サステナブル・キッチン

共創チャレンジ

2022.02.01

法人

チーム名株式会社コル
共創メンバー福元雅和(株式会社コル)
主な活動地域日本 / 神奈川
活動テーマ健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 食 / 地域活性化 / 農業、林業、水産業 / 環境、エネルギー / 循環型社会、サーキュラーエコノミー / ものづくり、サービス /

私たちの共創チャレンジ

食の分野で社会課題に挑む人の力を結集して日本をサステナブルに変革することを目指して、食品ロス削減・地域活性化などに貢献するプロジェクトを、様々なパートナーとの共創(オープンイノベーション)によって生み出していきます。

①Tech FOOD PROJECT:
フードテック企業の最新の加工・保存技術を活用して、地方の一次産業の6次化を支援することで地方の活性化を目指します。
②UP FOOD PROJECT:
食の分野における未利用資源(規格外の野菜や果物・皮・殻・粕・滓など)のアップサイクルを促進することで、食品ロスと廃棄物削減を目指します。(食品へのアップサイクルだけでなく、食品以外のものへのアップサイクルも含みます)

未来への宣言

社会課題に挑む人の力を結集して日本をSX(Sustainability Transformation)する

きっかけ

食に関する社会問題は、食料不足・環境問題・健康被害・経済損失といったように、巨大で広範囲に及びます。しかし、巨大な領域であるからこそ、変革することで得られる効果も大きくなります。 全ての人にとって、毎日欠かせない「食」を基点にして社会問題の解決に挑みます。

取組の展開

今後展開したい地域・方法【地域】日本全国
【方法】社会課題ごとにテクノロジー・ソリューションをもった共創パートナーの力を結集して解決に挑みます。
共創を希望する方々①Tech FOOD PROJECT:
フードテック企業、OEM食品製造企業、流通企業、商品開発やPRの得意な企業を共創パートナーとして募集しています。
②UP FOOD PROJECT:
排出事業者、アップサイクル加工技術を持った製造事業者、流通事業者を共創パートナーとして募集しています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

社会課題に挑む企業・団体と共に食の分野での解決に取り組むことで、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会」のデザインに貢献できると考えます。

SDGsとの関わり

①Tech FOOD: 地方の一次産業の6次化支援【関連するSDGs目標11】
②UP FOOD: フードロス削減【関連するSDGs目標12,13】

■お問合せ先

会社名:株式会社コル

名前:福元 雅和

こちらのフォームからもお問合せ頂けます。お気軽にご連絡ください。

イベント

  • 受付終了

    食品を捨てずに活用する方法を考える(ワークショップ)

    日時2023.01.30 14:00〜 18:00
    場所hoops link tokyo
    共創チャレンジサステナブル・キッチン

    続きをみる

このチャレンジの投稿

  • ワークショップ『食品を捨てずに活用する方法を考える』

    個人と企業と社会をつなぎ、社会課題解決と新規ビジネスを創出することを目指す一般社団法人社会デザイン・ビジネスラボとワークショップを共催します。   本ワークショップでは、食品を捨てずに活用する技術を持つ企業や、食品を活用したいという思いを持つ食品関連企業、また食品廃棄に対して課題を持つさまざまな方を交えて、食品の再利用について意見交換を行います。   食品廃棄物の再利用に興味のある方、もしくはフ—ドロスに関心があり活動されている企業、事業者、技術者、個人、もちろん食品廃棄に直接関わる食品関連企業の方など、どなたでもご参加いただけます。   ▶︎イベント詳細はこちら

    続きをみる

  • crQlr Awards(サーキュラー・アワード)2022 受賞しました

    循環型経済をデザインするプロジェクトやアイデアを世界から募集するアワード「crQlr Awards」において、UP FOOD PROJECTが「Best Bridge Builder Prize (ベストな橋渡し役賞)」と、「MMHG Upcycle Prize(MMHG アップサイクル賞)」を受賞しました。   ▼詳細はこちらから

    続きをみる

  • 株式会社吉村様がUP FOOD PROJECTにパートナー参加

    日本茶を中心としたパッケージの企画製造販売を展開する株式会社吉村(本社:東京都品川区、代表取締役:橋本久美子)が『UP FOOD PROJECT』にパートナーとして加わりました。 株式会社吉村は【想いを包み、未来を創造するパートナーを目指します】という理念を基に、コストではなく想いを伝えるツールとして、日本茶を中心としたパッケージを企画製造販売しています。現在は、紙マーク・バイオマスフィルムパッケージの販売や事業所・工場における自然エネルギーの活用などを行っております。 UP FOOD PROJECTと株式会社吉村は、未利用資源をアップサイクルした素材や商品の開発・販売面で共創して参ります。 ▶︎UP FOOD PROJECT 特設サイト

    続きをみる