サステナブル・キッチン

共創チャレンジ

2022.02.01

法人

チーム名株式会社コル
共創メンバー福元雅和(株式会社コル)
主な活動地域日本 / 神奈川
活動テーマ健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 食 / 地域活性化 / 農業、林業、水産業 / 環境、エネルギー / 循環型社会、サーキュラーエコノミー / ものづくり、サービス /

私たちの共創チャレンジ

食の分野で社会課題に挑む人の力を結集して日本をサステナブルに変革することを目指して、食品ロス削減・地域活性化などに貢献するプロジェクトを、様々なパートナーとの共創(オープンイノベーション)によって生み出していきます。

①Tech FOOD PROJECT:
フードテック企業の最新の加工・保存技術を活用して、地方の一次産業の6次化を支援することで地方の活性化を目指します。
②UP FOOD PROJECT:
食の分野における未利用資源(規格外の野菜や果物・皮・殻・粕・滓など)のアップサイクルを促進することで、食品ロスと廃棄物削減を目指します。(食品へのアップサイクルだけでなく、食品以外のものへのアップサイクルも含みます)

未来への宣言

社会課題に挑む人の力を結集して日本をSX(Sustainability Transformation)する

きっかけ

食に関する社会問題は、食料不足・環境問題・健康被害・経済損失といったように、巨大で広範囲に及びます。しかし、巨大な領域であるからこそ、変革することで得られる効果も大きくなります。 全ての人にとって、毎日欠かせない「食」を基点にして社会問題の解決に挑みます。

取組の展開

今後展開したい地域・方法【地域】日本全国
【方法】社会課題ごとにテクノロジー・ソリューションをもった共創パートナーの力を結集して解決に挑みます。
共創を希望する方々①Tech FOOD PROJECT:
フードテック企業、OEM食品製造企業、流通企業、商品開発やPRの得意な企業を共創パートナーとして募集しています。
②UP FOOD PROJECT:
排出事業者、アップサイクル加工技術を持った製造事業者、流通事業者を共創パートナーとして募集しています。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

社会課題に挑む企業・団体と共に食の分野での解決に取り組むことで、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会」のデザインに貢献できると考えます。

SDGsとの関わり

①Tech FOOD: 地方の一次産業の6次化支援【関連するSDGs目標11】
②UP FOOD: フードロス削減【関連するSDGs目標12,13】

■お問合せ先

会社名:株式会社コル

名前:福元 雅和

こちらのフォームからもお問合せ頂けます。お気軽にご連絡ください。

このチャレンジの投稿

  • 食領域のアップサイクルを考える共創ミーティング開催

    2022年9月27日(火)16:00~18:00、 NTT西日本のオープンイノベーション施設「QUINTBRIDGE」との共催で、UP FOOD PROJECTの運営者である株式会社コルが主催し、パートナーのサラヤ株式会社がスペシャルゲストとして参加する、共創ミーティングが開催されます。   ★本件は共創探索を目的とした少人数の議論の場となります。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー テーマ :UP FOOD ~食領域のアップサイクルを考える~ 日時  :2022年9月27日(火)16:00~18:00 場所  :QUINTBRIDGE 2F キッチン前 登壇者 :株式会社コル 代表/UP FOOD PROJECT 運営者 福元雅和氏(主催者・テーマオーナー) サラヤ株式会社 ミールソリューション部 フードシステムソリューション課 課長補佐/UP FOOD PROJECT パートナー 中田慧悟氏(スペシャルゲスト) 定員  :8組織 ※1組織あたり複数名参加できます 共催  :QUINTBRIDGE 想定参加者: ・自治体 ・各種団体(商工会議所などの支援機関等) ・食品産業の関連企業(食品メーカー・フードテック企業・商社・小売等) ・食にまつわるビジネスに関心のある企業・団体 内容: 2022年は資源高に円安・ウクライナショックが重なり、穀物・飼料・水産物などの食料価格が軒並み上昇するなど、食料の6割を輸入に依存している日本の持続可能性の脆弱性が顕在化しました。 日本の食品産業の持続可能性を高めるために、共創でアップサイクルに取り組む「UP FOOD PROJECT」の主催者である株式会社コルと、パートナー企業としてプロジェクトに参画するサラヤ株式会社が、アップサイクルの動向と事例、課題について発表します。 スケジュール: 16:00~17:00 テーマトーク:株式会社コル(食品産業の持続可能性の課題/アップサイクルの国内外動向・事例/取組み課題と共創先の募集) テーマトーク:サラヤ株式会社 (急速冷凍技術を用いたフードロス削減、農水6次化の取組みについて) 17:00~18:00 ディスカッション・交流会   【お問合わせ先】 UP FOOD PROJECT事務局 担当: 福元 Email: fukumoto@korujp.com

    続きをみる

  • 瀬戸内の未利用魚をアップサイクル(ビーコシーフード&UP FOOD PROJECT)

    ビーコシーフード株式会社(本社:愛媛県新居浜市、代表取締役:山﨑 浩)が『UP FOOD PROJECT』にパートナーとして加わりました。   ビーコシーフード株式会社は、瀬戸内の未利用魚を活用して新たな商品開発に取り組む水産加工事業者です。瀬戸内の規格外(低利用、未利用、低価格帯)の天然魚(ハモ、ハマチ、真鯛、舌平目、コチ、エビ等)を使用して、『完全無添加魚肉ミンチ』を製造しています。これまで、『お魚コロッケ、メンチカツ、エビカツ等』商品化の実績があります。   UP FOOD PROJECTは、ビーコシーフードと共に限られた水産資源を生産者とともにアップサイクルに取り組みます。更に、トレーサビリティや栄養情報のデータベース化、規格外魚の有効活用、廃棄材(アラ)の飼料化、栄養分の抽出を目指します。

    続きをみる

  • 京都グレインシステム 旭川フードデザイン研究所がパートナー参加しました【UP FOOD PROJECT】

    京都グレインシステム株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:田宮 尚一)が『UP FOOD PROJECT』にパートナーとして加わりました。   京都グレインシステム株式会社は、北海道の素材に着目し、2021年に旭川フードデザイン研究所(北海道旭川市東旭川町米原517-3)を設立し、地球の恵みをムダなく活かした食づくりをおこなっています。食品の可食部や規格外品のみに限らず、素材から発生する廃棄物も有効活用するため、さまざまな熱処理加工をおこないます。 ​ UP FOOD PROJECTは、旭川フードデザイン研究所と共に循環型社会への貢献を目指して、規格外野菜や果物をはじめとする未利用資源や、バイプロダクト(製造過程で生じる副産物)のアップサイクルに取り組みます。

    続きをみる