demo!expo

共創チャレンジ

2022.03.08

法人

チーム名demo!expo
共創メンバー・中野智哉(株式会社i-plug 代表取締役)
・灘広樹(BABY JOB株式会社取締役)
・佐野拓水(関西テレビ放送株式会社)
・花岡(株式会社人間代表取締役)
・田邉翼(inochi未来プロジェクト推進委員/大阪大学医学部医学科4年)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

私たちdemo!expoは、2025年に開催される大阪・関西万博の認知拡大と、様々な企業やクリエイターを結びつけ、万博を軸に関西全体を盛り上げるような相乗効果を生む参加方法を作ることを目的としています。
直近では、2022年3月26日~27日に、万博会場である夢洲にて、未来につながるプロジェクト発足を目指して語り合うキャンプ型交流イベントを行ってまいります。

未来への宣言

demo!expoは本イベントを皮切りに、今後も万博に関するイベントを定期的に企画・開催を予定しており、2025年の万博にむけて関西を盛り上げていく活動を続けていきます。そして、「万博はやっぱり面白い」というイメージ形成を行い、未来を創る仲間づくりを行ってまいります。

きっかけ

2021年9月:「demo!expo」立ち上げ

「demo!expo」は2025年大阪・関西万博の認知拡大と啓発、そして関西を盛り上げたい思いをもった有志団体です。万博を軸に関西全体を盛り上げるような相乗効果を生む参加方法・仕組みを作ることを目的とし、大阪にゆかりのある企業や、関西の大学生メンバーで構成されています。

取組の展開

今後展開したい地域・方法2025年の万博にむけて、万博に関するイベントを関西中心に定期的に企画・開催する事を予定しております。

2022年3月26日~27日に実施するイベントでは、万博開催地の隣「舞洲」で開催するキャンプ型交流イベントです。2025年に向けやる気を燃やす有望なスタートアップや学生、万博関係者やTEAM EXPO共創チャレンジのプレイヤーが中心となります。
参加者は夕日の落ちる夢洲を見ながら焚き火を囲み、それぞれの描く夢や希望の物語を語り合います。同じ火を囲んだ者同士、そこでの出会いが人生の転機になったり、未来につながるプロジェクトが生まれたり。「あの夜があったから」と語り継げるような特別な夜を自分たちで作り出す、そんなイベントを目指しています。
なお本イベントでは万博本体のプロジェクト「TEAM EXPO 2025」と連携し、関西から全国・全世界に向けて盛り上がりを生み出していきます。
共創を希望する方々・万博を盛り上げたいと思っている団体や個人

大阪・関西万博のテーマとの関わり

私たちの活動は「大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信」に貢献します。

SDGsとの関わり

私たちの活動は、未来を変えるキーマンを集め、出会いを生み、未来について考える場を作りだすため、「17:パートナーシップで目標を達成しよう」に該当すると考えます。

お問い合わせ先:
株式会社人間 (電話番号:06-6445-1040)