナルミュージカルにより「いのち輝く明るい未来社会」活動をしたいです。
共創を希望する方々SHOW-COMPANYの「愛と勇気と夢」をテーマとした取り組みを理解し、経済的支援してくださる団体/企業

大阪・関西万博のテーマとの関わり

明日を生きていこうという生命の根源に触れるテーマのミュージカルは、平和で思いやりに溢れる「いのち輝く明るい未来社会」を創っていこうとする世界の人々と共鳴し響き合い、大阪・関西万博にふさわしいメッセージを発信することができると信じます。

SDGsとの関わり

世界のあらゆる人々にそれぞれの才能と可能性があり、これまで認められていなかった人々にも目に見えない豊かな感性があることをメッセージ。

SHOW-COMPANYオリジナルミュージカル作品 

 

天使の休日 

売れない劇作家ジョージアの夢は、世界中の人に愛をメッセージすること。ある日、見知らぬ人から突然卵を預けられます。その卵から生まれたのはなんと、かわいい天使だったのです!!

 

   

 

1998年2月 すばるホール 

1998年6月 シアタードラマシティ 

1999年2月 SAYAKAホール 

2000年12月 八尾プリズムホール 

2003年11月 大阪市中央公会堂 

2005年9月 大阪城音楽堂 大阪野外芸術フェスティバル  

2008年4月 メルパルクホール 

2009年5月 新神戸オリエンタル劇場 

2013年3月 全労災ホールスペースゼロ(全労災文化フェスティバル参加 

2016年5月 シアター1010 

2016年8月 あべのハルカス近鉄アート館 

 

 

ファイヤーマンの祈り 

ブロッコリー市長は、市民の人気取りのために、美女揃いの消防隊フェアリーズを作り、ハンサムな署長アンドリューを就任させるが、アンドリュー署長には人に言えない過去があり、酒浸りの日々を過ごす。緊急のベルが鳴る。アンドリューは、失った勇気を取り戻せるのか!フェアリーズは、人々を救えるのか!! 

消防士の職責と使命。無償の愛の愛を描く話題作品。

 

 

 

1995年11月 アルカイックオクト 

1996年 シアタードラマシティ 

1996年10月 厚生年金中ホール 

2004年9月 大阪市中央公会堂 

2015年8月 新宿文化センター大ホール 

2015年8月 クレオ大阪中央大ホール 

 

 

駄菓子屋エンジェル 

舞台は昭和40年代の大阪。駄菓子屋『くんくん堂』のおばちゃん堀田薫は、毎日、子ども達と漫才のようなやりとりをして賑やかに暮らしていたが、ある日、命銀行の営業マンを名乗る男が現れ、「あなたの命は戦死したご主人から貰った命。間もなく契約満了。」と告げられる。 

 

   

 

2007年3月 大阪市中央公会堂 

2008年8月 新宿シアターサンモール 

2012年3月 全労災ホールスペースゼロ(全労災文化フェスティバル参加 

2016年3月 朝日劇場 

 

 

This is My Song 

小さな南の島、アレアレア島は世界一、夕日の美しい島。この島でデッキカフェを営むレディ・ジョイのもとに集まる少年少女達。ある日、大掛かりなリゾート開発の話が持ち上がる。光の妖精と若者たちが織りなすファンタジーと笑いの渦。そして別れの涙。命の輝きを眩しく描いた感動作品。 

 

   

 

1999年8月 シアタードラマシティ 

2003年8月 大阪市中央公会堂 

2014年3月 全労災ホールスペースゼロ(全労災文化フェスティバル参加 

2014年8月   クレオ大阪 

 

 

愛が降る街 

私財を投じて、大阪市中央公会堂を寄贈、「中央公会堂の父」として知られる、岩本栄之助氏の人生をミュージカル化。公会堂の完成を見ないで自らこの世を去った岩本栄之助が現代の中央公会堂に蘇り、夢に生きた自分の人生を振り返り、生きることの素晴らしさを謳い上る。波瀾万丈の人生を生き抜き、屋根の上のメリクリウスとミネルバとともに、今もみんなの幸せを願っているという夢と希望の膨らむ物語。 

 

 

 

2003年7月 大阪市中央公会堂 

2003年10月 大阪市中央公会堂(文化庁芸術祭参加 

2004年11月 大阪市中央公会堂 

2009年9月 大阪市中央公会堂 

2018年10月 大阪市中央公会堂 (中央公会堂100周年記念公演) 

 

 

蝶々さんの日記 

なにわの名女優「ミヤコ蝶々」の人生をミュージカル化。 

「ミヤコ蝶々」(1920-2000)紫綬褒章、勲四等宝冠章などを受賞した日本喜劇界の名女優。7歳から劇団座長を務め、漫才師としても活躍。三遊亭柳枝、南都雄二との結婚、離婚。「漫才学校」「スチャラカ社員」でお茶の間の人気者に。日本初の視聴者参加番組「夫婦善哉」の名司会。また自作自演の舞台は数知れず、「続男はつらいよ」ではフーテンの寅さんの生みの母親役を演じた。 

 

 

 

2017年10月 近鉄アート館(文化庁芸術祭参加 

 

 

唄子と啓助  SHOW–COMPANY30周年記念公演 

お笑い界の大プロデューサー、澤田隆治監修。 

昭和の大人気漫才コンビ、京唄子・鳳啓助 の波乱万丈の人生を描くミュージカルコメディ。 

テレビ番組『てなもや三度笠』『おもろい夫婦』「ボテチン武者修行」出演、唄啓劇団結成、長寿番組「おもろい夫婦」の司会、上方演芸殿堂入り。 

【澤田隆治】 

漫才ブームの仕掛け人、お笑い界のドンといわれ、テレビの草創期から「てなもや三度笠」「スチャラカ社員」「新婚さんいらっしゃい」「ズームイン!!朝」「花王名人劇場」など、様々なジャンルの人気番組を送り出す。著書に「上方芸能列伝」「私説大阪テレビコメディ史」など。  

 

 

 

2019年10月 梅田芸術劇場シアタードラマシティ(文化庁芸術祭参加

 

 

●問い合わせ先

SHOW-COMPANY www.musical.co.jp

angel@musical.co.jp